2022年10月11日 13:30

民間宇宙旅行時代到来!ASTRAX代表がパリで開催された「国際宇宙会議(IAC 2022)」で「先進的宇宙サービス利用アプリケーションツールASTRAX U2U」の論文を発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表:代表取締役・民間宇宙飛行士 TAICHI(山崎大地))は、2022年9月18日から22日にフランスのパリコンベンションセンター(1 Place de la Porte de Versailles, 75015 Paris)で開催された世界最大の宇宙業界の国際会議、第73回国際宇宙会議(IAC 2022)で、論文「先進的宇宙サービス利用アプリケーションツール「ASTRAX Universal User Interface(ASTRAX U2U)」を発表しました。
【国際宇宙会議での論文発表・プロモーション・パフォーマンス】

今年の国際宇宙会議(IAC 2022)において、ASTRAXおよびASTRAXグループメンバーは、民間宇宙旅行産業の発展と人類の宇宙進出に向けて、さまざまな民間宇宙サービスについての革新的な論文を(ASTRAX代表TAICHI(山崎大地)が12本、ASTRAXメンバーが15本)合計27本発表いたしました。また、展示ブースにおいては、宇宙フライトアテンダント、宇宙コーヒー、宇宙加圧トレーニング、宇宙ビール、宇宙教育のプロモーションを行うとともに、宇宙シブキアートや宇宙書のパフォーマンスを行いました。

発表した論文、プロモーション、パフォーマンスについて、今後順次発表してまいります。

【発表論文11本目】
■発表日:2022年9月21日

■論文タイトル:
ADVANCED SPACE SERVICE ACCESS APPLICATION TOOL
“ASTRAX UNIVERSAL USER INTERFACE (ASTRAX U2U)”
(先進の宇宙サービス利用アプリケーションツール「ASTRAX Universal User Interface(ASTRAX U2U)」)

■著者(所属):TAICHI(山崎大地)(株式会社ASTRAX代表取締役・民間宇宙飛行士)

■共著者(所属):川上泰子(株式会社ASTRAXジェネラルマネージャー・宇宙ワーママ)

■アブストラクト(日本語版)
一般人でも宇宙へ行ける宇宙旅行の時代はすでに到来しています。しかし、宇宙での生活を支える具体的なツールやシステムはまだ存在せず、月や火星、太陽系への宇宙旅行の展開に向けて、その実現が求められています。 ASTRAX では、宇宙サービス事業者が顧客のニーズに合わせて宇宙製品やサービスをこのプラットフォームに入力するためのアプリケーションツールとして、U2U(Universal User Interface)を開発しています。ブロックチェーン技術を使って、宇宙サービス提供者と宇宙旅行者などの宇宙顧客、双方のユーザーを識別し、すべての供給(製品やサービス)と需要ニーズをブロックチェーン上で管理、マッチング、提供するというものです。一見Amazon のアプリケーションのように見えますが、ターゲットは地球だけでなく、U2U は宇宙飛行の前や月や火星での滞在中も利用できるように設計することができます。この宇宙用プラットフォームを「USP(Universal Service Platform)」と呼んでいます。 また、U2U で運用されている太陽系共通価値指標(ASTRAX VALUE)を用いて、利用や提供に必要な全ての価値基準をマッチングさせています。これは暗号通貨に似ていますが、現金に換えることはできません。モノやサービスを作る人、楽しむ人の間で瞬時に決定される共通の価値基準です。ASTRAX では、無重力を体験した人、講座を受けた人、講演を聞いた人、ツアーに参加した人、月面都市のメンバー、アドバイザリー会社など、多くの人が宇宙旅行に申し込んでいます。関連する顧客リストとのコネクションを構築し、それらの人々やサービスに対して、限定的なプラットフォーム、専用ツール、一時的な価値基準(ASTRAX VALUE)を作成しています。また、このプラットフォームはオープンソースプラットフォームとし、サービス提供者であるユーザーが独自の製品やサービスを追加できるようにします。それらの製品やサービスは、顧客であるユーザーに対して、許諾を得ることなく利用できるようになります。例えば、これらのツール(ASTRAX USP、ASTRAX VALUE、ASTRAX U2U)を使って宇宙旅行を申し込めば、宇宙旅行に必要なものが全て揃うことになります。そのためには、ASTRAX の商品開発、サービス開発、事業開発、人材育成、トレーニング、リハーサルなどのシステムを統合し、太陽系のどこからでもニーズに合った人間行動をサポートすることが必要でしょう。
本稿では、宇宙で必要とされる全てを提供できるアプリケーションツール「ASTRAX U2U」の詳細を紹介します。

■Abstract:
The era of space travel is upon us, where even ordinary people can go to space. However, specific tools and systems to support life in space do not exist yet, and there is a need to realize them in preparation for the deployment of space travel to the Moon, Mars, and the solar system. ASTRAX is developing the U2U (Universal User Interface) as an application tool for space service providers to input space products and services to this platform according to their customers’ needs. The idea is to use blockchain technology to identify users, both space service providers and space customers such as space travelers, and to manage, match, and provide all supply (products and services) and demand needs in the blockchain. Although it looks similar to an Amazon application, the target is not only Earth; U2U can be designed to be used before and during spaceflight, as well as during stays on the Moon and Mars. We call this space platform the Universal Service Platform (USP). In addition, all the value metrics required for use and provision are matched using the Solar System Common Value Metrics (ASTRAX VALUE) operating in U2U. This is similar to a cryptocurrency but cannot be redeemed for cash. It is a common value standard that is determined instantaneously among people who create and/or enjoy goods and services. At ASTRAX, many people have applied for space travel, including those who have experienced zero gravity, taken courses, listened to lectures, participated in tours, members of the lunar city, and advisory companies. We are building connections with relevant customer lists and creating a limited platform for dedicated tools and temporary value criteria (ASTRAX VALUE) for those people and services. This platform will be an open-source platform, where users as service providers will be able to add their own products and services. Those products and services will be available to users as customers without the need for permission. For example, if you use these tools (ASTRAX USP, ASTRAX VALUE, and ASTRAX U2U) to sign up for space travel, you will have everything you need for space travel. This will require the integration of ASTRAX’s product development, service development, business development, human resource development, training, and rehearsal systems to support human behavior in meeting their needs from anywhere in the solar system. In this paper, details of ASTRAX U2U, an application tool that can be used to provide everything needed in space, will be presented.

論文の全文と動画は以下で参照いただけます。
https://astrax-by-iss.wixsite.com/astrax-conference/manuscript

【国際宇宙会議(IAC)とは】
国際宇宙航行連盟(IAF)が主催し、年に1度、開催される、宇宙業界では世界最大の国際会議です。今年は、2022年9月18日から22日までフランスのパリで、フランス国立宇宙研究センター(CNES)がホストを務め、「Space for @ll」をテーマに、第73回国際宇宙会議(IAC 2022)が開催されました。
会期中110カ国から9,300人以上が参加し、今回「責任あるイベント」の基準を見事に満たし、国際標準化機構(ISO)の認定を受けました。そして、3,000件以上の論文が発表されました。その他、たくさんのGNFセッションや特別セッション、プレナリーやハイライト講演、また250を越える出展者が参加しての展示会が行われました。

ホームページ:https://iac2022.org
ハイライト動画:https://youtu.be/qv0hGJ4wZtE

来年は2023年10月2日から6日まで、アゼルバイジャンのバクーで第74回国際宇宙会議(IAC 2023)が開催される予定です。

ホームページ:https://www.iac2023.org
プロモーション動画:https://youtu.be/s7C6kbnUrOs

ASTRAXは、民間の力でさまざまな宇宙サービスを生み出し民間宇宙旅行時代を牽引していくために、これまで発表してきたさまざまな国際論文についての研究や開発をさらに推し進めるとともに、新たなテーマにも挑戦し、来年の国際宇宙会議の場でもASTRAXの存在をアピールしてまいります。

【ASTRAX国際宇宙会議サポートサービス】
ASTRAXでは、2021年12月より、各著者に向けて、国際論文のアブストラクトの書き方、論文発表のための申請の仕方、論文本文の書き方、論文の構成サポート、論旨の進め方、発表の方法など、国際論文発表に関わる講義やサポートを実施してまいりました。
さらに、旅行会社の株式会社オン・ジ・アースや株式会社Space T、宇宙ワーママ(R)などとともに、国際会議に参加するための特別ツアーの企画、航空券や宿泊施設の手配、展示ブースの手配、国際会議場での各種サポート、論文発表時などの動画や写真の撮影サポート、パフォーマンスサポート、ユニフォームサポート、資金調達サポートなど、参加者が国際宇宙会議での論文発表を有意義に実現させるためのさまざまなサポートを行いました。
その結果、ASTRAXおよびASTRAXグループメンバーにより、27本の論文発表と、展示ブースにおける2つのパフォーマンスを実施するとともに、民間宇宙事業創造事業体ASTRAXの活動や存在を国際的にアピールすることができました。
■■■■■

『宇宙といえばASTRAX!』

ASTRAXは、今後も人類全体の経済圏(生活圏)を宇宙に拡大させるとともに、地球上の平和と生活環境の改善や向上を目指し、民間の力で様々な宇宙サービスを提供してまいります。

【ASTRAX会社概要】
会社名:株式会社ASTRAX
代表者:代表取締役・民間宇宙飛行士 TAICHI(山崎大地)
代表者の名前を改名:これまで山崎大地という名前で活動していましたが、50歳を機にファーストネームの「TAICHI(たいち)」で活動して参ります。ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
所在地:神奈川県鎌倉市
URL:https://astrax.space
事業内容:民間宇宙開拓事業全般及び宇宙サービスプラットフォームの提供

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ASTRAX
担当者:CEO秘書・星エリカ
E-Mail:erica.hoshi@astrax.space

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社ASTRAX(アストラックス)
代表者
山崎 大地(ヤマザキ タイチ)
所在地
〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町 ASTRAX秘密基地
TEL
0467-00-0000
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://astrax.space

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.