2022年11月28日 15:00

最大出力60万6697馬力ディーゼルエンジン(現時点での世界最大級出力は11万2085馬力)を事業提携を募るために詳細設計図面と3DCADデータを公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジン開発や次世代AI開発で世界にない技術を具現化する株式会社日本ソフトウエアアプローチ(所在地:さいたま市南区、代表取締役:真下 速美)は、2022年11月28日(月)に現在の世界最大級ディーゼルエンジンと比べて重量比が135分の1で出力比が5.41倍になる船舶用・航空機用・発電用・軍需用のディーゼルエンジンを事業提携を募るために、詳細設計図面と3DCADデータを公開します。

▼受注生産型のディーゼルエンジンを世界中から先行受注
 受注生産型の船舶用・航空機用・発電用・軍需用のディーゼルエンジンを世界中から先行受注します。
▼船舶用・航空機用・発電用・軍需用のディーゼルエンジンについて
1.エンジンの仕様
 シリンダ径=320mm、行程=802.05mm、ボア比=2.5、圧縮比=24.86
2.エンジンの特徴
 超小型・超軽量・大出力(60万6697馬力)・高性能・高効率・低燃費・低振動・低騒音・耐久性抜群
 (詳しくはマシモエンジン技術資料と諸元・部品表・詳細設計解析で説明)
3.エンジンの重量と出力
 重量=3.783~127.002トン、出力2万7577~60万6697馬力
4.世界最大級ディーゼルエンジンとの比較
 4連構成は、重量=16.729トン、出力=11万308馬力、パワーウエイトレシオ=6.593馬力/kgなので、
 世界最大級ディーゼルエンジン(重量=2320トン、出力=11万2085馬力、パワーウエイトレシオ=
 0.048馬力/kg)と比べて、パワーウエイトレシオが137倍になり、重量が135分の1以下になります。
 ゆえに、製造時の使用電力を99%以上削減しますので、製品単価を大幅に削減可能になり、二酸化炭素の
 排出(火力発電が主体)も大幅に削減します。
5.船舶用エンジンとしての活用
 基本~4連構成は、重量=3.783~16.729トン、出力=2万7577~11万308馬力
 超大型船舶用2サイクル2万7080~11万7398馬力ディーゼルエンジン(重量が395~2320トン)と出力
 性能が同等なので、重量が105分の1~135分の1程度になります。
 ゆえに、製造時の使用電力を99%以上削減しますので、製品単価を大幅に削減可能になり、二酸化炭素の
 排出(火力発電が主体)も大幅に削減します。
 ※世界物流の90%を担う海上物流の経費・燃費・二酸化炭素排出を大幅削減します。
 適用船舶の種類としては、超大型船舶
6.航空機用エンジンとしての活用
 基本~4連構成は、重量=3.783~16.73トン、出力=2万7577~11万308馬力、パワーウエイトレシオ=
 6.6~7.3馬力/kgになり、航空機用ジェットエンジンとの比較では、以下に示す特徴になります。
 ・熱効率が36%程度から60%以上になりますから、燃費を40%以上削減します。
 ・航空機ジェットエンジンは高価ですが、極めて安価になりますので経済性に優れます。
 ・航空機ジェットエンジンは騒音に苦慮しますが、消音装置により騒音はほとんどなくなります。
 ・航空機ジェットエンジンは高速回転ですが、低速回転になり取扱いが容易になります。
 ・航空機ジェットエンジンは耐久性に問題がありますが、耐久性が著しく向上します。
 ・航行時の燃費と二酸化炭素の排出を40%以上削減します。
 航空機の種類としては、超大型ヘリコプター、超大型旅客機、垂直離着陸飛行機
 (空飛ぶ3500トン起重機・輸送機)
 ※垂直離着陸飛行機(空飛ぶ3500トン起重機・輸送機)の動力または補助電源として使用すれば、
  航続距離が8000km以上で滑走路が不要になり、飛躍的に全世界に普及すると考えられます。
 ※垂直離着陸飛行機(空飛ぶ3500トン起重機・輸送機)は、大規模森林火災消火に迅速に対応することが
  可能なので、森林環境を保全して地球環境を守ります。
 ※垂直離着陸飛行機(空飛ぶ3500トン起重機・輸送機)は、ダム建設により水力発電所を設置して、
  自然エネルギー発電を増大します。
 ※垂直離着陸飛行機(空飛ぶ3500トン起重機・輸送機)は、ダムの水を砂漠化した土地に移動して、
  砂漠を緑地化します。
 ※垂直離着陸飛行機(空飛ぶ3500トン起重機・輸送機)は、各種建設工事の生産性を高めて、大幅な
  工期短縮による燃料費とコストの削減を実現します。
 ※世界規模でのカーボンニュートラルを早期に実現します。
7.発電用エンジンとしての活用
 中規模発電
 ※排気エネルギーを利用した二酸化炭素除去装置により、二酸化炭素の排出を80%以上削減可能
  になります。
8.軍需用エンジンとしての活用
 ・海洋用として、潜水艦・大型艦艇のエンジンを超軽量化・超高出力化して、
  速度・航行距離を2倍以上することが可能になります。
 ・航空用として、垂直離着陸飛行機(空飛ぶ3500トン輸送機)
 ・将来兵器として、レールガン電源に最適

▼詳細設計図面と3DCADデータを公開するウエブサイト
 https://www.jsain.co.jp/engine/D320.html
 公開した背景は、世界最大級出力ディーゼルエンジンを超える出力性能になりますので、
 試作評価で有用性を確認して頂き、事業提携を募るために公開しました。


▼エンジン資料ウエブサイト
 マシモエンジン技術資料      https://www.jsain.co.jp/engine/TECHNOLOGY.pdf
 諸元・部品表・詳細設計解析  https://www.jsain.co.jp/engine/D320_KAISEKI.pdf
 詳細設計図面・A0サイズ    https://www.jsain.co.jp/engine/D320_A0.pdf
 詳細設計図面・A1サイズ    https://www.jsain.co.jp/engine/D320_A1.pdf
 3DCADデータ         https://www.jsain.co.jp/engine/D320.exe

▼3DCADデータについて
 ・ダウンロードしてから自己解凍ファイルを解凍してください。
 ・データ形式は多用されているAutoCAD形式に変換出力しました。
 ・詳細設計図面では分かりにくい立体的なイメージを分かりやすくします。
 ・切断して切断面を確認してください。
 ・体積を求めて部品重量を確認してください。
 ・3Dプリンターに出力・試作・性能を確認してください。

▼事業提携について
1.資金調達
 ・ディーゼルエンジンを世界中から先行受注するための資金。
 ・次世代AIを開発するための資金。
 ・資金調達して、エンジン事業、次世代AI事業、システム開発事業、SES事業を発展させる。
 ・資金調達方法は、株式評価額が確定困難なため、コンパーチブル投資で行います。
 ・マシモエンジンは、今後100年以上に世界市場を独占可能な産業製品なため、株式評価が不可能。
2.技術提携
 ・自動車メーカー、バストラックメーカー、重工メーカー、航空機メーカー。
3.生産提携
 ・エンジンメーカー、エンジン部品メーカー、鋳造メーカー、素材メーカー、部品加工業等。
4.業務提携
 ・システム開発技術とプログラム開発技術を必要としている企業。
5.販売提携
 ・ディーゼルエンジンは、軍需産業に極めて重要な動力源になり、艦艇・潜水艦・戦車・装甲車等の性能
  を著しく向上(走行距離・走行速度・航行距離・航行速度を2倍以上)させるため、安全保障上極めて
  重要な技術。
 ・ディーゼルエンジンは、レールガンに求められる小型で大容量電源に最適な技術(艦艇に搭載可能)。
 ・世界の軍需産業に必要な技術なので、コンプライアンスの高い商社。

【会社概要】
 会社名:株式会社日本ソフトウエアアプローチ
 代表者:代表取締役 真下 速美
 所在地:埼玉県さいたま市南区南浦和2-41-5
 資本金:3000万円
 TEL:048-881-7718
 FAX:048-881-8255
 URL:https://www.jsain.co.jp
 事業内容:エンジン開発・次世代AI開発・システム開発・プログラム開発

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社日本ソフトウエアアプローチ(カブシキカイシャニホンソフトウエアアプローチ)
代表者
真下 速美(マシモ ハヤミ)
所在地
〒336-0017
埼玉県さいたま市南区南浦和2-41-5 メゾン大東ビル
TEL
048-881-7718
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.jsain.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.