Carbon Will (Beijing) Consulting Co., Ltd.

2022年11月21日 10:00

第27回国連気候変動会議の中国館で「国家電網グリーンと低炭素開発に関する報告書(State Grid Green and Low-carbon Development Report)」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北京、2022年11月21日 /PRNewswire/ -- 2022年11月9日、関連イベントとして中国環境科学研究院と中国経済連合会が共催し、Carbon Will (Beijing) Consulting Co., Ltd.が主催した関連イベント「グリーン電力開発の協調推進による汚染と炭素排出の削減、地球気候変動に対処する協力」は第27回国連気候変動会議の中国館で成功裏に開催されました。 関連イベントで「国家電網グリーンと低炭素開発に関する報告書」が発表され、中国国家電網公司が地球規模の気候変動に対応し国際社会に貢献していることが証明されました。
近年、国家電網は「四大革命と一つの協力」という新しいエネルギー安全保障戦略を徹底的に実施し、開発モードのグリーン転換を加速することに注力しています。 同社はカーボンピークとカーボンニュートラルの達成という目標に積極的に取り組み、クリーンで低炭素な発展を方向とし、エネルギー供給の保証を発展の基盤としています。また、エネルギー安全を発展の鍵でありエネルギーの自立が発展の基盤です。エネルギー革新を発展の推進力として省エネと効率化を推進すべきであり、クリーンで低炭素エネルギー転換の推進者、開拓者、先導者になれるよう努力しています。 国家電網は、グリーンエネルギー変換の推進と気候変動への対応において、目覚ましい成果を上げています。

国家電網グリーンと低炭素開発に関する報告書は、発展モードのグリーン転換の加速、環境汚染防止と制御のさらなる推進、生態系の多様性、安定性と持続性の向上、炭素ピークと炭素中立の積極的かつ着実な推進という4つのテーマに分かれています。 「張北柔軟直流工程、張北の風を北京の光に照らす」、「ゼロエネルギー建築を実現し、スマート生態都市の建設を助ける」、「パンダの楽園を守り、人と自然の共存を促進する」、「開山島スマートマイクログリッド、島でグリーン・低炭素エネルギー応用モデルを作る」など12の典型的なプロジェクト事例を通じて、会社のグリーン・低炭素発展の実践が全面的に示されています。

2022年11月7日~18日まで、エジプトのシャルムエルシェイクで第27回国連気候変動会議(UNFCCC COP27)が開催されました。 今会期はこれまでの会合で得られた合意、決定、公約を指針とし、温室効果ガスの排出削減、気候変動に対する経済的適応の改善、低炭素金融の開発を通じて、気候変動対策に向けたグローバルな行動を推進することに努めます。 中国館の関連イベント「グリーン電力開発の協調推進による汚染と炭素排出の削減、地球気候変動に対処する協力」は、中国の電力・エネルギー産業が世界的な気候変動への対処に積極的に取り組み、成果を上げたことを世界に示し、すべての関係者とより幅広いネットワークを確立し、気候変動に関するパリ協定に定められた世界共通の目標を共同で実施することを目的としています。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 2022年11月21日 10:00
  • 環境
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
Carbon Will (Beijing) Consulting Co., Ltd.

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.