Hisense

2022年11月24日 09:30

Hisenseの価値観に基づく革新がブランド成長を実現する極めて重要な原動力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国、青島、2022年11月24日 /PRNewswire/ -- 世界が激動する中で企業の成長を確保することは、大きな課題となっています。 世界的に認知された家電および電子機器メーカーであるHisenseは、近年、市場をリードする存在に成長し、何百万というお客様にとって選ばれるブランドとなりました。 11月21日付のフィナンシャル・タイムズ誌は、Hisenseの成長ぶりを裏付ける業績向上への取り組み、特にブランド全体の成長の大きな要因となるイノベーション戦略とを特集しています。
価値あるイノベーションで成長を後押し

不確実な時代には、企業はあえて保守的な成長戦略を取りたがるものです。 しかし、Hisenseでは、ダイナミックなイノベーション戦略によって、継続的なブランドの成長を実現しています。

現在、Hisenseは世界各地に23の研究開発センターと31の生産工場を開設し、常に最新のソリューションを導入し、お客様体験の向上をしています。 このようにHisenseは未来のビジョンにより、難しい時代にもグローバル展開も可能になっています。 AVC Revoの報告によると、1月~10月までのHisenseTVの世界出荷台数は、前年同期比18%増の1,960万台に達し、世界市場第2位を記録しています。

Hisense Internationalの副社長のCatherine Fang氏は、「独自のイノベーション、リーダーシップ、改善による変革は、Hisenseの最も重要な成功要因の1つ。 Hisenseにとって、革新は提案と答えでもある」と語りました。

国際化の成功とは別にフィナンシャル・タイムズ誌との協賛記事は、HisenseがイノベーションをESGコの取組みに入れた努力も称賛しています。 例えば、Hisenseは太陽光発電を採用し、排出量削減の目標達成に貢献しています。 さらに、Hisenseはテレビのバックカバーの厚さを薄くすることに成功し、年間4,626トン、レジ袋5億1,400万枚分に相当するプラスチックを節約することができました。 省エネと二酸化炭素削減の面では、Hisenseグループは2021年だけでエネルギー消費量を10.7%削減しました。

「過去10年間、ESGに重視してきたことは、企業が収益性だけを追求するのをやめて事業活動の環境面や社会的な面も考慮するよう促している 」とFang氏は言います。 HisenseのESGへの積極的な取り組みは、有機的な革新戦略の構築を促進し、Hisenseの持続可能性の課題を前進させるものです。

さらに、Hisenseの価値観に基づく革新を裏付けるもう一つの要素は、社会の責任を果たし多様な消費者のニーズに応えるというビジョンだと、記事で紹介されています。 例えば、Hisense South Africaでは、現地の雇用と雇用者率に貢献しています。 Hisenseは大きなスポーツイベントのスポンサーとなることで、世界のお客様の認知度向上に努めています。 2022年には、FIFAワールドカップ・カタール2022の公式スポンサーになりました。

今後もHisenseは世界的な多国籍企業になるための道を歩んでいます。 Hisenseは、技術、研究開発、サプライチェーン、ブランド価値、人材などの分野で成長を続け、価値に基づく革新を原動力として、長期的な課題と戦略的目標の達成を目指していきます。

詳細については、次のリンクをクリック:https://www.ft.com/partnercontent/hisense/how-value-based-innovation-powers-growth-in-a-globalised-age.html

https://www.youtube.com/watch?v=pptAIupzJwQ

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • ライフスタイル

会社概要

商号
Hisense

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.