2022年11月25日 09:00

月経衛生管理市場:月経カップの市場シェア、2030年までに4億3000万米ドル達成予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「月経衛生管理の世界市場 (2022年~2030年):市場規模 (製品・使用法・流通チャネル別)・地域別展望・成長性・競合市場シェア・予測」(Global Market Insights Inc.)の販売を11月24日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1147384-menstrual-hygiene-management-market-size-by.html

月経衛生管理市場は、2030年までに大きな成長を記録すると予想されています。月経衛生管理は、女性の健康と幸福を確保するために不可欠なものです。世界銀行のデータによると、約5億人の女性が月経衛生管理(MHM)を確保するためのアイテムを利用できていないとされています。月経衛生に関する意識の高まりに後押しされ、多くのフェミニンケアブランドがユーザーの要求を満たす、より効率的な新製品を発表しています。

月経障害や感染症の急増は、女性用衛生用品の需要を加速させる可能性があります。世界中のさまざまな政府当局が、これらの製品の入手可能性と手ごろな価格を実現するために、有利な政策を実施しています。

一方、大手メーカーは、月経衛生用品の持続可能な生産、使用、廃棄を確保できる新規技術に注力しています。例えば、2021年1月、Diva InternationalはTerraCycleと提携し、初の全国無料月経カップリサイクルプログラムであるDivaRecyclesを開始しました。

月経衛生管理市場は、製品、使用性、流通チャネル、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、月経カップ、月経用下着、タンポン、パンティーライナー、生理用ナプキンに分類されます。月経カップの市場シェアは、2030年までに4億3000万米ドルを超えると予想されています。月経カップは、再利用が可能で、最長12時間まで使用できるなど、さまざまな利点を備えています。

月経カップはサイズや色のバリエーションが豊富で、1回限りの購入であるため、他の女性用衛生用品と比較して安価です。また、膣内のpHを維持し、かぶれや不快な変化を避けることができるため、衛生面でも優れています。

使いやすさの観点から、市場は使い捨てと再利用可能な製品に分類されます。このうち、使い捨てタイプは2021年の月経衛生管理業界において80%のシェアを占めています。使い捨ての月経衛生用品は、簡単に入手でき利便性が高いため、利用者にとり重要な位置を占め続けています。また、再利用可能な製品とは異なり、初期費用が比較的安価であることも特徴です。

流通チャネル別に、市場は、小売薬局、病院薬局、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、Eコマースチャネル、実店舗に分類されます。月経異常による患者の増加により、病院内薬局の店舗での製品採用が加速することが考えられます。多嚢胞性卵巣障害(PCOD)は、世界の女性の10%が罹患している一般的な症状です。

ラテンアメリカの市場規模は、2022年から2030年にかけてCAGR3.5%で拡大することが予測されます。同地域では人口増加や医療観光部門の拡大が、地域全体の産業拡大を補完しています。メキシコやブラジルなどでは、医療観光を後押しするため、大規模な投資が目撃されています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/gmi1147384-menstrual-hygiene-management-market-size-by.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.