2022年11月25日 11:00

ローズヒップエキス市場:パーソナルケアおよび化粧品用途、2030年までCAGR9.5%で成長予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ローズヒップエキスの世界市場の規模:製品別、グレード別、用途別、業界分析、地域の見通し、成長可能性、価格動向、競合の市場シェア、予測(2022年~2030年)」(Global Market Insights Inc.)の販売を11月24日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1149034-rosehip-extracts-market-size-by-product-by-grade.html

ローズヒップエキスの市場規模は、消化器系疾患の負担増を理由に、2022年から2030年にかけて指数関数的に増加すると予想されています。汎欧州の研究に基づき、消化器系癌の死亡率と発生率は、2000年から2019年の間にそれぞれ17%と26%上昇しました。細胞再生特性やその他の健康効果に対する認識が高まっています。

ローズヒップ抽出物は長い間、消化器系障害の治療や免疫系の強化に活用されてきました。また、この果実にはカロテノイド、フェノール類、ビタミンCなどの抗炎症・抗酸化化合物が豊富に含まれており、皮膚の健康増進に役立つとされています。急成長する老年人口におけるアンチエイジング製品の需要の高まりは、スキンケア用途のローズヒップエキスの使用をエスカレートさせる可能性があります。

ローズヒップエキス市場は、製品、グレード、アプリケーション、流通チャネル、地域別に分類されています。

製品別に、パウダーセグメントは、循環器系疾患の増加により、2030年までに大幅に上昇すると予測されています。CDCによると、2020年に冠状動脈性心疾患による死亡は38万2820 人を超えたと報告されています。

ローズヒップエキスパウダーは、血清コレステロール、血圧、およびその他の心臓血管の健康要因にプラスの影響を与える可能性があります。心臓病の高い負担は、今後の製品需要に貢献することが期待されます。

動物飼料グレードのローズヒップエキス市場は、2022年から2030年にかけて顕著な成長を見せると思われます。これは、新興国を中心に、動物飼育が農業部門の重要な側面として浮上していることに起因しています。また、家畜は小規模農家世帯の収入に大きな割合を占めています。これらの要因により、ローズヒップエキスの生産量が増加し、動物用飼料の栄養補助食品として広く使用されることが予想されます。

用途別に、パーソナルケア&コスメティック部門が、2030年までCAGR9.5%で成長することが予測されます。保湿性と抗酸化性の強化が、パーソナルケアと化粧品開発者の間でローズヒップエキスの消費を刺激しています。

ローズヒップエキスは、その機能的特徴から、クレンジング、石鹸、洗顔、化粧品素材、ローション、日焼け止めなどのスキンケアおよび化粧品製品に含まれています。男性のグルーミングがCOVID-19のロックダウン中に顕著なトレンドになり、美容製品の使用量が増加していることから、ローズヒップエキスメーカーは大幅な成長を目撃すると予測されています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/gmi1149034-rosehip-extracts-market-size-by-product-by-grade.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 飲食、料理

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.