2022年11月25日 11:00

「世界の軍事レーダー市場(~2027年):コンポーネント別、プラットフォーム別(陸上、海上、航空機、宇宙)、技術別、波形別、用途別、種類別、周波数帯別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月25日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の軍事レーダー市場(~2027年):コンポーネント別(トランスミッター、デジタルシグナルプロセッサー)、プラットフォーム別(陸上、海上、航空機、宇宙)、技術別(SDR、量子、従来型)、波形別(FMCW、ドップラー)、用途別、種類別、周波数帯別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の軍事レーダー市場(~2027年):コンポーネント別(トランスミッター、デジタルシグナルプロセッサー)、プラットフォーム別(陸上、海上、航空機、宇宙)、技術別(SDR、量子、従来型)、波形別(FMCW、ドップラー)、用途別、種類別、周波数帯別、地域別」市場調査レポートの販売を2022年11月25日にMarketReport.jpサイトで開始しました。軍事レーダーの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"軍事レーダーの世界市場規模は、2022年135億米ドルから2027年171億米ドルまで、CAGR 4.7%で成長すると予測"
レーダーシステムは、ミサイルの早期警戒検知、航空管制、地上・空中監視、海上航行など、様々な業務で軍事的に非常に役立っています。超音波周波数を用いたカメラや画像処理を用いた他の物体検出システムとともに、国境でのセキュリティを高めるためのテロリストスキャナーレーダーとしても使用されています。軍事レーダー市場は、地域的不安定や国際紛争の影響で、防空システムやレーダーの購入が増加することによって牽引されるでしょう。同様に、予測期間中の軍事レーダー市場の拡大は、ドローンやUAVの開発によって影響を受けるでしょう。
軍事レーダー市場には、主要プレイヤーであるRaytheon Technologies Corporation(米国)、Lockheed Martin Corporation(米国)、Israel Aerospace Industries(イスラエル)、Thales Group(フランス)、Leonardo S.P.A.(イタリア)などが含まれています。これらの企業は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカ、南米など、さまざまな国で事業を展開しています。

"航空・ミサイル防衛:用途別の軍用レーダー市場での急成長セグメント"
用途別では、軍事レーダー市場は航空・ミサイル防衛産業が中心であると考えられています。航空・ミサイル防衛用レーダーの市場は、アジア太平洋地域における空域監視の継続的な近代化構想、海上での軍事作戦、麻薬取引、不法移民などの活動、早期警戒脅威検知システムの需要、地雷検知システムの継続的な需要、中東やアジア太平洋地域の紛争に対処するための米軍による装備などが牽引すると思われます。

"アジア太平洋地域:軍事レーダー市場で最も成長率の高い地域"
軍事レーダー市場は、アジア太平洋地域で予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。この地域の拡大は、戦闘区域の防衛を強化し、脅威に対抗するために防空システムへの支出が増加していることと関連付けることができます。中国とインドは、資源配分と監視の能力を高めるために、指揮統制ネットワークの改善を進めています。アジア太平洋地域では、中国が軍事レーダーの市場を支配すると予想されます。オーストラリア、ベトナム、タイなど、これまで陸上戦力に投資してきた国々が、空海の防衛に支出を増やすことを考え始めています。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・産業動向

・世界の軍事レーダー市場規模:コンポーネント別
- アンテナの市場規模
- トランスミッターの市場規模
- レシーバーの市場規模
- パワーアンプの市場規模
- その他コンポーネントの市場規模

・世界の軍事レーダー市場規模:プラットフォーム別
- 陸上プラットフォームの市場規模
- 海上プラットフォームの市場規模
- 航空プラットフォームの市場規模
- 宇宙プラットフォームの市場規模

・世界の軍事レーダー市場規模:用途別
- 空域監視&交通管理用軍事レーダーの市場規模
- 海上パトロール・捜索・救助用軍事レーダーの市場規模
- 航空&ミサイル防衛用軍事レーダーの市場規模
- 兵器誘導用軍事レーダーの市場規模
- その他用途の市場規模

・世界の軍事レーダー市場規模:エンドユーザー別
- 海軍における市場規模
- 陸軍における市場規模
- 空軍における市場規模
- 宇宙における市場規模

・世界の軍事レーダー市場規模:地域別
- 北米の軍事レーダー市場規模
- ヨーロッパの軍事レーダー市場規模
- アジア太平洋の軍事レーダー市場規模
- 中東/アフリカの軍事レーダー市場規模

・競争状況
・企業情報

※「世界の軍事レーダー市場(~2027年):コンポーネント別(トランスミッター、デジタルシグナルプロセッサー)、プラットフォーム別(陸上、海上、航空機、宇宙)、技術別(SDR、量子、従来型)、波形別(FMCW、ドップラー)、用途別、種類別、周波数帯別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/Military-Radars-Market-Component-Transmitter-AS4089-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.marketreport.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

H&Iグローバルリサーチ株式会社の最新プレスリリース

2022年11月30日 15:00
「世界の殺生物剤市場(~2027年):種類別(非酸化性殺生物剤、酸化性殺生物剤)、用途別(水処理、家庭用、家庭用・工業用・機関用クリーニング&ホームケア)、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年11月30日 11:00
「世界の環境試験市場(~2027年):サンプル別(排水/廃液、土壌、水、大気)、技術別(迅速、従来型)、試験対象別(微生物汚染、有機化合物)、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年11月29日 18:00
「世界の地上支援機器(GSE)市場(~2027年):POS別(機器、メンテナンス)、種類別(移動、固定)、電源別、プラットフォーム別、オートノミー別、企業形態別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年11月29日 15:00
「世界の殺菌剤市場(~2027年):種類別(生物学的殺菌剤、化学的殺菌剤)、用途別(種子処理、土壌処理、葉面散布)、作用機序別、フォーム別、作物タイプ別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年11月29日 11:00
「世界の協働ロボット(コボット)市場(~2028年):コンポーネント別、ペイロード別(5kg以下、5~10kg、10kg以上)、用途別(ハンドリング、加工)、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.