2022年11月25日 15:00

「世界のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場(~2027年):製品別(アッセイキット、アナライザー、補助製品)、用途別(移植、ワクチン開発)、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月25日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場(~2027年):製品別(アッセイキット(T細胞・B細胞アッセイ)、アナライザー、補助製品)、用途別(移植、ワクチン開発)、エンドユーザー別(病院&研究所、研究機関)」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場(~2027年):製品別(アッセイキット(T細胞・B細胞アッセイ)、アナライザー、補助製品)、用途別(移植、ワクチン開発)、エンドユーザー別(病院&研究所、研究機関)」市場調査レポートの販売を2022年11月25日にMarketReport.jpサイトで開始しました。ELISpot・FluoroSpotアッセイの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
" ELISpot・FluoroSpotアッセイの世界市場規模は、2022年274百万米ドルから2027年390百万米ドルまで、予測期間中にCAGR 7.3%で推移すると予測"
市場は、腫瘍学におけるELISpot・FluoroSpotアッセイの使用の増加、バイオテクノロジーおよびバイオ医薬品産業の成長などの要因によって牽引されています。一方、代替検出技術の利用が可能であることから、今後数年間は市場の成長がある程度制限されると予想されます。

"予測期間中、アッセイキットが最大の市場シェアを占める見込み"
ELISpot・FluoroSpotアッセイ製品市場は、アッセイキット、アナライザー、および補助製品に区分されます。2021年には、キットは、ELISAなどの他のアッセイと比較して、高い特異性と感度、検出限界の良さなどの利点があることに加え、研究・診断の分野で幅広く応用されていることから、大きな市場シェアを占めています。

"診断用途セグメントが最大の市場シェアを占めると予測"
ELISpot・FluoroSpotアッセイ市場は、用途の種類に基づき、診断用途と研究用途に区分されます。2021年には診断用途セグメントが最大の市場シェアを占め、研究用途はワクチン開発、臨床試験、癌研究など、いくつかの研究用途での実践を考慮すると、2022年から2027年にかけて最も速い速度で成長すると予測されます。

"地域別ではアジア太平洋地域が最も高いCAGRを占める見込み"
ELISpot・FluoroSpotアッセイの世界市場は、4つの地域に分けられます。北米、アジア太平洋地域、欧州、その他の地域です。地域別分析によると、アジア太平洋地域は2021年および将来にわたって大きな市場シェアを維持する可能性が高いとされています。アジア太平洋地域は、非感染性(NCD)の増加、ワクチンに関する研究資金、疾患プロファイルの変化などにより、市場が活性化されています。一方、北米は、主要プレイヤーの存在、技術的に高度なELISpot・FluoroSpotアッセイキットとアナライザーの入手が可能なことから、今後数年間で大きな成長を遂げるでしょう。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要

・世界のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場規模:製品別
- アッセイキットの市場規模
- アナライザーの市場規模
- 補助製品の市場規模

・世界のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場規模:用途別
- 診断用ELISpot・FluoroSpotアッセイの市場規模
- 研究用ELISpot・FluoroSpotアッセイの市場規模

・世界のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場規模:エンドユーザー別
- 病院&研究所における市場規模
- 研究機関における市場規模
- バイオ製薬会社&CROにおける市場規模

・世界のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場規模:地域別
- 北米のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場規模
- ヨーロッパのELISpot・FluoroSpotアッセイ市場規模
- アジア太平洋のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場規模
- その他地域のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場規模

・競争状況
・企業情報

※「世界のELISpot・FluoroSpotアッセイ市場(~2027年):製品別(アッセイキット(T細胞・B細胞アッセイ)、アナライザー、補助製品)、用途別(移植、ワクチン開発)、エンドユーザー別(病院&研究所、研究機関)」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/ELISpot-FluoroSpot-Assay-Market-Product-PH8486-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.marketreport.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

H&Iグローバルリサーチ株式会社の最新プレスリリース

2022年12月07日 18:00
「世界の感圧接着剤(PSA)市場(~2027年):化学物質別(アクリル、ゴム、シリコーン)、技術別(水性、溶剤系、ホットメルト)、用途別(ラベル、テープ)、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月07日 15:00
「世界のオリゴヌクレオチド合成市場(~2027年):製品別(医薬品、合成オリゴ、試薬)、種類別(カスタム、プレデザイン)、用途別(治療、研究)、エンドユーザー別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月07日 11:00
「世界の栄養補助食品成分市場(~2027年):種類別(プロバイオティクス、タンパク質、アミノ酸、植物化学物質&植物抽出物、繊維&特殊炭水化物)、用途別、形態別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月06日 18:00
「世界の産業用断熱材市場(~2027年):形状別(パイプ、ブランケット、ボード)、材料別(ミネラルウール、ケイ酸カルシウム、プラスチックフォーム)、最終用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年12月06日 15:00
「世界の魚粉&魚油市場(~2027年):種類別(魚粉、魚油)、原料別(鮭&鱒、海産魚、甲殻類、ティラピア)、用途家畜別(水生動物、豚、家禽、牛、ペット)、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.