2022年11月25日 18:00

「世界のFRP容器市場(~2027年):繊維タイプ別(ガラス、カーボン)、樹脂タイプ別(ポリエステル、エポキシ、その他)、用途別(自動車&輸送機器、上下水道)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月25日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界のFRP容器市場(~2027年):繊維タイプ別(ガラス、カーボン)、樹脂タイプ別(ポリエステル、エポキシ、その他)、用途別(自動車&輸送機器、上下水道、化学、工業、石油&ガス)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界のFRP容器市場(~2027年):繊維タイプ別(ガラス、カーボン)、樹脂タイプ別(ポリエステル、エポキシ、その他)、用途別(自動車&輸送機器、上下水道、化学、工業、石油&ガス)、地域別」市場調査レポートの販売を2022年11月25日にMarketReport.jpサイトで開始しました。ELISpot・FluoroSpotアッセイの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"FRP容器の世界市場規模は2022年39億米ドルから2027年57億米ドルまで、CAGR 8.0%で成長すると予測"
上下水道や化学産業におけるFRP容器の需要増は、FRP容器市場の成長を促進すると予測される最も大きな要因の1つです。

"CNG車とインフラに対するより多くの税制優遇措置が市場成長を促進"
CO2排出量削減のため、アジア太平洋地域、欧州、北米など様々な地域でCNG車に対する税制優遇措置が拡大・延長されています。2019年5月、米国オクラホマ州政府は、圧縮天然ガス(CNG)車とその燃料補給に適用される税額控除に関する法律を改正し、承認しました。同法案は、2020年1月1日から2027年12月31日まで延長されました。これにより、オクラホマ州は、自動車用天然ガスを最適な燃料の選択肢として、常に全米をリードしていくことになります。ひいては、FRP容器の需要を喚起することになります。
2019年12月、インドの石油天然ガス省はCNG車のGSTを現在の28%から5%に引き下げ、間接的にガス車の普及を後押ししました。その結果、FRP容器の需要が高まっています。

"水素自動車向け低重量FRP容器の開発がFRP容器市場成長の一因"
水素自動車は、電気自動車と同じように電気モーターで車輪を駆動します。しかし、電気自動車では電力を従来のバッテリーに蓄えるのに対して、水素自動車では電力を水素の形で蓄え、燃料電池と呼ばれる装置で電気に変換します。現在、この水素自動車の貯蔵タンクは非常に高価であるため、利用が制限されています。5kgの貯蔵タンクは4,000~4,500ドル程度で、車の総コストに大きな上乗せとなっています。軽量な炭素繊維を使ったクラス4シリンダータンクの研究が進められています。自動車用水素貯蔵FRPタンクのトップメーカーは、Luxfer Group(英国)、Worthington Industries, Inc.(米国)、Quantum Fuel System LLC(米国)、Ullit SA(フランス)、Agility Fuel Systems(米国)です。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要

・世界のFRP容器市場規模:繊維タイプ別
- ガラス繊維の市場規模
- カーボン繊維の市場規模
- その他繊維タイプの市場規模

・世界のFRP容器市場規模:樹脂タイプ別
- ポリエステルの市場規模
- エポキシの市場規模
- その他樹脂タイプの市場規模

・世界のFRP容器市場規模:用途別
- 自動車&輸送における市場規模
- 石油&ガス産業における市場規模
- 化学産業における市場規模
- 上下水道における市場規模
- その他用途における市場規模

・世界のFRP容器市場規模:地域別
- 北米のFRP容器市場規模
- ヨーロッパのFRP容器市場規模
- アジア太平洋のFRP容器市場規模
- 中東/アフリカのFRP容器市場規模
- 中南米のFRP容器市場規模

・競争状況
・企業情報

※「世界のFRP容器市場(~2027年):繊維タイプ別(ガラス、カーボン)、樹脂タイプ別(ポリエステル、エポキシ、その他)、用途別(自動車&輸送機器、上下水道、化学、工業、石油&ガス)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/FRP-Vessels-Market-Fiber-Type-CH7782-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.marketreport.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

H&Iグローバルリサーチ株式会社の最新プレスリリース

2022年11月30日 15:00
「世界の殺生物剤市場(~2027年):種類別(非酸化性殺生物剤、酸化性殺生物剤)、用途別(水処理、家庭用、家庭用・工業用・機関用クリーニング&ホームケア)、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年11月30日 11:00
「世界の環境試験市場(~2027年):サンプル別(排水/廃液、土壌、水、大気)、技術別(迅速、従来型)、試験対象別(微生物汚染、有機化合物)、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年11月29日 18:00
「世界の地上支援機器(GSE)市場(~2027年):POS別(機器、メンテナンス)、種類別(移動、固定)、電源別、プラットフォーム別、オートノミー別、企業形態別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年11月29日 15:00
「世界の殺菌剤市場(~2027年):種類別(生物学的殺菌剤、化学的殺菌剤)、用途別(種子処理、土壌処理、葉面散布)、作用機序別、フォーム別、作物タイプ別、地域別」市場調査レポートを取扱開始
2022年11月29日 11:00
「世界の協働ロボット(コボット)市場(~2028年):コンポーネント別、ペイロード別(5kg以下、5~10kg、10kg以上)、用途別(ハンドリング、加工)、産業別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.