2022年11月28日 13:30

ソフォス導入事例: 海外拠点を含む全社的なセキュリティ基盤の強化に向けて、Sophos MDRを採用 ~株式会社荏原製作所様~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月28日
<<報道資料>>
ソフォス株式会社

ソフォス導入事例: 海外拠点を含む全社的なセキュリティ基盤の強化に向けて、Sophos MDRを採用
~株式会社荏原製作所様~

Cybersecurity-as-a-Serviceを開発・提供するグローバルリーダー企業である英国ソフォス (日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、産業機械メーカーの株式会社荏原製作所(東証PRM:6361、本社:東京都大田区、取締役 代表執行役社長:浅見 正男、以下:荏原製作所)が国内および海外拠点を含む全社的な新たなセキュリティ基盤として、ソフォスの24時間365日間フルマネージドの脅威ハンティング・検出・対応サービスであるSophos MDR(Managed Detection and Response、旧名称:MTR) を採用したことを発表しました。

●背景
荏原製作所は、風水力事業、環境プラント事業、精密・電子事業の3つの社会・産業インフラを支える事業を中心にグローバルに事業展開しています。近年、ランサムウェアを含むセキュリティ脅威の増大に伴い、高度化・巧妙化するセキュリティ脅威から日本および海外拠点を防御できる強固なセキュリティ基盤を新たに構築すべく、さまざまな選択肢の中から、セキュリティに必要とされるものをすべて24時間365日間サービスとして提供するSophos MDRの採用を決定しました。

●採用理由
Sophos MDRは、Sophos Intercept X Advanced with XDR (https://www.sophos.com/ja-jp/products/intercept-x.aspx)を活用しており、機械学習と専門家による分析を組み合わせ、脅威ハンティングと検出を向上し、アラートを詳細に調査し、効果的な対応を導き、脅威を排除します。Sophos MDRの導入により、常時セキュリティの監視管理をすべて行うため、従業員は安心して業務に専念することができます。

また、ソフォス製品以外の他社製セキュリティ製品など、異なるセキュリティ製品を導入・運用する拠点についても、Sophos MDRはMicrosoft、CrowdStrike、Palo Alto Networks、Fortinet、Check Point、Rapid7、Amazon Web Services(AWS)、Google、Okta、Darktraceなど、数多くのベンダーのセキュリティテレメトリを取り込んで運用可能であるため、既存のセキュリティ資産を無駄にせず活用できることも採用の決め手の一つとなりました。

さらに、日本本社でMDRのライセンスを一括購入しても、世界中どこからでもソフォスのテクニカル・サポートを受けられる点がグローバル展開する多国籍企業の荏原製作所にとって大きなメリットとなりました。

荏原製作所ではすでに世界12拠点でSophos MDRの導入が完了しており、実環境で運用しています。

Sophos MDRの詳細情報は、下記リンク先をご参照ください。
https://www.sophos.com/ja-jp/content/mdr-security-services

●株式会社荏原製作所について
荏原製作所は1912年の創業以来、水と空気と環境の分野で、優れた技術と最良のサービスを提供することにより、広く社会に貢献するという企業理念の下、主力製品であるポンプをはじめ、送風機やコンプレッサ・タービン、半導体製造装置など、社会・産業インフラを支えるさまざまな産業機械を世界中で製造・販売しています。詳細は、同社ホームページ(https://www.ebara.co.jp)をご覧ください。

●ソフォスについて
ソフォスは、組織をサイバー攻撃から守るDetection and Response (MDR) サービスやインシデント・レスポンス・サービスのほか、幅広いエンドポイント、ネットワーク、電子メール、およびクラウドのセキュリティ技術群を含む高度なサイバーセキュリティ・ソリューションを開発・提供する世界的なリーダーです。ソフォスは、サイバーセキュリティに特化した最大級のプロバイダーとして、全世界で50万以上の組織と1億人以上のユーザーを、アクティブアドバーサリ、ランサムウェア、フィッシング、マルウェアなどから保護しています。ソフォスのサービスと製品は、クラウドベースの管理コンソールSophos Centralに接続され、3つのサイバーセキュリティ専門家チームから構成される脅威インテリジェンス組織であるSophos X-Opsの支援を受けています。Sophos X-Opsのインテリジェンスは、ソフォスの適応型サイバーセキュリティエコシステムのあらゆる場所で最適な形で活用できます。このエコシステムには一元的なデータレイクが含まれ、顧客、パートナー、開発者、他のサイバーセキュリティおよび情報テクノロジーベンダーは豊富なオープンAPIセットを活用して、このデータレイクにアクセスできます。ソフォスは、フルマネージドのターンキーセキュリティソリューションを必要としている組織にサービスとしてのサイバーセキュリティを提供しています。企業や組織は、ソフォスのセキュリティオペレーションプラットフォームを使用して直接サイバーセキュリティを管理することも、脅威の検出や修復についてもソフォスのサービスを利用して社内チームの能力を補完するハイブリッドなアプローチを採用することもできます。ソフォスは、世界各国のリセラーパートナーやMSP(マネージドサービスプロバイダー)から製品およびサービスを販売しています。ソフォスの本社は英国オックスフォードにあります。詳細についてはwww.sophos.com(日本語サイト:https://www.sophos.com/ja-jp.aspx)をご覧ください。

●報道関係のお問合せ先
ソフォス株式会社広報事務局
Tel: 03-6454-6930
Email: sophos@ambilogue.com

以上

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ソフォス株式会社(ソフォスカブシキガイシャ)
代表者
中西 智行. (ナカニシ トモユキ)
所在地
〒106-6010
東京都港区六本木1-6-1  泉ガーデンタワー 10F
TEL
03-3568-7550
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.sophos.com/ja-jp.aspx

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.