2022年11月29日 15:00

「世界の殺菌剤市場(~2027年):種類別(生物学的殺菌剤、化学的殺菌剤)、用途別(種子処理、土壌処理、葉面散布)、作用機序別、フォーム別、作物タイプ別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月29日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の殺菌剤市場(~2027年):種類別(生物学的殺菌剤、化学的殺菌剤)、用途別(種子処理、土壌処理、葉面散布、ポストハーベスト)、作用機序別(接触性、浸透性)、フォーム別(乾燥、液体)、作物タイプ別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の殺菌剤市場(~2027年):種類別(生物学的殺菌剤、化学的殺菌剤)、用途別(種子処理、土壌処理、葉面散布、ポストハーベスト)、作用機序別(接触性、浸透性)、フォーム別(乾燥、液体)、作物タイプ別、地域別」市場調査レポートの販売を2022年11月29日にMarketReport.jpサイトで開始しました。殺菌剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"世界の殺菌剤市場は、2022年208億米ドルから2027年28.0億米ドルまで、CAGR 6.1%で成長する見通し"
植物寄生菌は、作物栽培の成功、生産性、作物生産全体における主要な生物学的ストレスの1つです。作物の収量に直接的な損失を与えるだけでなく、植物寄生菌は他の病原菌を含む病害複合体においても重要な役割を果たします。
高付加価値農産物とは、一般に1kgあたり、1haあたり、1カロリーあたりの経済価値が高い農産物を指し、果物、野菜、肉、卵、牛乳、魚などが含まれます。トマト、ほうれん草、トウモロコシ、大豆、野菜などの高価値作物の需要急増の主な要因は、所得の増加、耕作地の減少、有機農業の土地の減少、果物や野菜の消費に関連した健康上の利点についての意識の高まりなどです。殺菌剤は、果物、野菜、木の実、観賞用植物、プランテーション作物が栽培されている永続的な農地で主に利用されています。殺菌剤の需要は、作物の品質と収量を向上させるため、ポームフルーツ、ブドウ、綿、トマト、トウモロコシ、綿、その他の野菜や観賞用作物など、高価値の作物に多く見受けられます。

"ヨーロッパで果樹・野菜用の殺菌剤に高い需要"
ヨーロッパの農業は、農業のための先端技術の導入や、革新的な農産物のための規制の導入が推進されています。ヨーロッパの耕作可能な農地のほとんどは穀物生産に利用されています。この地域の果物や野菜作物には、病原菌に有効な殺菌剤が多く使われています。EUでは、菜種、小麦、ライ麦、ライ小麦は冬作物であり、トウモロコシ、ひまわり、米、大豆、ジャガイモ、テンサイは夏作物です。大麦は冬種と春種の両方が広く出回っています。2020年、ヨーロッパで最も生産量が多いのは普通小麦(1億2000万トン)、次いで穀物トウモロコシとコーンコブミックス(6780万トン)、大麦(5470万トン)、オーツ(850万トン)、ライ麦(950万トン)、その他(2690トン)です。

BASF社は、欧州諸国において、フランス、英国、ドイツ、オランダ、マケドニア、リトアニア、ラトビア、ハンガリー、イタリア、ベルギー、トルコに新しい殺菌剤「INITIUM」を導入しました。承認手続きの準備のため、BASFは広範な調査を行い、「イイトリウム」の安全性プロファイリングについて包括的な研究を行いました。INITIUMは、ブドウ、トマト、葉野菜、球根野菜、ジャガイモ、ホップ、観葉植物などの作物において、べと病や疫病などの病害から適切な活性を示すことが判明しています。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・産業動向

・世界の殺菌剤市場規模:種類別
- 生物学的殺菌剤の市場規模
- 化学的殺菌剤の市場規模

・世界の殺菌剤市場規模:フォーム別
- 液体式殺菌剤の市場規模
- 乾燥式殺菌剤の市場規模

・世界の殺菌剤市場規模:作用機序別
- 接触型殺菌剤の市場規模
- 浸透型殺菌剤の市場規模

・世界の殺菌剤市場規模:用途別
- 種子処理用殺菌剤の市場規模
- 土壌処理用殺菌剤の市場規模
- 葉面散布用殺菌剤の市場規模
- その他用途の市場規模

・世界の殺菌剤市場規模:地域別
- 北米の殺菌剤市場規模
- ヨーロッパの殺菌剤市場規模
- アジア太平洋の殺菌剤市場規模
- 南米の殺菌剤市場規模
- その他地域の殺菌剤市場規模

・競争状況
・企業情報

※「世界の殺菌剤市場(~2027年):種類別(生物学的殺菌剤、化学的殺菌剤)、用途別(種子処理、土壌処理、葉面散布、ポストハーベスト)、作用機序別(接触性、浸透性)、フォーム別(乾燥、液体)、作物タイプ別、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/Fungicide-Market-Type-Chemical-Biologicals-AGI2535-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.co.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.