2022年11月30日 15:30

「世界の美容インプラント市場2022年-2031年:製品別(乳房インプラント、歯科インプラント、顔面インプラント、その他)、素材別(金属)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月30日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の美容インプラント市場2022年-2031年:製品別(乳房インプラント、歯科インプラント、顔面インプラント、その他)、素材別(金属、セラミック、ポリマー、生体)」調査資料の販売を2022年11月30日に開始いたしました美容インプラント市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の美容インプラント市場2022年-2031年:製品別(乳房インプラント、歯科インプラント、顔面インプラント、その他)、素材別(金属、セラミック、ポリマー、生体)
■英文タイトル:Aesthetic Implants Market (Product: Breast Implants, Dental Implants, Facial Implants, and Others; and Material: Metal, Ceramic, Polymer, and Biological) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年11月16日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
美容インプラントは、美容整形手術や再建手術に使用されます。これらのインプラントは、外傷、事故、遺伝性疾患によって引き起こされた異常を修正することで、美容的外観を向上させるのに役立ちます。乳房、胸、尻、睾丸、顔(あご、頬、あご、唇)、歯、ふくらはぎ、陰茎などの身体部位はすべて、美容インプラントの助けを借りてその形状、サイズ、位置を変えることができる。美容インプラントの進歩には、凝集性ゲルやより優れた組織拡張製品が含まれます。インプラントには、骨内型、骨膜下型、頬骨型の3種類があります。

審美的な魅力への注目の高まりとソーシャルメディアの影響力の上昇により、人々はさまざまな種類のインプラント手術を選択するようになりました。乳がん、鼻、顔に関する問題は、インプラントの使用で修正することができます。乳房や顔のインプラントの需要は、特に専門医や外科医が多く存在する新興国において高まっています。

美容インプラント業界は、美容インプラントの技術開発により、ここ数年、大きな成長を遂げています。市場のプレーヤーは、ライバル企業に対する優位性を得るために、研究開発活動に多額の投資を行っています。彼らは、製品ポートフォリオを拡大するために、高度な医療用美容機器やレーザー美容機器を発売しています。
デジタル歯科と審美的なゾーン歯科の採用は、それによって審美的なインプラント市場の発展を促進し、従来の方法よりもいくつかの利点を提供します。したがって、ベンダーは、CAD / CAM技術を活用することにより、改良された歯科インプラントを発売しています。これらの技術は、患者の口腔内構造に合わせてインプラントをカスタマイズすることを可能にします。また、インプラントの正確な埋入が容易になるため、回復時間が短縮され、侵襲的なプロセスが軽減されます。

タイプ別では、歯科用インプラント分野が2021年の美容インプラント市場シェアで最大を占めました。老年人口の増加は、歯科インプラントと審美的な、その結果、セグメントに燃料を供給するための需要を高めると予想されます。

材料に基づいて、金属セグメントは、2021年に世界の美容インプラント業界を席巻しました。歯科インプラントにおけるチタンとジルコニウムの使用量の増加と、独自の生体適合性、軽量、耐腐食性金属の導入の急増は、予測期間中にセグメントを後押ししそうです。

性別では、女性患者が予測期間中に美容インプラント事業の主要なシェアを占めると予想され、乳房や顔へのインプラント需要の増加が、今後数年間における同分野の推進要因となることが予測されています。

エンドユーザー別では、病院数の増加により、2021年の美容インプラント市場で病院セグメントが突出したシェアを占めました。さらに、審美的な手順の採用の増加、外科医の利用可能性、および病院での高度な技術の使用も、予測期間中にセグメントを促進する可能性が高いです。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/aesthetic-implants-market-product-breast-implants-dental-implants/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 医療、福祉

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年12月29日 15:30
「世界の自律走行搬送ロボット(AMR)市場2022年-2031年:提供形態別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、種類別(コンベア、昇降)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 14:30
「世界のバイオマスボイラー市場2022年-2031年:原料別(木質バイオマス、都市残渣、バイオガス&エネルギー作物、農林産物)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 11:30
「世界の集積型受動素子(IPD)市場2022年-2031年:受動素子別(バラン、フィルタ、カプラ、ダイプレクサ、レゾネータ、その他)、基板別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 15:30
「世界の持続可能な(サステナブル)包装材市場2022年-2031年:材質別(紙&板紙、プラスチック、金属、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 14:30
「世界の電動歯ブラシ市場2022年-2031年:種類別(平型、先鋭型)、用途別(治療用研磨、歯冠/美容用研磨、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.