2022年11月30日 15:00

「世界の殺生物剤市場(~2027年):種類別(非酸化性殺生物剤、酸化性殺生物剤)、用途別(水処理、家庭用、家庭用・工業用・機関用クリーニング&ホームケア)、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年11月30日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の殺生物剤市場(~2027年):種類別(非酸化性殺生物剤、酸化性殺生物剤)、用途別(水処理、家庭用、家庭用・工業用・機関用クリーニング&ホームケア、塗料&コーティング剤、木材防腐剤)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の殺生物剤市場(~2027年):種類別(非酸化性殺生物剤、酸化性殺生物剤)、用途別(水処理、家庭用、家庭用・工業用・機関用クリーニング&ホームケア、塗料&コーティング剤、木材防腐剤)、地域別」市場調査レポートの販売を2022年11月30日にMarketReport.jpサイトで開始しました。殺生物剤の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"殺生物剤の世界市場は、2022年110億米ドルから2027年136億米ドルまで、年平均成長率4.3%で成長する見通し"
殺生物剤は、不要な生物を殺し、細菌や菌類の繁殖を抑制するために使用される化学物質です。殺生物剤は、製品の物理的および感覚的な特性の劣化を防ぐのに役立ちます。これらは主に、水処理(自治体の水処理、石油・ガス、発電所、パルプ・製紙、プール、鉱業、酪農・養鶏・食品加工)、家庭・パーソナルケア、木材保存、塗料・コーティング、その他(皮革・繊維)などの用途で使用されています。また、殺菌剤や除菌剤などの家庭用用途や、水道管や石油パイプラインの汚濁防止などの工業用用途にも使用されています。

"酸化型殺生物剤は、予測期間中、種類別で2番目に急成長すると予測"
酸化型殺生物剤は、電気化学的な酸化プロセスによって微生物を死滅させる能力を有しています。このプロセスでは、殺生物剤はバクテリアから電子を獲得し、それによってバクテリアを破壊します。酸化型殺生物剤は、大量の水を使用するシステムで最も効果的な殺生物剤です。産業界の専門家によると、酸化型殺生物剤は非酸化型殺生物剤よりも低コストであるため、水処理工程で主に使用されています。

"用途別では、家庭用、工業用、施設用クリーニングおよびホームケアが、2021年に金額ベースで2番目に大きなセグメントになる見込み"
殺生物剤の大手サプライヤーは、クリーニングやパーソナルケア製品における微生物の増殖防止に使用されていることを理由に、家庭用、工業用&機関用、ホームケア部門に製品を提供することが増えています。多くの企業は、ピリチオン分子の金属塩をベースにした殺生物剤の大部分を製造しています。パーソナルケア業界では、規制対象の業界であるため、より高度な技術的専門知識が必要とされ、殺生物剤のニーズを満たすことが非常に重要です。

"2021年、欧州は金額ベースで第2位の殺生物剤市場になると予測"
ドイツはこの地域の殺生物剤の主要な市場です。欧州の産業分野は多様化しており、高度な技術や消費エネルギーの少ない製品への要求の変化に伴い、複雑さが増しています。環境規制は厳しく、省エネにつながる技術が求められています。欧州の殺生物剤市場は、REACHなどの厳しい規制のため、北米市場よりも小さくなっています。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・産業動向

・世界の殺生物剤市場規模:種類別
- 酸化性殺生物剤の市場規模
- 非酸化性殺生物剤の市場規模
- その他種類の市場規模

・世界の殺生物剤市場規模:用途別
- 水処理用殺生物剤の市場規模
- 家庭用・工業用・機関用クリーニング&ホームケア用殺生物剤の市場規模
- 木材防腐剤の市場規模
- 塗料&コーティング剤の市場規模

・世界の殺生物剤市場規模:地域別
- 北米の殺生物剤市場規模
- ヨーロッパの殺生物剤市場規模
- アジア太平洋の殺生物剤市場規模
- 中東/アフリカの殺生物剤市場規模
- 南米の殺生物剤市場規模

・競争状況
・企業情報

※「世界の殺生物剤市場(~2027年):種類別(非酸化性殺生物剤、酸化性殺生物剤)、用途別(水処理、家庭用、家庭用・工業用・機関用クリーニング&ホームケア、塗料&コーティング剤、木材防腐剤)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/Biocides-Market-Type-Nonoxidizing-Biocide-CH2155-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.marketreport.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.