2022年12月01日 11:00

中国における先進運転支援システムおよびそのベース技術普及の将来予測をまとめた最新レポート「ADASおよび自動運転車市場予測2022年 - 中国」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英国に本社を置き自動車技術に関する調査およびコンサルティングを手掛けるSBD Automotiveジャパン(名古屋市)では、この度中国市場における各種ADASシステムおよびそのベース技術の搭載率の将来予測をまとめたレポート「ADASおよび自動運転車市場予測 2022年 - 中国」を2022年11月25日に発行しました。

OEM各社はADAS機能の車両への統合をさらに拡大し、生産を目的とした自動運転車のコンセプトを発表しています。自動運転車向けの技術開発を発表しているさまざまなサプライヤーやテクノロジー企業にも、その取り組みを推進する動きが見られます。

こうした状況の中、自動運転レベル4の商業的な実現には、自動運転車を取り巻くガイドラインや法規制に加え、大規模に展開するうえで必要な消費者の信頼獲得など、多くの障壁があります。これらの要因から、OEMは最も高いレベルの自動化を実現させることから、より低いレベルの自動運転機能を提供することや独自のADASシステムの機能を拡大させることへと焦点を移してきました。

本レポートは中国市場における各種ADASシステムおよびそのベース技術の搭載率の差異を地域レベルで検証し、OEM単位でのADASシステム別および技術別搭載率を分析したPDF/PPTファイルと、市場におけるADASの搭載率、販売量、ADAS機能、およびADASから得られる収益などのデータをまとめたExcelファイルで構成されています。

https://insight.sbdautomotive.com/rs/164-IYW-366/images/IB_538_22_ADAS_Autonomy_Forecast_J.pdf


<本書の構成>
はじめに
主な調査結果
最新の動向
・複数のOEMが長距離ライダーの搭載を発表
・中国OEMが最新自動運転システムを発表
機能の動向
・SAEレベル0の機能
・SAEレベル1の機能
・SAEレベル2の機能
・SAEレベル3の機能
OEMの動向:OEMごとの分析
BAICグループ、BMWグループ、Borgward、Brilliance Autoグループ、BYD Auto、Chang'an Automobile グループ、Cheryグループ、Dongfeng Motor、FAWグループ、Fordグループ、GACグループ、Geelyグループ、General Motorsグループ、Great Wall Motor、Hondaグループ、Hyundaiグループ、Jianghuai Automotive、Jaguar Land Rover、Li Auto、Mazda Motors、Mercedes-Benz Group、Nio、Renault-Nissan-Mitsubishi、SAICグループ、Stellantis、Subaru Corporation、Tesla Motors、Toyotaグループ、Volkswagenグループ、Xpeng
追加調査

<対象システム>
ハイ・ロービーム自動切換え(AHD)
死角モニタリング(BSM)
衝突回避(CA)
ドライバーモニタリング(DM)
前方衝突警報(FCW)
フロントクロストラフィックアラート(FCTA)
車線逸脱防止支援(LDP)
ナイトビジョン/歩行者検知(NV&PD)
リアクロストラフィックアラート(RCTA)
交通標識認識 (TSR)
アダプティブクルーズコントロール(ACC)
半自動駐車支援(SAPA)
全自動駐車支援(FAPA)
リモートパーキング(RP)
パイロットドライブ(PD)
パイロットドライブ+(PD+)

<レポートの詳細>
https://insight.sbdautomotive.com/rs/164-IYW-366/images/IB_538_22_ADAS_Autonomy_Forecast_J.pdf
本レポートの詳細に関するお問い合わせは下記にて承っております。

SBD Automotiveジャパン
〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル6F
Tel: 052 253 6201
E-mail: postbox@sbdautomotive.com
https://www.sbdautomotive.com/ja/

【SBD Automotiveについて】
英国を本拠とする自動車技術の調査・コンサルティング会社です。1997年の創業以来、日本、欧州(英国とドイツ)、米国、中国の拠点から自動車業界に携わるクライアントをグローバルにサポートしています。
クライアントは自動車メーカー、サプライヤー、保険業界、通信業界、政府・公的機関、研究機関など自動車業界のバリューチェーン全体。調査対象エリアは欧州、北米、中国、ブラジル、インド、ロシア、東南アジアなど世界各国の市場を網羅。自動車セキュリティおよびIT、コネクテッドカー、自動運転などの分野において調査を実施、各種レポートやコンサルティングサービスを提供しています。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
SBD Automotiveジャパン(エス・ビィ・ディ・オートモティブ・ジャパン)
代表者
杉木 昭郎(スギキ アキオ)
所在地
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目18番22号 三博ビル6F
TEL
052-253-6201
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
https://www.sbdautomotive.com/ja/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.