2022年12月01日 14:30

「世界のコネクテッド(スマート)街路灯市場2022年-2031年:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、接続性別(有線)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月1日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界のコネクテッド(スマート)街路灯市場2022年-2031年:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、接続性別(有線、無線)」調査資料の販売を2022年12月1日に開始いたしましたコネクテッド(スマート)街路灯市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界のコネクテッド(スマート)街路灯市場2022年-2031年:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、接続性別(有線、無線)
■英文タイトル:Connected (Smart) Street Lighting Market (Component: Hardware, Software, and Services; Connectivity: Wired and Wireless) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年11月16日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
スマート街路灯システムは、信頼性が高く安全な有線または無線ネットワークを通じて、コンポーネント間の接続を確立します。この接続により、照明機能を監視・制御するための双方向通信が可能になります。インテリジェント街路照明制御システムは、電子部品、照明器具、エネルギー貯蔵装置、通信用ネットワーク装置で構成されています。これらのシステムは、照明アプリケーションの消費電力を削減することで、高いエネルギー効率と優れた制御を実現します。
スマートシティーの街灯制御とモニタリングにより、オペレーターは、雰囲気、昼光の強さ、居住状況、物理的存在感に応じて照明の輝度強度を制御することができます。照明器具の動作シナリオの制御を可能にするスマート遠隔管理システムは、最新のLED街路照明器具に接続することができます。季節に応じて、その日の天候に応じた光量調節が可能です。

省エネルギーに対する意識の高まりが、IoT接続型公共照明の需要を後押ししています。政府機関は、電力コストの上昇が続く中、安全性と効率性を高めつつ、運用コストを削減するために、コネクテッド(スマート)街路灯への切り替えを進めています。
ヨーロッパや北米などの成熟した市場では、スマートシティ向けのコネクテッド街灯インフラの採用を促進し、エネルギーの使用を規制するために、さまざまな規制の実施に注力しています。2018年、欧州連合(EU)は、EU全域でエネルギー集約型かつ非効率なハロゲン電球の販売を禁止しました。米国、オーストラリア、カナダ、ブラジル、EU、日本など83の署名国と192の加盟国が京都議定書に署名し、有害排出量の削減目標の達成とエネルギー効率の高いソリューションの普及に取り組んでいます。これにより、LEDの使用量が増加し、コネクテッド(スマート)街路灯の市場規模が拡大しています。
スマート街路灯は、必要なときに自動的に点灯するため、電力消費とCO2排出は最小限に抑えられます。また、内蔵されたフォトセンサーにより、時間帯に応じて照明の明るさを調整することができます。

住宅・商業・工業の各分野で白熱電球が使用されるようになり、照明制御の運用・保守コストが高騰しています。例えば、ロサンゼルス市では、20万個以上の照明の監視と保守に毎年4,200万米ドルが費やされています。その結果、1つの照明が作動し続けるために200米ドルが必要となります。メンテナンスにかかる費用は、使用する街路灯の種類によって異なります。LEDは、HPSランプなど他の屋外照明と比較して、最も低いメンテナンスコストを提供します。
スマートポールの遠隔照明制御により、より正確に照明の点灯時間や程度を調整・変更・監視することができます。さらに、接続されたシステムを通じて送信されるデータにより、ランプの異常な動作や個々のランプの故障が報告されます。これにより、照明制御の定期的な保守点検を減らし、運用・保守コストを軽減することができます。これらの利点は、スマート照明ソリューションの採用を後押しし、それによって世界の接続型コネクテッド(スマート)街路灯市場の拡大に拍車をかけています。

世界のいくつかの都市では、Li-Fiなどの無線技術を統合した接続型街路灯の導入が進んでいます。業界のベンダーは、その高いデータ転送速度と効率性から、こうした技術をシステムに統合しています。街灯システムと交通信号、駐車場照明、汚染センサー、エネルギーメーター、交通センサーとの統合は、特に新興国において市場発展のための大きな機会を提供しています。

発展途上国の貧弱なインフラは、今後数年間、街路灯の需要を制限することが予想されます。これは、ネットワークインフラの未発達とインターネットの普及率の低さによるもので、帯域幅の利用可能性が低くなることに起因しています。発展途上国の大半は、依然として従来のランプに依存しています。そのため、古い街灯の調達や改修にかかるコストが高く、コネクテッド(スマート)街灯への移行は費用対効果が見込めないとされています。コストの影響は、短期的にはコネクテッド(スマート)街路灯市場の発展に対して高く、長期的には減少すると予測されます。これは、都市インフラ強化のための政府投資の急増が主な要因です。

欧州は、予測期間中、世界のコネクテッド(スマート)街路灯事業を支配すると予想されます。持続可能なエネルギー目標の達成に向けた注目度の向上が、同地域の市場を牽引しています。
スマートシティインフラへの投資の増加、一人当たり所得の急増、継続的な大規模工業化と都市化が、アジア太平洋地域のコネクテッドストリートライト市場の進展を後押ししています。また、低価格の電子製品が入手可能なことも、同地域の市場成長に寄与しているようです。北米と中東&アフリカは、これらの地域が都市にスマートインフラを統合しているため、接続された街灯産業で途方もない機会を持っています。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/connected-smart-street-lighting-market-component-hardware-software-and-services-connectivity-wired-and-wireless-global-industry-analysis-size-share-growth-trends-and-forecast-2022-203/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年12月29日 15:30
「世界の自律走行搬送ロボット(AMR)市場2022年-2031年:提供形態別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、種類別(コンベア、昇降)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 14:30
「世界のバイオマスボイラー市場2022年-2031年:原料別(木質バイオマス、都市残渣、バイオガス&エネルギー作物、農林産物)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 11:30
「世界の集積型受動素子(IPD)市場2022年-2031年:受動素子別(バラン、フィルタ、カプラ、ダイプレクサ、レゾネータ、その他)、基板別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 15:30
「世界の持続可能な(サステナブル)包装材市場2022年-2031年:材質別(紙&板紙、プラスチック、金属、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 14:30
「世界の電動歯ブラシ市場2022年-2031年:種類別(平型、先鋭型)、用途別(治療用研磨、歯冠/美容用研磨、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.