2022年12月01日 12:00

殺菌剤の市場規模、2027年に280億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「殺菌剤の世界市場:種類別 (化学、生物)・適用方式別 (種子処理、土壌処理、葉面散布、ポストハーベスト)・作用機序別 (接触性、浸透性)・形状別 (乾燥、液体)・作物の種類別・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を11月30日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1151819-fungicide-market-by-type-chemical-biologicals-mode.html

殺菌剤の市場規模は、2022年の208億米ドルからCAGR6.1%で成長し、2027年には280億米ドルに達すると予測されています。植物寄生菌は、作物の栽培、生産性、および作物生産全体に対する生物学的ストレスの1つです。作物収量に直接的な損失を与えるだけでなく、他の病原体が関与する複合病害においても重要な原因となっています。

高付加価値農産物とは、一般に1kgあたり、1haあたり、1カロリーあたりの経済価値が高い農産物を指し、果物、野菜、肉、卵、牛乳、魚などが含まれます。トマト、ほうれん草、トウモロコシ、大豆、野菜などの高価値作物の需要急増の要因は、所得の増加、耕作地の減少、有機農業の土地の減少、果物や野菜の消費に関連した健康に関する意識の高まりなどが考えられます。殺菌剤は、果物、野菜、木の実、観賞用植物、プランテーション作物が栽培されている恒久的な農地を中心に利用されています。殺菌剤の需要は、作物の品質と収量を向上させるため、ナシ、ブドウ、綿、トマト、トウモロコシ、その他の野菜や観賞用作物など、高価値の作物に多くみられます。

欧州で多い果樹・野菜用殺菌剤の利用

欧州の農業は、先端技術の導入や、革新的な農産物の生産のための規制などより推進されています。欧州の耕作可能な農地のほとんどは穀物生産に利用されています。この地域では、果物や野菜の栽培に、病原菌に有効な殺菌剤が多く採用されています。EUでは、冬作物として、菜種、小麦、ライ麦、ライ小麦が含まれ、夏作物には、トウモロコシ、ひまわり、米、大豆、ジャガイモ、テンサイが含まれます。大麦は冬種と春種の両方が広く出回っています。2020年、欧州で最も生産量が多いのは普通小麦(1億2000万トン)で、次いで穀物トウモロコシとコーンコブミックス(6780万トン)、大麦(5470万トン)、オーツ(850万トン)、ライ麦(950万トン)、その他(2690トン)でした。

BASF社は、欧州の、フランス、英国、ドイツ、オランダ、マケドニア、リトアニア、ラトビア、ハンガリー、イタリア、ベルギー、トルコなどの国に、新しい殺菌剤「INITIUM」を導入しました。承認手続きの準備のため、BASFは、「INITIUM」の安全性プロファイリングについて包括的な研究を行い、ブドウ、トマト、葉物野菜、球根野菜、ジャガイモ、ホップ、観葉植物などの作物に対して、べと病や疫病などの病害から適切な活性を示すことが確認されました。

用途別に、葉面散布が最大シェアを占める

葉面散布は、栄養分、ミネラル、水分の吸収を高めるため、植物にとって有益な方法で、果樹やトマトをはじめ、さまざまな植物に対して行われています。また、理論的には、気孔を健全化し、植物の呼吸を向上させることで、土壌散布よりも早く結果を出し、迅速に介入できるという利点があります。栄養素は植物に速やかに吸収され、植物が最も必要とする葉の代謝に瞬時に入り込みます。葉面散布を選択されるもう一つの利点は、植物が栄養不足になった時、栄養分を迅速に損傷した部分に届けることが出来る事です。葉面散布は、予測不可能で可変的な土壌吸収を補うことがで、葉のCEC(陽イオン交換容量)を、根のCECと同等に行うことが出来ます。つまり、葉面散布は微量元素と重要元素の両方を投与するのに、より魅力的な方法で、欠乏や生育阻害を避けることができます。その結果、十分な栄養を与えられた植物は、より強く、より健康で、病気にかかりにくくなり、自然病に対する抵抗力が高くなります。また、カルシウム、銅、シリコンなどの栄養素を葉面散布することで、植物が持つ抵抗力をさらに高めることができます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1151819-fungicide-market-by-type-chemical-biologicals-mode.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.