2022年12月02日 14:00

ソフォス導入事例:アパレル業界にも忍び寄るサイバー攻撃に対するエンドポイントセキュリティを強化すべく、Sophos Intercept Xを導入 ~株式会社バロックジャパンリミテッド様~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月2日
<<報道資料>>
ソフォス株式会社

ソフォス導入事例:アパレル業界にも忍び寄るサイバー攻撃に対するエンドポイントセキュリティを強化すべく、Sophos Intercept Xを導入
~株式会社バロックジャパンリミテッド様~

Cybersecurity-as-a-Serviceを開発・提供するグローバルリーダー企業のソフォス (日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、人気アパレル・ブランドを展開している株式会社バロックジャパンリミテッド(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 兼 最高経営責任者:村井 博之、以下:バロックジャパンリミテッド)の導入事例を発表しました。

●背景と課題
ハイカジュアルブランド「MOUSSY(マウジー)」をはじめ、時代の空気を体現するコレクションのSLYや、セレクトショップのSHEL'TTERなど、ファッションセンスの高い女性に人気のブランドを展開しているバロックジャパンリミテッドは、自社ブランドが創造する「文化」を世界へ発信するという「挑戦」を企業理念に掲げ、小売業の未来を変えるイノベーションを推進しています。その一環として、同社の社内情報システム部は事業の成長を支えるためのシステム開発や運用に貢献し、長年にわたり情報セキュリティ対策にも取り組んできました。

バロックジャパンリミテッドは以前、テレワークを目的としたVPN構築のために他社製エンドポイント製品を使用していましたが、同製品にはオンプレミスで運用する管理サーバーに接続しないとパターンファイルが更新されないという課題がありました。その後、同製品はクラウド対応し、パターンファイル更新やウイルス検知情報のアップロードなどがスムーズに行われるようになりました。

バロックジャパンリミテッドでは、この経験に加え、大手衣料品チェーンがランサムウェアを使ったサイバー攻撃を受けて、全国の店舗に影響が出る被害が発生するなど、アパレル業界にもセキュリティ攻撃が起こりうることを憂慮し、最初からクラウド利用を前提に設計され、新世代の検知機能を備えたエンドポイントセキュリティに刷新・強化する必要があると判断しました。その結果、同社は旧世代のエンドポイントセキュリティが検知できなかったマルウェアに対しても、振る舞い検知機能を備えたSophos Intercept Xならば対応できると考え、同製品の導入を決定しました。

●導入後の効果
バロックジャパンリミテッドは、Sophos Intercept X採用決定後、2022 年7月から部署単位で順次運用テストを開始し、既存の業務アプリケーションが正常に動作するかを確認し、その後、本社の全PCにSophos Intercept Xを導入しました。従来のエンドポイントセキュリティ製品の多くは、国産の服飾用CADソフトウェアなどの専門業務ソフトウェアをマルウェアと誤認識して動作を停止させるため、正常に動作させるための設定変更が煩雑でしたが、Sophos Intercept Xでは検知されたソフトをホワイトリストに登録するだけで誤認を回避できたのが利点の一つです。
また、Sophos Intercept Xの導入により、ファイル共有サイトへの注意喚起やZIP暗号化されたファイルへの警告など、以前よりも警戒のレベルが向上し、運用管理の面でも、Intercept Xの管理サイトは使いやすいため、旧他社製品よりも作業効率が改善されたことも高く評価されています。

バロックジャパンリミテッド社の導入事例はこちらからご覧ください。
https://www.sophos.com/ja-jp/company/case-studies

Sophos Intercept Xの詳細情報は、下記URL先をご参照ください。
https://www.sophos.com/ja-jp/products/endpoint-antivirus

●バロックジャパンリミテッドについて
株式会社バロックジャパンリミテッドは、「MOUSSY(マウジー)」「SLY(スライ)」「rienda (リエンダ)」「RODEO CROWNS(ロデオ クラウンズ)」「AZUL BY MOUSSY(アズール バイ マウジー)」「ENFÖLD(エンフォルド)」などのファッションブランドを日本、中国(※1)、香港、米国に展開するSPA(製造小売会社)です。店舗数は国内367店舗(2022年2月末時点)、海外337店舗(2021年12月末時点※2, 3)。売上高591億3,900万円(2022年2月期連結)。
※1 中国本土ではBelle International Holdings Limitedとの合弁会社にて事業を展開しております。
※2 当社の連結会計上の開示理由により、海外の店舗数は2ヶ月前の数値となります。
※3 中国店舗数は、中国本土でBelle International Holdings Limitedとの合弁会社が展開する店舗数になります。詳細情報は、当社ホームページ(https://www.baroque-global.com/jp)をご覧ください。

●ソフォスについて
ソフォスは、組織をサイバー攻撃から守るDetection and Response (MDR) サービスやインシデント・レスポンス・サービスのほか、幅広いエンドポイント、ネットワーク、電子メール、およびクラウドのセキュリティ技術群を含む高度なサイバーセキュリティ・ソリューションを提供する革新的な世界的リーダーです。ソフォスは、世界最大級の専業サイバーセキュリティプロバイダーとして、全世界で50万以上の組織と1億人以上のユーザーを攻撃者、ランサムウェア、フィッシング、マルウェアなどのサイバー攻撃から守っています。ソフォスのサービスや製品は、クラウドベースの Sophos Central 管理コンソールに接続されており、クロスドメイン脅威インテリジェンス部門であるSophos X-Opsによって強化されています。Sophos X-Ops のインテリジェンスは、顧客、パートナー、開発者、およびその他のサイバーセキュリティおよび情報技術ベンダーが利用できる豊富なオープンAPIセットを活用した集中型データレイクを含む、Sophos Adaptive Cybersecurityエコシステム全体を最適化します。ソフォスは、フルマネージドでターンキー・セキュリティ・ソリューションを必要とする組織にCybersecurity-as-a-Serviceを提供しています。また、顧客はソフォスのセキュリティ・オペレーション・プラットフォームを使用してサイバーセキュリティを直接管理することもできますし、脅威の検知や修復などのソフォスのサービスによって社内チームを補完するハイブリッド・アプローチを採ることも可能です。ソフォス製品は、世界中のリセラーパートナーやMSP(マネージドサービスプロバイダー)を通じて販売されています。ソフォス本社は、英国オックスフォードにあります。詳細については、www.sophos.com(日本語サイト: https://www.sophos.com/ja-jp )をご覧ください。

●報道関係のお問合せ先
ソフォス株式会社広報事務局
Tel: 03-6454-6930
Email: sophos@ambilogue.com

以上

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ソフォス株式会社(ソフォスカブシキガイシャ)
代表者
中西 智行. (ナカニシ トモユキ)
所在地
〒106-6010
東京都港区六本木1-6-1  泉ガーデンタワー 10F
TEL
03-3568-7550
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.sophos.com/ja-jp.aspx

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.