2022年12月02日 15:00

「世界の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場(~2027年):用途別(カラーコスメ、スキンケア、ヘアケア)、性質別(従来型、オーガニック)、種類別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月2日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場(~2027年):用途別(カラーコスメ、スキンケア、ヘアケア)、性質別(従来型、オーガニック)、種類別(ココナッツ、スイートアーモンド、ホホバ、アルガン、アプリコット、ザクロ、アボカド)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場(~2027年):用途別(カラーコスメ、スキンケア、ヘアケア)、性質別(従来型、オーガニック)、種類別(ココナッツ、スイートアーモンド、ホホバ、アルガン、アプリコット、ザクロ、アボカド)、地域別」市場調査レポートの販売を2022年12月2日にMarketReport.jpサイトで開始しました。美容&パーソナルケアにおける植物性オイルの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"美容・パーソナルケア用植物油の世界市場は、2022年44億米ドルから2027年は58億米ドルまで、金額ベースで予測期間中にCAGR5.7%で推移すると予測"
機能性成分を配合したスキンケア製品は、消費者の間で需要が高まっています。植物油は、皮膚の健康に良い治療効果や美容効果があるため、スキンケア製品の基材として使用されています。植物油にはリノール酸が含まれ、保湿効果があり、特に乾燥肌にはアボカドオイルが適しています。化学成分は、長期間の使用によってダメージを受けます。そのため、徐々に天然由来成分の採用にシフトしています。

"用途別では、ヘアケアセグメントが予測期間中に急成長する見込み"
植物油に含まれる必須脂肪は、傷んだ髪に有効です。また、水分を保持し、髪を傷みから守り、髪のコンディションを整え、パサつきを抑える効果があります。植物油は、髪のキューティクルの強度を向上させ、自然に柔らかさを増す効果があるため、多くの化粧品に配合されています。ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は、傷んだ髪に栄養を与え、補修することで知られています。2014年にIndian J Med Resに掲載された「マラセチア種とふけとの関連」という研究では、ココナッツオイルを頭皮に塗布した人はフケが少なかったという結果が出ています。ココナッツオイルには、フケの原因となる酵母様真菌であるマラセチアの繁殖を防ぐ働きがあると考えられています。バオバブオイルには抗酸化作用があり、成長を促進し、抜け毛や脱水症状に対抗する効果があります。これらのオイルは、ヘアシャンプー、洗顔料、コンディショナーなどの製品開発に使用されています。

"種類別では、オメガ6必須脂肪酸であるリノール酸を多く含むスイートアーモンドオイルの需要が高いと予測"
スイートアーモンドオイルは、オメガ6必須脂肪酸であるリノール酸を最大で30%含んでいます。リノール酸は、肌の一番外側の層からの水分損失(TEWL, Trans-Epidermal Water Loss)を抑え、健康な肌を保つために不可欠な保湿力を高める働きがあると言われています。スイートアーモンドオイルには、ビタミンA、B1、B2、B6、そして微量のビタミンEとDが含まれています。ビタミンEは、乾癬や紅斑の症状を軽減し、皮膚がんのリスクを低減するのを助けるなど、多くの皮膚への効果があることが分かっています。ビタミンEはまた、傷跡や妊娠線の減少を助けます。SOPHIM (Peyruis, France), Silverline Chemicals (Haryana, India), Pure Oils India (Noida, India) などが、化粧品用のスイートアーモンドオイルを提供している主要企業です。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・産業動向
・世界の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場規模:用途別
- カラーコスメにおける市場規模
- スキンケアにおける市場規模
- ヘアケアにおける市場規模
- その他用途における市場規模
・世界の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場規模:性質別
- 従来型植物性オイルの市場規模
- オーガニック植物性オイルの市場規模
・世界の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場規模:種類別
- ココナッツオイルの市場規模
- スイートアーモンドオイルの市場規模
- ホホバオイルの市場規模
- アルガンオイルの市場規模
- その他植物性オイルの市場規模
・世界の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場規模:地域別
- 北米の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場規模
- ヨーロッパの美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場規模
- アジア太平洋の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場規模
- その他地域の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場規模
・競争状況
・企業情報
・隣接市場

※「世界の美容&パーソナルケアにおける植物性オイル市場(~2027年):用途別(カラーコスメ、スキンケア、ヘアケア)、性質別(従来型、オーガニック)、種類別(ココナッツ、スイートアーモンド、ホホバ、アルガン、アプリコット、ザクロ、アボカド)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/Vegetable-Oils-Beauty-Personal-Care-FB8490-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 美容、ファッション

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.