2022年12月05日 11:00

「世界の屋外用LED照明市場(~2027年):設置別(新規、レトロフィット)、提供別、販売チャネル別、通信別、ワット数別(50W以下、50~150W)、用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月5日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の屋外用LED照明市場(~2027年):設置別(新規、レトロフィット)、提供別、販売チャネル別、通信別、ワット数別(50W以下、50~150W、150W以上)、用途別(街路&道路、建築、スポーツ、トンネル)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の屋外用LED照明市場(~2027年):設置別(新規、レトロフィット)、提供別、販売チャネル別、通信別、ワット数別(50W以下、50~150W、150W以上)、用途別(街路&道路、建築、スポーツ、トンネル)、地域別」市場調査レポートの販売を2022年12月5日にMarketReport.jpサイトで開始しました。屋外用LED照明の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"世界の屋外用LED照明市場規模は、2022年257億米ドルから2027年515億米ドルまで、14.9%のCAGRで成長する見通し"
活況を呈する照明産業は、エネルギー効率の高い製品やLED技術を用いた既存の照明製品の改造需要の高まりに最も寄与しています。技術革新と環境問題の高まりが、屋外用LED照明市場の成長をさらに加速させています。競争力のある製造コスト、高い経済成長率、商業セグメントにおける大規模な産業建設は、屋外LED照明市場の成長を促進する他の主要な要因の一部となっています。

"新規設置タイプは予測期間で最大の市場シェアを占める見込み"
世界中で進行中の開発で、インフラに向けた技術投資の増加は、明らかに屋外LED照明市場の新規インストールに傾向があります。高速道路、スタジアム、トンネルなどのような様々な用途のための増加したインフラと建設プロジェクトは、新しいプロジェクトのための新しいインストールを必要とします。したがって、予測期間を通じて新規設置セグメントがより大きな市場シェアを占めることになるでしょう。

"2022年から2027年まで、街路と道路用途セグメントが屋外LED照明市場を支配すると予測"
急速な都市化とLED照明ソリューション採用によるエネルギー消費削減のための政府努力により、街路と道路セグメントが予測期間を通じて最大の市場シェアを占めると予測されています。街路や道路は継続的に照明が点灯するため、エネルギー消費量が多くなります。したがって、LED照明への切り替えはより良い選択となります。街路と道路は、屋外 LED 照明市場プレーヤーに有利な機会を提供することが期待されます。

"ヨーロッパは、屋外LED照明市場で2番目に大きな市場シェアを占める見込み"
ヨーロッパの屋外LED照明市場調査では、ドイツ、フランス、イタリア、英国、その他ヨーロッパを対象としています。これらの国は、将来的にヨーロッパのLED照明市場成長を牽引すると見られています。ヨーロッパのLED照明市場は非常に断片化されており、この調査で考慮した様々な用途に製品を提供する大・中規模の企業が複数存在します。ドイツには、LED照明製品を製造する中堅企業が50社以上あります。
この地域の政府の持続可能な政策が、屋外用LED照明市場の需要を促進しています。最近の2つの政策、すなわち更新されたエコデザイン規制と電気機器の有害物質を管理するRoHS指令規制により、EU市場は従来の水銀含有蛍光灯から先進のLED照明技術に移行するとみられています。2023年には、すべての汎用蛍光灯が段階的に廃止される予定です。すでにノルウェー、スイス、英国がEU-27のエコデザイン規制を採用しており、今後、RoHS指令の規制が追随していくことが予想されます。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の屋外用LED照明市場規模:用途別
- 街路&道路における市場規模
- 建築&都市景観における市場規模
- スポーツにおける市場規模
- トンネルにおける市場規模
- その他用途における市場規模
・世界の屋外用LED照明市場規模:通信別
- 有線LED照明の市場規模
- 無線LED照明の市場規模
・世界の屋外用LED照明市場規模:設置別
- 新規設置の市場規模
- レトロフィットの市場規模
・世界の屋外用LED照明市場規模:ワット数別
- 屋外用LED照明(50W以下)の市場規模
- 屋外用LED照明(50~150W)の市場規模
- 屋外用LED照明(150W以上)の市場規模
・世界の屋外用LED照明市場規模:地域別
- 南北アメリカの屋外用LED照明市場規模
- ヨーロッパの屋外用LED照明市場規模
- アジア太平洋の屋外用LED照明市場規模
- その他地域の屋外用LED照明市場規模
・競争状況
・企業情報

※「世界の屋外用LED照明市場(~2027年):設置別(新規、レトロフィット)、提供別、販売チャネル別、通信別、ワット数別(50W以下、50~150W、150W以上)、用途別(街路&道路、建築、スポーツ、トンネル)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/Outdoor-LED-Lighting-Market-Installation-SE5323-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.globalresearch.co.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.