2022年12月20日 14:30

【鉄鋼・非鉄金属・金属製品】特許資産規模ランキングトップ3はJFEスチール、住友電工、日本製鉄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社パテント・リザルトは12月20日、独自に分類した鉄鋼・非鉄金属・金属製品業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「鉄鋼・非鉄金属・金属製品業界 特許資産規模ランキング2022」をまとめました。2021年4月1日から2022年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。
その結果、1位 JFEスチール、2位 住友電気工業、3位 日本製鉄となりました。


1位 JFEスチールの注目度の高い特許には「析出物・介在物の抽出方法」や「延性、伸びフランジ性、曲げ性、耐LME性に優れ、高い寸法精度で部品を製造できる高強度鋼板」に関する技術が挙げられます。両技術とも、中国、韓国などへ出願されています。

2位 住友電気工業は「被覆電線、及び端子付き電線」や「スイッチがオフに固定された場合に故障の発生を検知できる制御装置」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。いずれもオートネットワーク技術研究所、住友電装との共願です。

3位 日本製鉄の注目度の高い特許には「耐食性、耐熱性、耐指紋性、導電性、塗装性及び加工時の耐黒カス性に優れた表面処理金属材」や「複数の粒子が重なった状態でも各粒子の輪郭を正確に抽出できる輪郭抽出装置」などに関する技術が挙げられます。

4位 古河電気工業は「ポリオレフィン樹脂とセルロースとが高度な均一性で一体化されたポリオレフィン樹脂複合材」、5位 日立金属は「R-T-B系焼結磁石の磁石特性を向上させる拡散源」などが、それぞれ注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ「鉄鋼・非鉄金属・金属製品 特許資産規模ランキング2022」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2022/12/iron.html

■本件に関するお問い合せ先
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

■会社概要
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社パテント・リザルト(カブシキガイシャパテント・リザルト)
代表者
白山 隆(シラヤマ タカシ)
所在地
〒113-0033
東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階
TEL
03-5802-6580
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
会社HP
https://www.patentresult.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.