2022年12月06日 18:00

「世界の産業用断熱材市場(~2027年):形状別(パイプ、ブランケット、ボード)、材料別(ミネラルウール、ケイ酸カルシウム、プラスチックフォーム)、最終用途別、地域別」市場調査レポートを取扱開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月6日
H&Iグローバルリサーチ株式会社

*****「世界の産業用断熱材市場(~2027年):形状別(パイプ、ブランケット、ボード)、材料別(ミネラルウール、ケイ酸カルシウム、プラスチックフォーム)、最終用途別(電力、石油&石油化学、ガス、化学、セメント、食品&飲料)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****

H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「世界の産業用断熱材市場(~2027年):形状別(パイプ、ブランケット、ボード)、材料別(ミネラルウール、ケイ酸カルシウム、プラスチックフォーム)、最終用途別(電力、石油&石油化学、ガス、化学、セメント、食品&飲料)、地域別」市場調査レポートの販売を2022年12月6日にMarketReport.jpサイトで開始しました。産業用断熱材の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。

***** 調査レポートの概要(一部抜粋) *****
"産業用断熱材の市場規模は、2022年から2027年までCAGR5.4%で成長し、50億米ドルに達すると予測"
2021年の市場シェアは電力産業が最も大きく、予測期間中は石油・石油化学分野がこれに続くでしょう。
産業用断熱材の需要は、先進国および新興国での産業活動の成長により増加しています。アジア太平洋地域、中東・アフリカ、南米などの新興国では、インフラ活動の活発化に伴い、産業用断熱材の需要が増加しています。また、省エネルギーに関連する規制が、これらの産業における断熱材の市場を牽引しています。

"形状別では、予測期間中、金額ベースでボードが2番目に急成長"
ボード形状の断熱材は、軽く圧縮されたシートからなる構造材または完成品で、特にその断熱効果のために使用されます。ボード形状の断熱材の主な成分や材料は、XPSなどのプラスチック、グラスウール、カルシウム、ケイ酸塩などです。この形式は、住宅、商業、工業用途の熱と音響の絶縁のために使用されます。断熱材のボード形状は、配管だけでなく、暖房&空調ダクト、電力&プロセス機器、ボイラー&煙突のインストール、壁&屋根パネルシステム、およびタンクやバルブに使用することができます。

"材料別では、ケイ酸カルシウムが予測期間中、金額ベースで2番目に大きく、最も急成長すると予測"
ケイ酸カルシウムは、石灰とシリカからなる粒状の断熱材で、有機繊維と無機繊維で補強され、硬い形状に成形されています。95°Fから1,499°Fの温度範囲で動作させることができます。主に石油化学、石油・ガス、電力産業で使用されている。石油・ガス業界では、212°F以上で連続運転する機器や防音用途にケイ酸カルシウムが使用されています。Johns Manville社やInsulcon BV社は、ケイ酸カルシウム断熱材の主要メーカーの一つです。

"産業別では、予測期間中、金額ベースで食品・飲料が3番目に急成長するセグメントと推定"
食品・飲料分野では、配管、フライヤー、調理器、貯蔵タンク、滅菌器などに断熱材が使用されています。食品の調理と加工には、エネルギーを節約し、全体的な運用経費を削減するために断熱材が必要です。使用される断熱材は、食品グレードで政府の認可を受けたものである必要があります。これらの施設における断熱材は、エネルギーコストの削減、結露の減少、安全な作業環境の維持に役立ちます。この業界では、主にプラスチック発泡体が断熱目的で使用されています。

"地域別では西ヨーロッパ地域が金額ベースで3番目に大きなシェアを占める見込み"
多様化する最終用途産業、メーカー、コンパウンド業者、流通業者、技術サービス業者が市場の成長機会を提供しています。ドイツ、英国、フランス、イタリア、スペインは、この地域の主要な産業用断熱材市場です。この地域では、COVID-19の大流行が加速した緩やかなエネルギー転換が起こっています。欧州の化学・石油化学産業は、良好なビジネス環境と貿易政策により、成長が見込まれています。このシナリオは、同地域の産業用断熱材の需要を押し上げています。
...

***** 調査レポートの目次(一部抜粋) *****
・イントロダクション
・調査手法
・エグゼクティブサマリー
・プレミアムインサイト
・市場概要
・世界の産業用断熱材市場規模:形状別
- パイプ状断熱材の市場規模
- ブランケット状断熱材の市場規模
- ボード状断熱材の市場規模
- その他形状断熱材の市場規模
・世界の産業用断熱材市場規模:材料別
- ミネラルウールの市場規模
- ケイ酸カルシウムの市場規模
- プラスチックフォームの市場規模
- その他材料の市場規模
・世界の産業用断熱材市場規模:最終用途別
- 電力における市場規模
- 石油&石油化学における市場規模
- ガスにおける市場規模
- 化学における市場規模
- セメントにおける市場規模
・世界の産業用断熱材市場規模:地域別
- 北米の産業用断熱材市場規模
- アジア太平洋の産業用断熱材市場規模
- 西ヨーロッパの産業用断熱材市場規模
- 東&中央ヨーロッパの産業用断熱材市場規模
- 中東・アフリカの産業用断熱材市場規模
- 南米の産業用断熱材市場規模
・競争状況
・企業情報

※「世界の産業用断熱材市場(~2027年):形状別(パイプ、ブランケット、ボード)、材料別(ミネラルウール、ケイ酸カルシウム、プラスチックフォーム)、最終用途別(電力、石油&石油化学、ガス、化学、セメント、食品&飲料)、地域別」調査レポートの詳細紹介ページ
http://www.marketreport.jp/Industrial-Insulation-Market-Form-Pipe-CH7181-22

※その他、MarketsandMarkets社調査・発行の市場調査資料リスト
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets
https://www.marketreport.jp/marketsandmarkets-reports-list
(H&Iグローバルリサーチ(株)はMarketsandMarkets社の日本での販売代理店です。MarketsandMarkets社発行の全てのレポートを取り扱っています。)

***** H&Iグローバルリサーチ(株)会社概要 *****
・本社所在地:〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12
・TEL:03-6555-2340 FAX:03-6869-4083 E-mail:info@globalresearch.co.jp
・事業内容:市場調査レポート販売、委託調査サービス、情報コンテンツ企画、経営コンサルティング
・ウェブサイト:https://www.marketreport.jp

***** 本件に関するお問い合わせ先 *****
・H&Iグローバルリサーチ(株)マーケティング担当
・TEL:03-6555-2340、E-mail:info@globalresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
H&Iグローバルリサーチ株式会社(エイチアンドアイグローバルリサーチカブシキガイシャ)
代表者
木村 哲也(キムラ テツヤ)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川1-6-12 
TEL
03-6555-2340
業種
リサーチ
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
https://www.marketreport.jp

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.