2022年12月07日 14:30

「世界の炭化ホウ素市場2022年-2031年:形態別(粉体、粒体、ペースト)、グレード別(研磨材、セラミック、耐火物、原子力、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月7日
株式会社マーケットリサーチセンタ-

株式会社マーケットリサーチセンタ-(本社:東京都港区、世界の市場調査資料販売)では、「世界の炭化ホウ素市場2022年-2031年:形態別(粉体、粒体、ペースト)、グレード別(研磨材、セラミック、耐火物、原子力、その他)」調査資料の販売を2022年12月7日に開始いたしました。炭化ホウ素市場規模、動向、予測、関連企業の情報などが盛り込まれています。

■レポ-トの種類:グロ-バル市場調査レポ-ト
■レポ-トのタイトル:世界の炭化ホウ素市場2022年-2031年:形態別(粉体、粒体、ペースト)、グレード別(研磨材、セラミック、耐火物、原子力、その他)
■英文タイトル:Boron Carbide Market (Form: Powder, Grain, and Paste; and Grade: Abrasive, Ceramic, Refractory, Nuclear, and Others) - Global Industry Analysis, Size, Share, Growth, Trends, and Forecast, 2022-2031
■発刊日:2022年12月5日
■出版社:Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)
■レポ-ト形態:PDF(Eメ-ルによる納品)

■主な掲載内容
炭化ホウ素は、現存するセラミック材料の中で最も硬い材料の一つで、硬度と耐磨耗性がこの材料の主な特徴です。炭化ホウ素は、その極めて高い硬度、高い弾性率、低密度により、弾道防具や防弾チョッキの製造に使用されています。硬度によって優れた保護性能を発揮する一方、軽量性によって弾道防具の機動性を最大化することができます。炭化ホウ素は、中性子遮蔽材として使用されています。中性子遮蔽材にホウ素を添加することにより、放射性捕獲による二次ガンマ線の発生による線量を低減することができます。

アドバンストセラミックスは、比較的軽量で、弾道規模の衝撃に対しても高性能であるため、現代の装甲システムに広く使用されています。セラミックスは、装甲車の製造や個人用装甲に採用されており、装甲の高い硬度と圧縮強度が弾丸の貫通を制限するのに役立っています。炭化ホウ素の板は、地上からの小銃の攻撃から身を守るためにヘリコプターの座席に使用されています。
炭化ホウ素は、高融点、高硬度、低密度、熱安定性、耐薬品性、中性子吸収能などの特性を備えています。炭化ホウ素から作られたセラミックスは、防弾チョッキや装甲、武装ヘリコプターに使用される防弾材料の理想的な代替材料となります。炭化ホウ素セラミックスは、武装ヘリコプターやその他の航空機に使用され、その伝統的なデザインの向上に役立っています。これらのセラミックスは、地上からの砲弾攻撃に効果的に抵抗します。したがって、炭化ホウ素製装甲の需要の増加と航空宇宙および防衛分野への投資の増加は、今後数年間で炭化ホウ素市場に有利な成長機会を提供する可能性が高いです。

炭化ホウ素は、低コストや優れた熱安定性など、原子力産業で使用される際にさまざまな利点をもたらします。また、耐食性、放射性同位元素の生成なし、二次線のエネルギーが低いなどの利点もあります。炭化ホウ素は、ウランの核分裂反応によって発生する中性子を吸収することができます。
原子力発電への投資の増加は、原子炉の遮蔽材やその他の遮蔽システムの需要を促進し、炭化ホウ素市場の進展を促すと予想されます。原子炉の遮蔽材料は、機械的特性や耐熱性、耐放射線性など、さまざまな要件を満たせないことが多く、中性子吸収材(制御棒、調整棒、事故棒、安全棒)は、燃料に次ぐ重要な機能要素です。炭化ホウ素は原料資源が豊富で、価格も安い。また、炭化ホウ素の中性子吸収断面積は高いです。

最新の炭化ホウ素市場動向によると、研磨材グレードのセグメントが予測期間中にCAGR5.2%で最大のシェアを占めると予想されています。炭化ホウ素砥粒粉末は、高い表面品質を実現します。これらの粉末は、超音波ドリル加工、ワイヤーソーイング、ラッピングにおいて高い除去率を可能にします。これは、炭化ケイ素、炭化タングステン、炭化チタンと比較して、炭化ホウ素の硬度が高いことに起因しています。炭化ホウ素は、炭化タングステンやアルミナ、ジルコニア、炭化ケイ素などのテクニカルセラミックスなどの耐摩耗材料の加工に優れています。

炭化ホウ素市場統計によると、2021年の金額ベースでアジア太平洋地域が47.3%のシェアを占めています。予測期間中もその優位性を維持すると予測されます。防衛および航空宇宙産業における炭化ホウ素プレートの使用量の増加とこれらの産業における拡大が、同地域の市場を牽引しています。
2021年の市場シェアは、北米が19.1%で、米国における防衛分野への投資の急増が、同地域の市場拡大を後押ししています。2021年の市場シェアは、中南米が4.6%、中東・アフリカが3.6%となっています。予測期間中、これらの地域では市場の発展は緩やかなものになると思われます。

■レポートの詳細内容はこちら
https://www.marketresearch.co.jp/data1/boron-carbide-market-form-powder-grain-and-paste-and-grade-abrasive-ceramic/

■レポートに関するお問い合わせ・お申込みはこちら
https://www.marketresearch.co.jp/contacts/

■調査会社Transparency Market Research(トランスペアレンシーマーケットリサ-チ)について
https://www.marketresearch.co.jp/Transparency-Market-Research/
株式会社マーケットリサーチセンタ-はTransparency Market Researchの日本での正規販売代理店です。

■株式会社マーケットリサーチセンタ-について
https://www.marketresearch.co.jp/
主な事業内容:市場調査レポ-ト販売、市場調査サ-ビス提供
本社住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-18-21
TEL:03-6161-6097 FAX:03-6869-4797
マ-ケティング担当 marketing@marketresearch.co.jp

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社マーケットリサーチセンター(カブシキガイシャマーケットリサーチセンター)
代表者
林 みのり(ハヤシ ミノリ)
所在地
〒105-0004
東京都港区新橋1-18-21 
TEL
03-6161-6097
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.marketresearch.co.jp

株式会社マーケットリサーチセンターの最新プレスリリース

2022年12月29日 15:30
「世界の自律走行搬送ロボット(AMR)市場2022年-2031年:提供形態別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、種類別(コンベア、昇降)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 14:30
「世界のバイオマスボイラー市場2022年-2031年:原料別(木質バイオマス、都市残渣、バイオガス&エネルギー作物、農林産物)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月29日 11:30
「世界の集積型受動素子(IPD)市場2022年-2031年:受動素子別(バラン、フィルタ、カプラ、ダイプレクサ、レゾネータ、その他)、基板別」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 15:30
「世界の持続可能な(サステナブル)包装材市場2022年-2031年:材質別(紙&板紙、プラスチック、金属、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました
2022年12月28日 14:30
「世界の電動歯ブラシ市場2022年-2031年:種類別(平型、先鋭型)、用途別(治療用研磨、歯冠/美容用研磨、その他)」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.