国際金融フォーラム(IFF)

2022年12月06日 13:30

国際金融フォーラム(IFF)2022年次総会が中国の広州市で始まる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界の指導者は、IFF年次総会において世界的な課題に取り組みために、開かれた、実際的な協力を求めています

中国、広州市2022年12月6日/PRNewswire/ -- 「絶え間なく変わる世界:共有された未来の再形成」がテーマの国際金融フォーラム(IFF)2022年次総会は、2022年12月2日から4日まで、広州市でオンラインで開かれています。

開会式で挨拶をしたゲストには、IFFの共同議長であり、国際連合総会(UNCPGA)議長であった韓昇洙(ハン・スンス)氏、国際連合事務総長のアントニオ・グテーレス氏、国際通貨基金(IMF)の専務理事のクリスタリナ・ゲオルギエバ氏、シンガポール上級大臣のターマン・シャンムガラトナム氏、アメリカ合衆国代財務長官であったヘンリー・ポールソン氏、中国人民政治協商会議副主席であるカ・コウカ氏、およびIFF年次総会議長である周 小川(シュウ・ショウセン)が含まれています。

広東省の副省長であるチョウ ・キン氏と広州市の市長であるグゥオ・ヨンカン氏もまた、このイベントで話しました。

グテーレス氏は、気候変動対策への融資には、普遍的な社会保障、働きがいのある人間らしい仕事の創造、新しい経済のための技能の再習得プログラムを含む、公正な移行への融資と連携する必要があると言いました。

ゲストは、世界が直面する大きな世界規模の課題に取り組むために、開かれた、実際的な協力を求めました。

広州市の市政およびIFFにより共催された年次総会は、外交政策の危機、気候危機、グリーンファイナンス、中国経済の見通しを含む、あらゆる世界規模の問題を議論するために主要の国際機関、世界の指導者、そして企業の幹部を呼び集めました。

ゲオルギエバ氏は、景気回復を維持し、バランスを保つために、経済的影響を軽減するようコロナ政策をさらに修正することを中国に求めました。

副省長のチョウ氏は、広州市は現在大湾区における改革を進化させ、協力を切り開き、促進させることを含む、世界的な金融業界の持続可能な開発に貢献していると言いました。

3日間のイベントにおいて、産業専門家、世界の指導者、経済学者、および学者が中国経済、国際協力、グローバル金融ガバナンス、グリーンへの移行、カーボンプライシング、グローバルな供給およびサプライチェーンについて話し合います。

国際金融フォーラム(IFF)について

国際金融フォーラム(IFF)は、および国際連合、世界銀行、国際通貨基金を含む、多くの国際機関のリーダー、そして新興経済国と協力し、中国、アメリカ、EU、およびその他のG20諸国の指導者により2003年10月に創立された非営利、非公式の独立した国際機関です。ファイナンス20(F20)としても知られるIFFはまた、金融界におけるハイレベルの恒久的な対話メカニズムであり、多国間協力機関です。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
国際金融フォーラム(IFF)

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.