2022年12月07日 10:00

マイニングオートメーションの市場規模、2027年に42億米ドル到達予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「マイニングオートメーション(鉱業自動化)の世界市場:提供別(鉱山機械(自律型運搬/鉱業用トラック、自律型掘削リグ)、ソフトウェア(遠隔操作・監視システム)、通信システム)、技術別、ワークフロー別、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を12月6日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1153504-mining-automation-market-by-offering-equipment.html

マイニングオートメーションの市場規模は、2022年の31億米ドルからCAGR6.3%で成長し、2027年には42億米ドルに達すると予測されています。同市場の成長は、海外投資を誘致しマイニングオートメーションを推進する政府のイニシアティブの増加や、IoTやAIなどのテクノロジーと各種マイニングオートメーション機器やソフトウェアとの統合の増加、世界の鉱業のデジタル変革の進展などによるものです。金属、鉱物、石炭、鉱石など、さまざまなプロセス産業やディスクリート産業における需要の増加も、マイニングオートメーション市場の成長に寄与する大きな要因です。

鉱山機械が最大シェアを占め、通信システムは最高の成長率を記録

自律走行式運搬トラックなどの採掘機器は、独自の無線ネットワークを持ち、トラックから生成されたデータを送信して遠隔状態の監視に役立てることができます。また、ワイヤレスネットワークは、目標コース、速度、ダンピングスポットに関するコマンドを監視制御装置から受信するために使用されます。トンネル掘削機(TBM)、トンネル掘削ジャンボ、ロードヘッダーなどの最新のトンネル掘削機器の導入により、鉱山会社の作業は容易かつ経済的になりました。2027年までの間、通信システムが最も高い成長率を示すと予想されます。無線通信システムは、頑丈で設置が簡単、メンテナンスコストが低いことから、鉱山会社での導入が進んでいます。

地下採掘技術が圧倒的なシェアを占める

地下採掘技術の最も一般的なタイプには、部屋と柱の採掘、カットアンドフィル停止、長壁採掘、シャフト採掘、斜面採掘などがあります。自動車、建設、石油・ガス、エネルギー・電力などの多くのエンドユーザー産業では、金属、鉱物、石炭、鉱石などの用途に対する需要が高まっており、その結果、世界中で地下採掘活動が行われています。また、地下採掘は、地表採掘に比べて、崩壊、有毒ガスの放出、適切な換気の欠如などの潜在的な危険性があることから、地下採掘活動用の自動採掘装置に対する需要が高まっています。

アジア太平洋地域が最大シェアを占める

アジア太平洋地域の人口密集と一人当たり所得の増加は、大規模な工業化と都市化とともに、この地域のプロセス産業とディスクリート産業の成長を促進しており、それが金属、石炭、鉱物、鉱石などの需要を促進しています。このような金属や鉱石に対する需要の高まりが、アジア太平洋地域のマイニングオートメーション市場を牽引しています。ベトナムでは、国内外における鉱物の需要が堅調に推移しています。さらに、この地域の支持的な政策の枠組みが、鉱業オートメーション市場の成長を促進しています。例えば、過去10年間、インドネシア政府は新しい鉱業規制体制の詳細を開発し続け、同国の鉱業部門の可能性を高めるために新しい法律を取り入れました。一方、その他の地域は2027年までの間、最も高い成長を記録すると予測されています。その他の地域は、南米と中東・アフリカで構成されています。南米の主な鉱業国には、ボリビア、ペルー、チリ、その他、アルゼンチン、ブラジルなどがあります。鉱業は南米地域で最も生産性の高い分野の1つであり、南米諸国のGDPに大きな割合を占めています。世界の鉄鉱石埋蔵量の約5分の1は南米にあり、主な埋蔵地はブラジルとベネズエラと言われています。同様に、非鉄金属も南米に豊富に存在しており、鉱山会社は投資を増やし、採掘作業に高度な自動化技術を導入し始めています。また、ボリビアでも、新しい鉱業政策により、各鉱山会社はジョイントベンチャーやリース契約によって鉱山部門に参入することができるようになりました。外国からの投資を許可することで、ボリビア鉱業の成長は大幅に改善されました。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1153504-mining-automation-market-by-offering-equipment.html

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社グローバルインフォメーション(グローバルインフォメーション)
代表者
小野悟(オノサトル)
所在地
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
TEL
044-952-0102
業種
その他
上場先
東証スタンダード
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.gii.co.jp/
IR情報
https://corporate.gii.co.jp/ir/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.