国際金融フォーラム(IFF)

2022年12月07日 11:00

IFF年次総会は、金融安定化のための推奨事項と世界のインフレの詳細な分析を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年12月7日、中国、広州、/PRNewswire/ -- 12月2日に国際金融フォーラム(IFF)2022年次総会が広州市で開かれました。IFF年次総会において、金融の専門家らは、金融システムが直面している問題の主要な課題に取り組み、解決策を提案しました。

華安資産管理(香港)有限公司(HuaAn Fund Management)のCEO、Zhang Xiaoling氏は、インフレはIFF年次総会の座談会で深刻な問題となってはいますが、現在の世界的な金融システムは堅固なものであると述べています。

短期的には世界的な経済危機はない

新たに発表されたIFF 2022グローバル金融開発報告書には、世界中の中央銀行が金融政策を強化していますが、インフレは2023年まで続き、国際金融状況の厳格化により、より多くの新興経済国が債務処理に困難を抱える可能性があると記載されています。しかし、出席者のほとんどは、世界の金融システムに対する短期の体系的な脅威は起こらないと考えています。

現在のインフレ環境がリスクと課題を生み出している

IFFのバイスプレジデント、モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)のバイスチェアマン、イタリアの元経済財務大臣のドメニコ・シニスカコ氏は、世界のサプライチェーンは地政学的要因によって損なわれており、地域の成長の鈍化と保護主義または孤立主義経済の傾向がインフレを悪化させていると述べました。さたにリスク管理は中央銀行がしっかりと遂行する必要があると付け加えました。

ブラックロック(BlackRock)の元マネージングディレクターであるヘニー・センダー氏は、財政政策が金融安定に不可欠であり、政府の利上げの波及効果が世界的に課題をもたらしていると述べました。

Midas AssetのChang Soon - Young会長は、インフレの上昇により、多くの国で企業が人材を維持することが困難になると述べています。インフレ圧力により、ベンチャーキャピタリストやプライベートエクイティ企業はますます慎重になり、資金調達コストの上昇により新しい資金源を見つけることが優先事項となっています。

中国の慣行が、世界中の企業の模範となる可能性

2013年から2021年にかけて、中国の世界経済成長への貢献度は平均38.6%でした。今年1月から9月にかけて、中国のインフレ率は2%になりました。IFFの周漢民副主席によると、農業収穫量が良好であったこと、およびエネルギー価格が安定していたことが理由で、中国は高い成長率と低いインフレ率を維持することができました。中国は世界経済の安定のための優れた手本となっています。

さらに、参加者らは、世界的な協力の重要性を強調しました。周漢民は、世界的な協力はすべての人々に利益をもたらすと述べました。

国際金融フォーラム(International Finance Forum 英文略称、IFF)について

国際金融フォーラム(International Finance Forum 英文略称、IFF)は、2003年10月に中国、米国、EU、およびその他のG 20諸国の指導者によって、新興経済圏および国連、世界銀行、IMFを含む複数の国際機関の指導者と協力して設立された非営利、非公式の独立国際機関です。Finance 20(F20)とも呼ばれるIFFは、財政の世界におけるハイレベルな恒久的な対話のためのメカニズムおよび多国間協力組織でもあります。

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
国際金融フォーラム(IFF)

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.