Universal Digital Payments Network (UDPN)

2023年01月26日 09:30

複数の中央銀行デジタル通貨と規制対象のステーブルコインにまたがるシームレスなデジタル決済をサポートするユニバーサル・デジタル・ペイメント・ネットワーク(UDPN)を立ち上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダボス、スイス, 2023年1月25日 /PRNewswire/ -- 世界経済フォーラム期間中のダボス会議で発表されたユニバーサル・デジタル・ペイメント・ネットワーク(UDPN)は、DLTを活用したメッセージングバックボーンであり、急速に増加している様々な規制対象のステーブルコインとCBDC間の相互運用性と、あらゆるビジネスITシステムと規制対象のデジタル通貨間のシームレスな接続を提供することに焦点を当てています。ダボス会議では、世界有数の金融機関であるドイツ銀行、HSBC、スタンダードチャータード銀行、東亜銀行、Akbankの代表者が、急速に発展するデジタル通貨の世界、相互運用性の重要性、そしてこれらの発展を支えるインフラの必要性について議論しました。



UDPNは、デジタル決済のコストを押し下げ、銀行やあらゆる規模の企業による普及を加速させる可能性を持っています。

UDPNは開発に2年以上を要した先進的なデジタル通貨決済プロジェクトで、これまでにいくつかの重要なマイルストーンを達成しており、昨年7月にはUDPNサンドボックスが開始され、複数の銀行がステーブルコインの送金とスワップ(FX)取引のテストを積極的に行っています。今月行われる一連のユースケースPOCには、多くのグローバルなTier 1銀行が参加し、デジタル通貨を日常業務、銀行業務、決済シナリオに統合する際の現在および将来の課題を、UDPNがどのように解決するかを実証する予定です。最初の2つのPOCには、2つのグローバル銀行がUDPNのデジタル通貨の国境を越えた送金とスワップ取引の機能をテストすることが含まれ、また、重要な「トラベルルール」が匿名のステーブルコインの送金のために2つの金融機関間のUDPNで簡単に実装できる方法もテストされます。

こちらのネットワークは、グローバルなITエンジニアリングとソリューションプロバイダであるGFT 、分散型クラウドインフラストラクチャの企業であるRed Date Technology、DLA Piperと共同で提供されたデジタル資産作成エンジンである TOKO の貢献によって開発されました。

GFTのCEOであるMarika Lulayは、「UDPNの目的は、ステーブルコインの法定通貨と規制されたプロトコルとの相互運用性を実現し、既存の決済システムに代わる可能性を調査することです。」と述べています。「分散型アプローチと参加企業の地理的広がり、そしてこれらのトライアルに導入された高度な技術的ソリューションが、このネットワークを際立たせています。」

UDPNサンドボックスの検討、UDPNを活用した実証実験への参加、またはUDPNアライアンス自体への参加にご興味のある方は、UDPN公式サイト( https://www.udpn.io )、または当社(contact@udpn.io )までご連絡ください。

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1988864/UDPN_Logo.jpg?p=medium600
メディアへのお問い合わせ: media@udpn.io

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
Universal Digital Payments Network (UDPN)

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.