2011年01月24日 14:00

【矢野経済研究所】日本とオランダにおける植物工場に関する調査結果 2010を発表~世界最先端のオランダ式植物工場の事例をもとに、日本の植物工場の未来を探る~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

矢野経済研究所では、次の要綱にてオランダ及び日本の植物工場市場について調査を実施いたしました。

1.調査期間:2009年12月~2010年12月
2.調査対象:オランダ植物工場関連企業・研究機関及び日本国内有力植物工場及び関連企業   
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、および文献調査併用

<本調査における植物工場市場とは>
植物工場は、施設内の光、温湿度、二酸化炭素濃度、培養液などの環境を人工的に制御し、周年・計画生産を行うことができる施設である。植物工場には完全密閉された空間で人工光を利用する完全人工光型植物工場と、施設内で太陽光を利用しながら人工光で補光する太陽光・人工光併用型植物工場、また人工光を導入していない太陽光利用型植物工場がある。本調査における日本の植物工場については完全人工光型、太陽光・人工光併用型、太陽光利用型とし、オランダについては太陽光・人工光併用型、太陽光利用型を対象とする。


オランダの植物工場は高度化されたガラス温室などの大規模施設にて周年計画生産を行い、高い生産技術や生産性を実現している。生産する食用野菜は主にトマト、パプリカ、きゅうりで、この3品種で全体の90%を占める。
同国の植物工場では産業クラスター化や工場の地域集約型が進んでおり、安いイニシャルコスト&ランニングコスト、工場の大規模化や自動化・高度化設備の導入、大学を含む国内研究機関と工場運営者間の情報共有・ネットワーク化、生産者である工場運営者と販売を担う流通企業間における役割分担の明確化など、多くの面で日本とは異なる点が多い。トマトの生産性では日本の3倍近い収量を誇っている。
日本の植物工場における2009年度の市場規模(食用野菜の出荷金額ベース)は138.62億円であった。完全人工光型、太陽光・人工光併用型、太陽光利用型のいずれも全体的には右肩上がりで推移し、2015年度に310億円、2020年度に640億円と比較的順調に拡大していくと予測する。


無断転載禁止
詳細プレスリリースは以下をご参照ください。
■YRIマーケットNow!
http://www.yano.co.jp/press/press.php/000737
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒YRIマーケットNow! の内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 営業本部 広報宣伝グループ
  https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 営業本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社矢野経済研究所(カブシキガイシャヤノケイザイケンキュウジョ)
代表者
水越 孝(ミズコシ タカシ)
所在地
〒164-8620
東京都中野区本町2-46-2 中野坂上セントラルビル
TEL
03-5371-6900
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
http://www.yano.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.