2013年09月10日 13:00

2013年9月10日発売『ソーシャルデザイン実践ガイド』地域の課題を解決する7つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『地域の課題に、市民の創造力を』を合言葉に、全国各地の地域の課題解決のプロジェクトを多数実施してきたissue+design。そのソーシャルデザインの実践的方法論が本になりました(2013年9月10日発売)。いま注目の課題解決手法である「ソーシャルデザイン」。人口減少、地域産業、育児、災害など、地域の抱える様々な課題を市民の創造力で解決する方法を、7つのステップと6つの事例で分かりやすく解説。

『地域の課題に、市民の創造力を』を合言葉に、全国各地の地域の課題解決のプロジェクトを多数実施してきたissue+design。そのソーシャルデザインの実践的方法論が本になりました。

いま注目の課題解決手法である「ソーシャルデザイン」。

人口減少、高齢化、地域産業、育児、コミュニティ、災害など、地域の抱える様々な課題を市民の創造力で解決する方法を、7つのステップと6つの事例で分かりやすく解説しています。

■地域の課題を解決する7つのステップ
本書では、ソーシャルデザインを「森の中に道をつくる活動」と定義し、実践的な内容を以下の7つの
ステップに取りまとめています。


1.【森を知る】森の中を歩き、先人の知恵を学び、森の全容を理解する
2.【声を聞く】森の住民、管理者、活動家の声を聞き、課題を自分ごとにする
3.【地図を描く】自分の目と耳と足で手に入れた情報を手掛かりにし、森の全容を地図にする
4.【立地を選ぶ】どこに道をつくるべきか、選択・決定する
5.【仲間をつくる】住民や専門家など、道づくりに協力してくれる仲間を集める
6.【道を構想する】どんな道をつくるべきかというアイディアをみんなで多数出し、検証し、具体化する
7.【道をつくる】仲間とともにみんなで道をつくる。どんどん改良し、必要なものを加えていく

社会が抱える課題の森を探り、課題を整理して突破口を見出し、その解決に必要な道を拓く「ソーシャルデザイン」活動を、さまざまな活動で得た経験をもとに体系化しました。


■ソーシャルデザイン6つの実践例
本書後半では、実際に取り組んできた6つの事例を紹介しています。

1.【できますゼッケン】兵庫県神戸市、宮城県、岩手県三陸沿岸
2.【ストレスマウンテン】兵庫県神戸市
3.【日本の母子手帳を変えよう】全国
4.【コミュニティトラベルガイド】福井県福井市他
5.【日本婚活会議】群馬県嬬恋村他
6.【認知症+ARTワークショップ】熊本県熊本市

多岐にわたった課題解決策の事例を紹介し、「社会課題」や「アイディア」「ポイント」をわかりやすく取りまとめました。

本書の出版を通じ、社会に問題意識を持って活動している、活動したいと思っているさまざまな方々に、実践的な方法論とツールを提供できれば幸いです。


■著者について

筧 裕介(issue+design代表 / 株式会社博報堂)

1975年生まれ。東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。2008年山崎亮氏他とissue+designを設立。以降、東日本震災支援ツール「できますゼッケン」、人との出会いを楽しむ旅のガイド「Community TravelGuide」など、ソーシャルデザイン領域の研究、実践に取り組む。共著書に『地域を変えるデザイン』他。グッドデザイン・フロンティアデザイン賞、竹尾デザイン賞他受賞。

■問い合わせ先

issue+design「ソーシャルデザイン実践ガイド」広報デスク 担当:筧、白木
TEL : 03-6441-7752 E-Mail :info@issueplusdesign.jp HP:http://issueplusdesign.jp




  • 地域情報、地方自治

添付資料

会社概要

商号
特定非営利活動法人イシュープラスデザイン(トクテイヒエイリカツドウホウジンイシュープラスデザイン)
代表者
筧 裕介(カケイ ユウスケ)
所在地
〒107-6322
東京都港区赤坂5-3-1 赤坂Bizタワー 11F 1107C i+d
TEL
03-6441-7752
業種
デザイン・イベント
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://issueplusdesign.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.