2018年07月26日 13:00

【矢野経済研究所プレスリリース】セルロースナノファイバー市場に関する調査を実施(2018年)-2017年の国内CNF市場は出荷数量が20t、出荷金額が4億円-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)では、2018年のセルロースナノファイバー(CNF)市場を調査し、市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。

2017年の国内CNF市場は出荷数量が20t、出荷金額が4億円
~CNFの開発テーマは素材開発から用途開拓へとシフト、「どこの」「何に」「どう」使うのか?~

1.調査期間: 2018年4月~6月
2.調査対象: セルロースナノファイバーメーカー(製紙メーカー、化学メーカー等)
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面接取材をベースに、文献調査併用
4.発刊日:2018年6月29日

〈セルロースナノファイバーとは〉
セルロースナノファイバー(Cellulose Nano Fiber、以下CNF)は、パルプあるいは木材チップに含まれるセルロース繊維をナノサイズまで解繊したもの。植物に含まれるセルロース繊維からCNFを取り出す手法としては、(1)触媒や酸などでセルロース分子鎖の水素結合を緩めてからミキサーなどにかける化学的解繊法、(2)原料をホモジナイザーなどの機械に投入、機械の力で微細化する機械的解繊法、(3)セルロースを分散させた液体(懸濁液)を高速で衝突させ、水の運動エネルギーと衝突の衝撃で解繊する水衝突解繊法の3つに大別され、CNFも3つのタイプに分けられる。

プレスリリースの詳細は以下をご参照ください。

■プレスリリース
http://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1938
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/
  • 科学、技術研究、環境

会社概要

商号
株式会社矢野経済研究所(カブシキガイシャヤノケイザイケンキュウジョ)
代表者
水越 孝(ミズコシ タカシ)
所在地
〒164-8620
東京都中野区本町2-46-2 中野坂上セントラルビル
TEL
03-5371-6900
業種
コンサルティング・シンクタンク
上場先
未上場
会社HP
https://www.yano.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.