2020年08月18日 10:00

アクロニスとヘンドリック・モータースポーツが2023年まで提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイバープロテクションのリーダーが2020年、カーナンバー88のチームとパートナーシップを締結

※本リリースは2020年8月12日にノースカロライナ州コンコードで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは、NASCARカップシリーズを12回制覇した記録を持つヘンドリック・モータースポーツと、2023年6月までのマーケティングおよび技術面での提携関係を結びました。

2020年にアクロニスは、アレックス・ボウマン(Alex Bowman)選手が運転するカーナンバー88、シボレーカマロZL1 1LEにおいて、3回のレースの主要パートナーとして取り上げられます。この車体は、8月22日~23日の週末にドーバー・インターナショナル・スピードウェイで行われるダブルヘッダーと、10月25日にテキサス・モーター・スピードウェイで行われるプレーオフレースに登場します。

ヘンドリック・モータースポーツのオフィシャル・サイバープロテクション・パートナーとして、アクロニスはさらに同チームの4台すべての重要なアソシエイトパートナーとなります。2021年のNASCARカップシリーズシーズンより、ヘンドリック・モータースポーツのすべてのレースカー、ユニフォーム、設備にアクロニスのロゴが掲出されることになります。

アクロニスの創設者で経営責任者のセルゲイ・ベロウゾフ(Serguei Beloussov)は、アクロニスのテクノロジーがヘンドリック・モータースポーツのサイバープロテクションのニーズに最適であると強く信じ、次のように述べています。「データの消失に伴うリスクは、新たなデータが生成されるごとに日に日に増しています。さらに新型コロナウイルスのパンデミックによって、リモートワークの環境管理や保護といった新たな問題も生じています。ヘンドリック・モータースポーツはこうしたリスクをよく理解しており、われわれの関係によってチームがさらに #CyberFit になることは確実だと考えます。トラック上でもトラック外でも、運用効率の向上に役立つことは間違いありません」

アクロニスは、安全性、アクセシビリティ、プライバシー、真正性、そしてセキュリティ(SAPAS)の課題を解決し、サイバープロテクションで世界をけん引しています。ヘンドリック・モータースポーツは、アクロニスの業界をリードするソリューションを活用して、レースの運用と、すべてのデータ、アプリケーション、およびシステムのサイバープロテクション、セキュリティ、バックアップ、ランサムウェア対策、およびディザスタリカバリを含む、全体的なテクノロジー機能を強化します。そのようなソリューションの1つがAcronis Cyber Protectであり、AIを駆使したアンチマルウェアのほか、高速で信頼性の高いバックアップおよび復元機能を、使いやすい単一の管理コンソールから利用できます。

ヘンドリック・モータースポーツのプレジデントを務めるマーシャル・カールソン(Marshall Carlson)氏は、次のように述べています。「今日の環境では、サイバープロテクションはあらゆる企業にとって優先事項です。私たちは多くの面でテクノロジーを運用しているため、アクロニスのような業界のリーダーとパートナーを組む機会はとても理にかなっています。われわれのチームは、アクロニスと協力し、同社の強力な製品やサービスを宣伝するとともに、それらの製品サービスを自分たちのビジネス、つまりNASCARのレースで勝利を収めるために活用できることについても、楽しみにしています」

27歳のボウマン選手は、NASCARカップシリーズでまた1シーズン、プレーオフに参加します。アリゾナ州ツーソン出身のボウマン選手は、3月1日にオートクラブ・スピードウェイで勝利を収め、3回連続のポストシーズン出場権を獲得しました。現在、ボウマン選手はプレーオフポイントで8位に就くことが見込まれており、2020年では36レース中、22レースでラップの個人ベストを記録しました。

ボウマン選手は、次のように述べています。「アクロニスを代表するのが楽しみです。今シーズンはこれまで好調で、ドーバーとテキサスのトラックは、われわれのチームと相性が非常にいいです。ナンバー88のシボレーを先頭に立たせ、アクロニスをヘンドリック・モータースポーツの一員として正しく迎え入れるために、全力を尽くします」

アクロニスは、スポーツ界において強い存在感を発揮しています。NFL、英国プレミアリーグ、メジャーリーグ野球、そしてNASCAR、F1、フォーミュラE、インディカーなどのさまざまな自動車レースなどの種目で、チームパートナーシップを結んでいます。

アクロニスについて
アクロニスは、データ保護とサイバーセキュリティが一体となった統合型の自動サイバープロテクションにより、安全性、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)に関連する現代のデジタル社会の課題を解決します。サービスプロバイダーとIT専門家の要求に応える柔軟なデプロイメントモデルと、次世代型の画期的なアンチウイルス、バックアップ、ディザスタリカバリ、エンドポイント保護管理ソリューションによって、データ、アプリケーション、システムに対して上質のサイバープロテクションを提供します。受賞歴のあるAIベースのアンチマルウェアテクノロジーとブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーにより、クラウドからハイブリッド、さらにはオンプレミスまで、あらゆる環境を予測可能かつ低いコストで保護します。

2003年にシンガポールで設立され、2008年にスイスで法人化されたアクロニスは、現在18か国の33の拠点で1,500人を超える従業員を抱えています。アクロニスのソリューションは、550万人以上のホームユーザーと50万社以上の企業の信頼を得ており、この企業にはFortune 1000選出企業のすべてと一流プロスポーツチームが含まれています。アクロニスの製品は150か国以上の5万社のパートナーおよびサービスプロバイダー経由で提供され、40以上の言語でご利用いただけます。

ヘンドリック・モータースポーツについて
1984年、リック・ヘンドリック(Rick Hendrick)氏によって創設されたヘンドリック・モータースポーツは、ポイント制レースで258の勝利を収め、最上位のNASCARカップシリーズにおいて、12回のオーナーチャンピオンシップ制覇という記録を保持しています。カップサーキットでは4つのフルタイムのシボレーチームを揃えており、チェイス・エリオット(Chase Elliott)選手、ウィリアム・バイロン(William Byron)選手、ジミー・ジョンソン(Jimmie Johnson)選手とアレックス・ボウマン選手を擁しています。ノースカロライナ州コンコードに本拠を置くヘンドリック・モータースポーツには、600名を超える従業員が在籍しています。詳細については、HendrickMotorsports.comにアクセスするか、Twitter、Facebook、および Instagramのページをご覧ください。

Acronis(R)は米国、およびその他の国におけるAcronis International GmbHの登録商標です。
ここに記載されるその他すべての製品名および登録/未登録商標は、識別のみを目的としており、その所有権は各社にあります。
  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

  • アクロニス、ヘンドリック・モータースポーツ

会社概要

商号
アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス・ジャパンカブシキガイシャ)
代表者
嘉規 邦伸(カキ クニノブ)
所在地
〒106-6108
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー8F
TEL
03-4572-2525
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
https://www.acronis.com/ja-jp/
公式ブログ
http://blog.acronis.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.