2023年06月09日 09:00

SSDのクローン(clone)作成とは?概要ややり方をわかりやすく解説|4DDiG Partition Manager2.0.9が登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
使っているパソコンの動作が遅かったり、ディスク容量が少なくなっていませんか?
SSDクローンを作成することにより快適な作業環境を作ることができるかもしれません。
この記事ではSSDクローンの概要やクローンのやり方をわかりやすく解説します。

Tenorshare Co., Ltd.は、2023年6月8日(木)に4DDiG Partition Managerの最新バージョン2.0.9に更新しました。4DDiG Partition Managerを使用して、簡単にHDDのクローンを作成できます。

4DDiG Partition Managerの公式HP:https://reurl.cc/zYZ9m7
4DDiG Partition Managerを今すぐゲット:https://reurl.cc/r5D78E
更新点:SSDクローンの機能を追加


Part1:SSDの「クローン」とは?
そもそもSSDの「クローン」とは何でしょうか?クローンは複製という意味です。すなわち、今、お使いのシステムを丸ごとSSDに複製することです。

Part2:SSDのクローンを作成するメリット(目的)
SSDのクローンを作成することにより多くのメリットを受けることができます。ここでは代表的な4つのメリットについて解説します。

1.パソコンの動作を向上させる
例えば、あなたがHDDを利用している場合、SSDクローン作成によりシステムをHDDからSSDに移行するだけでパソコンの動作を向上させることができます。これは、SSDがHDDに比べてディスクの読み書きのスピードが、かなり高速であるためです。またシステムの起動時間を短くすることも可能です。

2.データの消失を防げる
SSDクローン作成では、お使いのシステムを丸ごとターゲットのディスクにクローンすることができます。お使いのシステムが古くてディスクが故障しかかっているとしてもSSDクローンすることによりシステム全体がターゲットのディスクに丸ごとコピーできますので、ディスク故障によるデータの消失を防ぐことができます。また、手動でコピーを行った場合にはミスによりデータが消失する可能性がありますが適切なソフトウェアを利用すれば、これを防ぐことができます。

3.空き容量を増やす
例えば全体容量が100GバイトのHDDを利用していて、その空き容量が少なくなっている場合を考えましょう。500GバイトのSSDを購入して、それに既存HDD内のシステムをクローンすることができれば単純に移行後のシステムでは空き容量が増えることになります。

4.新しいHDDやSSDに交換できる
SSDクローン作成を利用することにより最新のHDDやSSDに交換することができます。最新のHDDやSSDであればディスクアクセス機能が向上していたり、容量が大きくなっていることも多いですし、新品であれば故障が発生するリスクも低くなるためメリットが大きいといえます。

Part3:4DDiG Partition Managerを使ってSSDをクローンするやり方
4DDiG Partition Managerは、ソースディスクまたはパーティションから新しいターゲットディスクまたはパーティションにデータを安全かつ迅速にクローン作成できる究極のディスククローン作成ソフトウェアです。このクローン作成機能により、ハードディスクのアップグレード、交換、バックアップが簡単になります。

4DDiG Partition Managerの公式HP:https://reurl.cc/zYZ9m7
4DDiG Partition Managerを今すぐゲット:https://reurl.cc/r5D78E

Step1. 4DDiG Partition Managerをコンピュータにダウンロードしてインストールした後、外部ディスクをコンピュータに接続します。次に、アプリケーションを起動し、「ディスクのクローン」を選択します。
Step2. ソースディスクからクローンデータを受け取るターゲットディスクを選択し、「次に」ボタンをクリックします。 (ターゲットディスクのデフォルトは、コンピュータに接続するディスクです)。
Step3. クローン作成ではターゲットディスク上のすべてのデータが上書きされるため、すべてが正しいことを確認した後、「はい」ボタンをクリックしてください。
次に、複製されたディスクの効果を示すプレビューインターフェイスが表示されます。 プレビューが正しいことを確認したら、「開始」ボタンをクリックしてクローン作成操作を開始します。
Step4. ディスクのクローン作成が完了するまで待ちます。クローン作成の速度は、ソースディスクのサイズによって異なります。 他の操作を実行したり、現在の操作を中断したりせず、しばらくお待ちください。
これで、ソース ディスクからターゲット ディスクにデータのクローンが正常に作成されました。

Part4:クローン後のSSDが起動しない場合の対処法
1.BIOS(UEFI)で起動順位を変更する
既存のHDDがSSDより先に起動されるようになっている等、クローン後のSSDの起動順序が優先となっていないケースがあります。電源投入後にF12ボタンを連打することによりBIOS(UFEI)設定画面が起動しますので設定が可能なので見直してください(注:システムによりボタンは異なる場合があります)

2.SSDのMBRを修復する
システムが起動しない可能性としてはMBR(Master Boot Record)が破損している可能性があります。
MBRにはシステムを起動するための情報が書き込まれているため、ここが破損すると正常に起動することができません。フリーソフトでMBRを修復するものもありますので、それらを利用して修復してください

Part5:まとめ
使用している内蔵SSDのクローンを作成しておけば、OSなどシステム情報を含めたデータや設定を完全に新しいSSDへコピーできます。ストレージを換装した際に、再設定を行わずにパソコンをすぐに使用できて便利です。
クローンを作成してSSDデータの移行を行うことには、さまざまなメリットがあります。現在のパソコンの動作や容量などに問題を感じている場合は、「4DDiG Partition Manager」を利用してSSDにクローンを作成してみてください。

4DDiG Partition Managerの公式HP:https://reurl.cc/zYZ9m7
4DDiG Partition Managerを今すぐゲット:https://reurl.cc/r5D78E

関連記事:
SSD換装 - WindowsでHDDをSSDにクローンする方法:https://reurl.cc/mDomAG
HDDクローンを作成するソフトのおすすめ:https://reurl.cc/o71a63

【Tenorshare 4DDiGについて】
Tenorshare 4DDiGはデータ管理の専門家です。データ復旧、パソコン起動、パーティション管理などのソフトウェアを提供しております。データを復元する以外にも、パーティション管理、クラッシュしたコンピューターからデータを救出する、動画修復等の機能も搭載しています。

公式HP:https://4ddig.tenorshare.com/jp/
Twitter: https://twitter.com/4ddigjp
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UC5G9VIvb5VvnPhijjHAOqew/

※記載内容(リンク先を含む)のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
Tenorshare Co., Ltd.(テンナーシェア)
代表者
Mike Lee(マーク)
所在地
〒511-464
LAT/RM A 20/F KIU FU COMMERCIAL BLDG 301 LOCKHARTROADLAT/RM A 20/F KIU FU COMMERCIAL BLDG 301 LOCKHART ROAD
TEL
0755-26004621
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.tenorshare.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2023 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.