2021年03月18日 14:30

JIG-SAW、米国Snowflakeと技術パートナー提携を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年3月 - JIG-SAWの米国法人JIG-SAW US, INC.(米国サンフランシスコ、以下JIG-SAW US)は、Snowflake(SNOW:NYSE 米国サンマテオ)とIoTアプリケーションにおける技術パートナー提携をいたしました。

低消費電力IoTデバイス及びアルゴリズム提供のリーディングカンパニーJIG-SAWは、IoTマネジメントエンジン「NEQTO」を、Snowflakeのクラウド・プラットフォームに統合するパートナー提携をいたしました。
この統合により、エンタープライズユーザーは、IoTデバイスをダイレクトにSnowflakeのプラットフォームに接続し、データを送り込むことが可能になります。

JIG-SAW USのCEO Tomo Oeのコメント
「今回、JIG-SAWのエンタープライズ・クラウド&IoTパートナー・ネットワークにSnowflakeが参加することにより、より広い範囲でのサービス提供が可能となりました。
Snowflakeのプラットフォームとデータウェアハウスは、多種多様なデータ・セットを取り込むのに必要な機能やスケール可能なアーキテクチャを提供しています。
JIG-SAWのIoTエンジンとの統合は、これらのサービスを活用し、すぐにデータからの洞察を可能にするデータ解析アプリケーションをユーザーに提供することができます。
今後もJIG-SAWのIoTのビジネス基盤は、来るべきデジタルユニバースに向けて、エッジ・クラウドの両面で着々と進化させて参ります。」

現代のコネクテッド・マニュファクチャリングにおいては、価値あるビジネスインサイトを生み出すためには、ERP、PLM、IoTのデータなどを組み合わせる必要があります。
その中には、プロアクティブで予測可能なメンテナンス、製品テスト分析、製造の管理、最適化及び異常検知などのケースも含まれます。
そこにおける課題は、これらのデータがサイロ化し、時には異なる場所にあり、あるいはサードパーティが収集することもあり、データのソースが構造化されたものと半構造化されているものが混在している点にあります。
Snowflakeは、構造化されたデータソース(ERP、PLM)と、製品ライフサイクルのすべての段階から得られるIoTデータを組み合わせ、単一ソースとして機能します。
Snowflake Cloud Data Platformは、データレイクの機能とデータウェアハウスの機能を単一のデータプラットフォームに統合されているため、構造化と半構造化されたIoTデータの双方を大規模に読み込み、処理することが可能です。


Snowflakeについて:
Snowflake delivers the Data Cloud - a global network where thousands of organizations mobilize data with near-unlimited scale, concurrency, and performance.
Inside the Data Cloud, organizations unite their siloed data, easily discover and securely share governed data, and execute diverse analytic workloads.
Wherever data or users live, Snowflake delivers a single and seamless experience across multiple public clouds.
Snowflake’s platform is the engine that powers and provides access to the Data Cloud, creating a solution for data warehousing, data lakes, data engineering, data science, data application development, and data sharing.(英語原文)

Corporate Headquarters:
450 Concar Drive, San Mateo, CA 94402, USA
1-844-SNOWFLK (1-844-766-9355)
https://www.snowflake.com/

JIG-SAW USについて:
JIG-SAW USは、産業、商業、物流・輸送、スマートシティなどですぐに展開できるIoTプラットフォーム、スマートエッジゲートウェイ、センサーノードや無線モジュールなど、B2BのIoTエンジン・ソリューションを提供する企業です。
この大規模にスケール可能なIoTテクノロジーは、SAPなどのトップクラス企業との協力のもと、スピーディーかつセキュアに顧客のカスタムソリューションの構築及び展開を可能にします。

JIG-SAW US, INC.
https://neqto.jig-saw.com/
156 2nd Street, San Francisco, CA 94105
Contact:inquiry@us.jig-saw.com

JIG-SAW株式会社
https://www.jig-saw.com/
東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号
東京 | 札幌 | サンフランシスコ | トロント
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

JIG-SAW株式会社
商号
JIG-SAW株式会社(ジグソーカブシキガイシャ)
代表者
山川 真考(ヤマカワ マスナル)
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ 18F
TEL
03-6262-5160
業種
通信・インターネット
上場先
マザーズ
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.jig-saw.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.