プレスリリースの究め

プレスリリースマガジン
ダメなプレスリリースの雛形を元に書き方を解説[社名変更編]
このエントリーをはてなブックマークに追加

【解説シリーズ!】では、各プレスリリースの内容に合わせて、ダメなサンプルリリースをもとに注意すべきポイントを解説しています。

過去に紹介したダメなプレスリリースの雛形を元に解説している記事はこちら

今回で11回目となる【解説シリーズ!】のテーマは「社名変更」です。
プレスリリースの題材となる趣旨は以下の通りです。

オンラインショップを手軽に作ることができるサービス「○○○○」を運営している株式会社●●●●は、20XX年X月1日(月)に社名を株式会社○○○○へ変更する。

タイトル

まずはタイトルです。

適切ではないタイトルの例

1社名変更のお知らせ

旧社名と新社名の両方を入れたタイトルにしよう

社名変更のプレスリリースを出すときに、意外と多いのがこういった“具体性のないタイトル”なんです。

このようなケースでは、おそらく自社サイトの「お知らせ」や「プレスリリース」のコンテンツに掲載する時のタイトルを、そのままメディア向けのプレスリリースに転用していることが考えられます。
当然ですが、サイト訪問者は、あらかじめどこの企業の話なのかがわかっているので、1のようなシンプルなタイトルでもまったく問題ありません。

しかし、プレスリリースをメディアに配信する場合はどうでしょうか。
このタイトルでは、どこの会社がなんという社名に変わったのかが、まったくわかりませんね。

社名変更のプレスリリースの場合は、3のようにタイトルには旧社名と新社名の両方を入れましょう。なぜなら、プレスリリース配信日における新社名の認知度はゼロに近く、これまで同様に旧社名でネット検索する人が多いことが容易に想像できるからです。
さらに、2のように社名の前に業種などを説明する修飾語をつけると、読み手にも理解しやすく印象にも残りやすいですね。

適切なタイトルの例

2オンラインショップ作成サービス運営3株式会社●●●●、X月1日に「株式会社○○○○」に社名変更。

本文

続いて本文です。

適切ではない本文の例

オンラインショップを手軽に作ることができるサービス「○○○○」(http://www.example.jp)を運営している株式会社●●●●(本社:東京都港区 代表取締役社長:▲▲▲▲)は、20××年×月1日(月)に社名を株式会社○○○○へ変更します。

【概要】
4■ 新社名:株式会社○○○○
■ 変更日:20××年×月1日(月)
※社名のみの変更となりますので、住所などの変更はありません。

(以下、【○○○○について】【会社概要】【報道関係者向けお問い合わせ先】の記載へ続く)

社名変更の「理由・背景」をきちんと記載しよう

本来、「社名変更」はプレスリリースの対象となりうるテーマではありますが、その中身の情報が4のように新社名だけポツンと書かれているものとなると、これはプレスリリースではなく一方的な「お知らせ」になってしまいます。

ここで重要なことは、「なぜ今、社名変更をすることになったのか」という理由や背景であり、これこそがこのプレスリリースのニュースバリュー(情報価値)です。適切な本文の例5のような丁寧な説明を心がけましょう。

新社名としてスタートする決意や抱負をアピールしよう

新社名としてスタートするにあたり6のようにあらためての決意や抱負などを語ることは、企業認知の向上やメディアへのアピールにもつながります。ただしこの場合、「今後もスタッフ一同頑張ります」といった抽象的な挨拶文のみはやめましょう。

適切な本文の例

オンラインショップを手軽に作ることができるサービス「○○○○」(http://www.example.jp)を運営している株式会社●●●●(本社:東京都港区 代表取締役社長:▲▲▲▲)は、20××年×月1日(月)に社名を株式会社○○○○へ変更します。

【概要】
■新社名:株式会社○○○○
■変更日:20××年×月1日(月)

【社名変更の目的】
株式会社●●●●は20××年創業以来、ECサイトの制作、ECサイト運営のコンサルティングサービスを展開してきました。

5昨年、提供開始したオンラインショップを手軽に作ることができるサービス「○○○○」は、これまでに5,000以上のショップが開設されるなど、現在も非常に多くのユーザーに利用されています。今後は株式会社●●●●の主軸サービスとなっている「○○○○」を中心に事業を展開し、より一層ブランディングの強化を図っていくためにサービス名と社名を統一することにしました。

6今後もECサイト業界を中心に「誰でも気軽にお店を持ち交流が持てる社会を実現する」というビジョンを掲げ、さらなるサービスの拡充と顧客企業様の事業拡大を実現するべく取り組んでいく所存です。

(以下、【○○○○について】【会社概要】【報道関係者向けお問い合わせ先】の記載へ続く)


以上が「社名変更」に関するプレスリリースを作成する上でのポイントです。

社名変更のプレスリリースは、自社の認知度向上や競合他社との差別化を広くアピールできる絶好の機会です。その反面、一度発表されると社内外への影響力が大きい文書でもあります。発表するプレスリリース内容は事前によく経営陣と確認をするなど、万全の体制で挑みましょう。

その他のダメなプレスリリースの雛形を元に解説している記事はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

サービスに関して、ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※新型コロナウイルス感染対策のため、現在電話でのお問い合わせは受け付けておりません。メールもしくはWEBフォームよりお問い合わせください。

サービスお問い合わせ専用ダイヤル9:00~18:00(土日祝日を除く)

03-6459-2831

サイトからのお問い合わせ

新規企業会員登録 プレスリリースを配信するには企業会員登録が必要です。

  • ご利用案内ダウンロード

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.