株式会社野村総合研究所

会社概要

商号
株式会社野村総合研究所(カブシキガイシャノムラソウゴウケンキュウショ)
代表者
此本 臣吾(コノモト シンゴ)
所在地
〒100-0005
東京都千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
TEL
03-5877-7100
業種
システム開発
上場先
東証一部
従業員数
5000名以上
会社HP
https://www.nri.com/jp/

株式会社野村総合研究所が過去に配信したプレスリリース

野村総合研究所(NRI)は、日本最大級の購買ビッグデータ(ID-POSデータベース)を運用するカスタマー・コミュニケーションズ社と共同で、ID-POSとエリアタイプデータを組み合わせた、消費者の商品購買に関する新しい分析サービスを、5月1日から開始します。

野村総合研究所(NRI)は4月24日から、『InsightSignal-デジタルパネル』を開始します。本サービスは、NRIが2006年から提供している広告効果測定サービスにおいて、全国3万人の消費者パネルを利用し、パソコンやスマートフォン上に掲出されるデジタル広告のログ情報と、広告出稿の事前事後に行うアンケート調査結果を組み合わせ、より正確にデジタル広告施策の効果を把握するものです

野村総合研究所は、6月5日、主に医薬品・医療機器業界向けに提供しているSaaS型文書管理システムPerma Documentにおいて、外部システムとの連携を可能とするAPIの提供を開始します。 これにより、他社が提供するPDF変換システムを用いてeCTD向けのPDFを作成することが可能となります。

株式会社野村総合研究所は、「改めて問い直す、広告の意味とは。」をテーマに、「マーケティング分析コンテスト2017」を開催します。NRIが約150社の企業にサービスを提供している「Insight Signal」事業で収集している“実際の”シングルソースデータを、コンテスト参加者に提供します。その膨大な消費行動データと企業の広告出稿実績から、テーマに沿って、研究していただきます。

株式会社野村総合研究所はこのほど、マイナンバーカードに格納された電子証明書等を活用した署名検証(本人確認)サービス「e-NINSHO」(イー・ニンショウ)の提供を開始しました。本サービスは、Webサイト上で利用者の本人確認が必要なサービスを提供する事業者を対象として、その事業者が「公的個人認証サービス」に接続することを支援するプラットフォームサービスです。

株式会社野村総合研究所は、金融機関向けに提供しているポストトレード業務の効率化を支援するユーティリティ・サービス「プライム・セトルメント・サービス」において、PC上で人が行う各種操作*2の自動化に向けた取り組みである、「ロボティック・プロセス・オートメーション)を4月から導入します。本機能によって、「PSS」の一層の業務品質の向上を実現します。

野村総合研究所は、TORANOTEC(トラノテック)株式会社の100%子会社であるTORANOTEC投信投資顧問に、投信口座管理システムサービスである「BESTWAY/JJ」および、投信会社のバックオフィス業務をサポートする「T-STAR/TX」を提供します。FinTech企業への「BESTWAY/JJ」と「T-STAR/TX」の一括提供は、これが初めてです。

株式会社野村総合研究所は、従来、限定対象のみに提供していた投資信託のパフォーマンス評価レポートFundmark(ファンドマーク)」を、本日からNRIが運営する金融ITソリューションの情報発信Webサイト「NRI Finalcial Solutions」で公開します。

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、これからのビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が、2021年までにどのように進展し実用化されるかを予測した「ITロードマップ」をとりまとめました。

株式会社野村総合研究所(NRI)は、NRI が提供している金融情報データベース提供サービス「IDS (Integrated Data Services)以下「IDS」)」に、万が一の災害等に備えるためのDR(Disaster Recovery:災害復旧)機能を追加したDR オプションサービスを、本日から提供開始します。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.