2016年10月19日 12:00

株式会社ワンワールドが株式会社D-コインジャパンとの業務提携を発表! 暗号通貨「Dコイン」による支払方法を新たに導入

  • Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ワンワールド(本社:東京都港区、代表取締役:乾亜希彦)が運営する買い物アプリ 「タッチモール」内での決済手段のひとつとして、 株式会社D-コインジャパンが発行する暗号通貨「Dコイン」の採用を決定した。

株式会社ワンワールド(本社:東京都港区、代表取締役:乾亜希彦)が運営する買い物アプリ
「タッチモール」内での決済手段のひとつとして、 株式会社D-コインジャパンが発行する暗号通貨
Dコイン」の採用を決定いたしました。

サービス開始は、2017年2月上旬予定。

Dコイン」による支払方法を導入することで、ユーザー数の拡大を視野にいれております。

Dコイン」を利用して「タッチモール」内で購入をすると、タッチモールで利用できるポイントを付与するなど、
様々な得点をご用意しております。



近年、4人に1人が65歳以上という高齢化社会を迎えた日本。

身体的な衰えによる外出困難や年金額が少ないための貧困が深刻な問題になっている。

また、デフレ脱却政策による物価上昇、従来型の商店街や駅前スーパーの閉店も加わり、
食品・生活用品などの購入にすら困る、いわゆる「買い物弱者」がおよそ700万人。

こうした社会状況を踏まえ、

・買い物難民をなくす

・地方格差をなくす

・高齢弱者の手助けをする

という理念のもと同社は新しい流通を考えたサービスを提案している。



【会社概要】

IT技術を駆使して社会問題の解決に取り組み、世の中をより暮らしやすく、人々の幸せをサポートしていくことが、
株式会社ワンワールドのミッションです。
ITと既存事業を組み合わせて新たなサービス、新たな社会インフラシステムを構築し、
社会貢献を目的とした、真の豊かさを提案し続ける企業を目指します。


【タッチモール】の特徴

1.安さにこだわる「タッチモール」の「原価スーパー」
「原価スーパー」とは、食品や日用品が「原価(卸価格)」で買える売り場。

2.社会貢献プロジェクト「エコマ」
「エコマ」とは、まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」を特別価格で買える売り場。

3.「タッチモール」は、買い物弱者のための新しい買い物生活を提案することをコンセプトに2016年2月にサービスを開始。
IT(「デジタル」)を活用した流通事業に「アナログ」を組み合わせることで、
インターネットに詳しくない高齢者の方でも、
まるで近所のスーパーに出かけるように、気軽にしかも安価に食品や日用品などの買い物が可能。


【「タッチモール」URL】
http://touch-mall.com/



【株式会社ワンワールド】
本社:〒105-0014 東京都港区芝3-12-1 いちご芝公園ビル3階
代表者:代表取締役 乾亜希彦
設立:2015年
資本金:900万円(2016年3月31日現在)
URL:http://www.oneworld-japan.com/
事業内容:IT 総合サービス業・インターネット通販業
お問合せ窓口:03-5444-8444
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社ワンワールド(カブシキガイシャワンワールド)
代表者
乾亜希彦(イヌイ アキヒコ)
所在地
〒105-0014
東京都港区芝3-12-1 3F
TEL
03-5444-8444
業種
小売・流通
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.oneworld-japan.com/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2016 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.