2017年10月12日 12:30

【FRONTIER】6コア12スレッドの第8世代CPUインテル Core i7-8700K搭載パソコン 新発売 ~ハイエンドGBシリーズにラインナップ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:山本 慶次郎)(以下、当社)は、2017年10月13日(金)より、第8世代CPU「Core i7-8700K」を搭載したデスクトップパソコンの販売を開始します。


■製品の概要
このたび発表する新製品は、第8世代CPU「Core i7-8700K」を搭載したデスクトップパソコンです。「Core i7-8700K」は、第7世代から物理コアが2つ増え6コア12スレッドで動作するCPUです。NVIDIA GeForce GTX 1080Tiとの組み合わせで高負荷な3DCGや物理演算を高速に処理することができ、快適なゲームプレイを実現します。
パーツ構成は幅広くカスタマイズが可能で、最大64GBメモリや高速ストレージのNVMe SSD、最大4台搭載可能なハードディスクなど自由に組み合わせることが出来ます。


こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(http://www.frontier-direct.jp/)にて、2017年10月13日(金)より販売を開始します。

▼第8世代CPU搭載GBシリーズはこちら
 http://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=3TgXVMFw&ai=PR-1710120101
 ※10/13(金)10時より受注開始します



■製品の特長
<インテル Core i7-8700K搭載>
「Core i7-8700K」は14nm++プロセス技術により、前世代から物理コアが2つ増え6コア12スレッドで動作し、キャッシュは前世代の8MBから12MBに増加しており、高負荷のゲーム、4K動画編集やエンコード時間などの動作がより快適に体感できます。「Core i7-8700K」のターボ・ブースト時の最大周波数は4.7GHzに達します。

<高速ストレージNVMe SSD搭載>
NVMe SSDはインテルの「600p」シリーズを採用しました。インターフェースは帯域幅32GbpsのPCI-Express3.0(x4)で、フォームファクタは標準的なM.2 2280に対応しています。本製品に標準搭載されている512GBモデルは、シーケンシャル読込1,775MB/sec、書込560MB/secとSATA3 SSDとの比較では、シーケンシャルアクセスは約3倍と大幅に向上しています。これによりOSやアプリケーションの起動が速くなり、快適操作を実現しました。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。
また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。



  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
インバースネット株式会社(インバースネットカブシキガイシャ)
代表者
山本 慶次郎(ヤマモト ケイジロウ)
所在地
〒221-0031
神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8F
TEL
045-451-2411
業種
製造・メーカー(コンピュータ)
上場先
未上場
会社HP
http://www.inversenet.co.jp/index.html

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.