2018年04月16日 15:00

電子書店5社が発起人となり、「日本電子書店連合」を発足~読者への正規版購入と著者への収益還流を促進~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内最大級のコミック配信サービス『まんが王国』(https://comic.k-manga.jp/ )を中核に、コンテンツプラットフォーム事業を展開する株式会社ビ―グリー(本社:東京都港区、代表取締役:吉田仁平、証券コード:3981)は、本日他の電子書店4社と連携して発起人となり、「日本電子書店連合」を発足させました。

国内最大級のコミック配信サービス『まんが王国』(https://comic.k-manga.jp/ )を中核に、コンテンツプラットフォーム事業を展開する株式会社ビ―グリー(本社:東京都港区、代表取締役:吉田仁平、証券コード:3981)は、本日他の電子書店4社と連携して発起人となり、「日本電子書店連合」を発足させました。詳細は下記添付をご参照ください。

今後もビーグリーは、クリエイターとファンを繋ぐことで新たな市場、新たな顧客を開拓し漫画文化の発展に貢献してまいります。



<まんが王国>
「まんが王国」は、スマートフォンやタブレットで手軽に漫画を楽しむことができるコミック配信サービスです。2006年のサービス開始以来、ユーザーの皆さまに支えられ、コミック単行本換算で累計7億冊ダウンロードを超えるまでに拡大を続けています。
人気タイトルから往年の名作まで充実したラインナップで、ポイント増量、日替わり1巻無料などのキャンペーンも定期的に実施しております。また、約50ページ以上が無料で読める「じっくり試し読み」を常時2,500タイトル以上取り揃える等、最大限漫画を楽しめるサービスを提供しております。
◇コミック配信サービス『まんが王国』 https://comic.k-manga.jp/
◇『まんが王国』Facebook公式ページ https://www.facebook.com/manga.kingdom.official


<株式会社ビーグリー>
ビーグリーは、『固定観念にとらわれる事なく、新しい発見と進歩を求め続ける』という理念のもと、国内最大級のコミック配信サービス「まんが王国」を中核にコンテンツプラットフォーム事業を展開しております。
『インターネットによって隠れた才能を持つクリエイターとファンを繋ぐことで新たな市場、新たな顧客を開拓し、文化の発展に貢献する』というMissionを遂行すべく、創作活動によって生み出される”コンテンツ”が、インターネット上で“ユーザー”や“ファン”としっかり出逢えるように、様々な役割を担ってまいります。

社名   :株式会社ビーグリー
所在地  :東京都港区北青山二丁目13番5号青山サンクレストビル4階
創立   :2004年10月25日
資本金  :18 億5,232万円(2017年12月31日時点)
代表者  :代表取締役社長 吉田仁平
事業内容 :コンテンツプラットフォーム事業
URL   : https://www.beaglee.com/
証券コード:3981(東証第一部)

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社ビーグリー 広報担当宛
e-mail:pr@beaglee.com



<添付内容>
電子書籍事業を行う株式会社アムタス(東京都渋谷区 代表取締役社長 黒田淳)、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(東京都千代田区 代表取締役社長 小出斉)、エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社(大阪市中央区 代表取締役社長 苫名明)、株式会社パピレス(東京都千代田区 代表取締役社長 松井康子)、株式会社ビーグリー(東京都港区 代表取締役社長 吉田仁平)の5社は発起人となり、健全な市場の発展を目的とした「日本電子書店連合」を本日設立しました。今後、電子書店を展開する事業者様に広く参加を呼び掛け、連携して活動を進めてまいります。

インターネットやスマートフォンの進化にともなって電子書籍市場は毎年2ケタ成長を続け、2017年には2001億円に達しました(出版科学研究所調べ)。とりわけその8割を占める電子コミックが成長をけん引しており、昨年のコミックス(単行本)の売上は電子版が紙を上回りました。その一方で、海賊版サイトをはじめとしたさまざまな問題が起きていることも事実です。

これらの問題を解決するため、政府により著作権保護に関する法整備や海賊版サイトに対するブロッキングなどの対策が検討されています。一方で、読者に対する正規版購入への理解と啓蒙活動が不可欠であり、これはインターネットを通じて読者へコンテンツを届けている電子書店が率先して行うべき役割だと考えています。そこで関係各社が連携して対策を進めていくため、今回の団体設立に至りました。

これからも電子書籍を通じて読者の皆様に感動と充実感をお届けできるよう、業界関係者の皆様と連携して正規版購入を促す取り組みを進め、利益を適切に還元することで出版社や著者の方々が創作活動に力を注ぐことのできる環境整備に尽くしてまいります。

■団体名: 日本電子書店連合(Japan E-Bookstore Association)

■設立目的
電子書店として、業界関係者と連携し、健全な電子書籍市場の発展を目指す

■活動内容
1. 電子書籍読者への正規版購入の理解と啓蒙活動
2. 電子書籍市場関係者との連携を含む海賊版サイト対策
3. その他健全な市場発展を阻む事象への対応

■発起人(主なサービス):
株式会社アムタス(めちゃコミック)
株式会社イーブックイニシアティブジャパン(eBookJapan)
エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社 (コミックシーモア)
株式会社パピレス (Renta!)
株式会社ビーグリー (まんが王国)



<日本電子書店連合に関するお問い合わせ先>
インフォコム株式会社  広報・IR室内
東京都渋谷区神宮前2-34-17
※株式会社アムタスの親会社であるインフォコム広報・IR室を窓口としています。

Tel:03-6866-3160
E-mail:pr@infocom.co.jp
URL: http://www.infocom.co.jp/

  • エンターテイメント、文化、芸能

会社概要

株式会社ビーグリー
商号
株式会社ビーグリー(カブシキカイシャビーグリー)
代表者
吉田 仁平(ヨシダ ジンペイ)
所在地
〒107-0061
東京都港区北青山2-13-5 青山サンクレストビル4階
TEL
03-6706-4000
業種
コンテンツ
上場先
東証一部
従業員数
500名未満
会社HP
https://www.beaglee.com/
IR情報
https://www.beaglee.com/ir/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.