アライアンス情報

マイクロチップ テクノロジー、電力利用を効率化する デジタル インターリーブPFCリファレンスデザインを発表

マイクロ コントローラおよびアナログ半導体製品のトップ プロバイダであるマイクロチップ テクノロジー社(日本支社:神奈川県横浜市港北区新横浜、日本支社長:堀江康ニ、以下マイクロチップ社)は本日、デジタル インターリーブPFC(力率補正)リファレンスデザインを発表しました。このリファレンスデザインを使用すると、完全にデジタル化されたPFCのメリットを活用して省エネ製品を開発できます。また、電力効率を簡単に評価する手法とマイクロチップ社のスイッチモード電源(SMPSs)に向けたdsPIC33 GSシリーズデジタルシグナルコントローラ(DSCs)の機能をインターリーブPFCアプリケーションで使用できます。

会社概要

商号
マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社(マイクロチップテクノロジージャパンカブシキガイシャ)
代表者
吉田 洋介(ヨシダ ヨウスケ)
所在地
〒105-0013
港区浜松町 1-10-14住友東新橋ビル3号館4階
TEL
03-6880-3770
業種
その他IT関連
上場先
その他
従業員数
-

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.