プレスリリース一覧

最新の研究・開発・特許のプレスリリース

件数:401件

41ページ中 1ページ

東日本大震災及び原発事故から7年が経過する。原発事故被災動物と環境研究会は、大学の研究者と被災農家・地元獣医師が協力し、帰還困難区域において生きる牛たちの行動解析、被ばく線量測定、血液採取で得られる遺伝子の変化の解析など、牛たちが人間に与えてくれる貴重な科学的知見を震災後より継続して収集し続けている。 今回、福島第一原発被災地域における長期被ばくが牛の生体に及ぼす影響調査・研究経過を報告する。

ネットワークソリューションを開発・販売する株式会社Skeed(スキード)(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:明石 昌也、以下Skeed)は、本日、専用クライアントやJavaなどの実行環境が一切不要なWebサービス上で完結する新たな方式の高速ファイル転送技術の開発に成功したことを発表しました。

インキュベクスは「介護事業に携わる介護職の人事評価装置、人事評価方法、介護職に対する人事評価を伴う介護事業方法、人事評価装置に用いられるジョブカード及び人事評価装置に用いられるコンピュータ読み取り可能な介護ソフトウェア」の特許を11月24日に取得しました。今回の特許は、国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授が提唱する自立支援介護のスキルを持つ介護職を適切に評価し自立支援介護を推進するためのものです。

株式会社神戸デジタル・ラボと朝日大学と濃飛倉庫運輸株式会社は、11月11日、12日の2日間、スマートフォンの地図アプリなどのナビゲーションアプリのUXによる、観光の満足度への影響を調査する実証実験を実施しました。 実証実験では、従来の地図形式のナビゲーションよりもAR直感ナビアプリ「SeekAt」を利用するほうが、目的地までの散策が楽しかったと80%の参加者が回答しました。

琉球インタラクティブは、スマートセンサー「GAIA」の実用化と事業化を目指して、デジタルハリウッド大学大学院と医師主導臨床研究契約を締結。2017年12月より実証実験を実施します。

株式会社日本リーガルネットワークは、この度、残業の証拠を自動で残せる従業員向けスマホアプリ「残業証拠レコーダー」(以下、『残レコ』)で用いている証拠確保システムに関して特許を取得しました。 当該証拠確保システムより、「残レコ」のユーザーは、証拠価値の高い残業時間の証拠を簡単に残すことができるようになり、退職後等に容易に残業代を払ってもらうことできます。

岩手県くりこま高原 マーナーコスメチックス 『藤沢第2工場』完成 http://www.marna.co.jp 2017年11月22日(水)操業スタート ~需要の拡大&リスクヘッジにも~ 化粧品製造・輸出入・販売を行う、株式会社マーナーコスメ チックスは創業55周年となる本年、岩手県くりこま高原に 「藤沢第2工場」を建設。来たる11月22日(水)より、操業を開始します。

株式会社SyncThought(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:海野修自)は、2017年11月より自然言語処理とAIに特化した技術研究所「STAITI(スタイーティ) SyncThought AI Technology Institute」を開設し、研究開発業務を開始したことをお知らせします。

日本の技術革新に貢献するため、最先端技術を広く発信している未来技術推進協会が2017年11月15日(水)に主催した第3回講演会『量子コンピュータの第一人者 東工大 西森教授による講演会』の開催レポートを報告します。 将来ますます普及が見込まれる量子コンピュータに関する講演とあって、20代30代の技術者を中心とした約130名の参加者が量子コンピュータの今後について西森教授に熱心に質問していました。

小学生向けSTEM教育スクール「STEMOM」と中央大学(商学部斎藤正武ゼミ)が、初等教育におけるプログラミング教育が児童の論理的思考能力向上にどのような影響をもたらすか共同で研究いたします。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.