2016年11月10日 11:00

アイ・サイナップは、IoT専用ネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」に対応したデバイスに事業参入 し、2017年2月から企業向けシグフォックスデバイスの試験提供を開始します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイ・サイナップ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長 江藤潔)は、仏ベンチャーのシグフォックス社が日本で展開するIoT専用ネットワーク「SIGFOX(シグフォックス)」に対応した多種多様な即戦力になるデバイスをSIGFOXエコシステムパートナーして提供することを発表します。


シグフォックスは低価格でデータ量の少ない用途専用のIoTネットワークです。各種デバイスを簡単にインターネットに接続することができます。新規のデバイスはもちろん既存の構築済みの接続できるようにゲートウェイを提供します。サーバで収集したデータの可視化や解析もお手伝いします。詳細は順次リリースします。
リリース予定のSIGFOX対応デバイス
1. SIGFOX + GPS、衝撃センサ
10分~1,440分間隔で位置情報をお知らせします。
見守りサービスの徘徊発見やコンテナの物流のトレーサビリティ管理に
2. SIGFOX + 環境センサ
温度、湿度、光、接点信号、AD変換等
冷蔵庫の温度管理、ドアやケースの開閉管理、電池残量の管理に利用
3. SIGFOX + 非接触心拍呼吸センサ
ドライバーの居眠り警告、睡眠時の無呼吸や見守りの異常検知
4. SIGFOX + USB(ドングルタイプ)
Raspberry PiなどUSBを備えたマイクロマシンをIoT端末化
5. SIGFOX + EnOcean
小電力のEnOceanの情報を収集しSIGFOXで送信するゲートウェイ
既設のIoTデバイスを直接インターネットに接続する装置です。
その他にWiFiやBluetoothなどの近距離無線のゲートウェイも順次用意※アイ・サイナップから提供されるIoTデバイスにはトンボマークが付与されます。
SIGFOXの実証実験 
新宿、渋谷、五反田、神田エリアに配置した仮設基地局を使用し、山手線の各駅からの送信を行った結果、都心部の新宿から上野まで電波が届くことを確認しました。

 仮設基地局は青い三角の印、電波の届いた駅は橙色で囲った駅
■アイ・サイナップについて
アイ・サイナップ株式会社は、2001年に慶應義塾大学環境情報学部武藤佳恭研究室
のメンバーにより設立された産学ベンチャー企業で、発電床をはじめ省電力装置や鉄道向けのIoTを支える通信機能を搭載した装置を提供しています。アイ・サイナップのもつ通信ネットワーク技術を応用されたエコシステムデバイスの利用により、新しいサービスや価値を生み出すことができます。URL:http://www.ai-cynap.com/※ ホームページに情報を順次公開いたします。
※ 製品の仕様、提供開始日は予告なく変更させていただく場合があります。
※ 製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。
プレス内容の問い合わせ先
アイ・サイナップ株式会社
〒108-0073 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル2階
03-5476-0277(代)担当 近藤、菊池
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アイ・サイナップ株式会社(アイサイナップカブシキカイシャ)
代表者
江藤 潔(エトウ キヨシ)
所在地
〒108-0073
東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル2F
TEL
03-5476-0277
業種
製造・メーカー(電気・電子)
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://ai-cynap.com/
IR情報
http://ai-cynap.com/company/outline/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.