2017年08月29日 18:00

タモリさんを案内した地形歩きの達人の第2弾!『凹凸を楽しむ大阪「高低差」地形散歩 広域編』が9月5日(火)発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社 洋泉社(東京都千代田区/代表取締役社長:江澤隆志)は、『凹凸を楽しむ大阪「高低差」地形散歩 広域編』を9月5日(火)に発売します。

株式会社 洋泉社(東京都千代田区/代表取締役社長:江澤隆志)は、『凹凸を楽しむ大阪「高低差」地形散歩 広域編』を9月5日(火)に発売します。
【内容紹介】
タモリさんを案内した地形歩きの達人の第2弾!さらなる凹凸を求めて小探検へ!
高低差と歴史が交錯する豊中、枚方、富田林、岸和田などの14エリアを徹底案内!もちろん、ひと目で高低差がわかる地形図や現地の写真も豊富に収録!

【本書の目次】
I  大阪の広域地形の魅力~高低差概論~
 1 古代の古層を辿る
 2 中世から近代の高低差
 3 地形散歩という名の小探検
II  大阪の高低差を歩く 広域編
 1 丘陵地の縁を辿る [豊中]
 2 断層と地溝帯 [箕面]
 3 千里丘陵の凹凸を辿る [茨木・万博公園]
 4 星降る伝説が残る街 [交野]
 5 応神天皇陵古墳と断層 [古市]
 6 王家が眠る谷 [二上山]
 7 神崎川付け替えと太閤堤 [神崎川・守口]
 8 海岸線と砂州列を辿る [尼崎]
 9 段丘崖を辿る [枚方]
 10 高槻城と富田 [高槻・富田]
 11 天王山と男山 [大山崎]
 12 五月山と段丘崖 [池田]
 13 岸和田城と貝塚寺内町 [岸和田・貝塚]
 14 河岸段丘と寺内町 [富田林]


【著者紹介】
新之介(しんのすけ)
1965年大阪市淀川区生まれ。本業は広告会社のクリエイティブ部門に所属。2007年よりブログ「十三のいま昔を歩こう」を運営。十三にとどまらず、大阪全域の歴史や町歩きレポートを執筆。2013年、大阪高低差学会を設立。大阪の歴史と地形に着目したフィールドワークを続けている。著書に『凹凸を楽しむ大阪「高低差」地形散歩』(洋泉社、2016年)。

[商品概要]
洋泉社書籍『凹凸を楽しむ大阪「高低差」地形散歩 広域編』
定価:本体2200円+税
発売日:2017年9月5日
判型:A5判/192ページ
ISBN:978-4-8003-1289-1
発行所:株式会社洋泉社
予約受付URL(Amazon):http://amzn.asia/ieLdIS5


<報道関係の方からのお問合せ先>
洋泉社プレス窓口  E-mail yosensha.press@gmail.com  TEL 03-5259-0251
  • 趣味、旅行、レジャー、スポーツ

会社概要

商号
株式会社洋泉社(カブシキカイシヤヨウセンシヤ)
代表者
江澤隆志(エザワタカシ)
所在地
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル5F
TEL
03-5259-0251
業種
新聞・放送・出版・広告・印刷
上場先
未上場
従業員数
50名未満
会社HP
http://www.yosensha.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2017 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.