2007年11月12日 17:00

アレイコム、次世代PHS向けマルチアンテナ信号処理技術のソリューション開発を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能次世代PHS基地局の経済的実現に向けて

東京 – 2007年11月12日 – アレイコムはアレイコムのマルチアンテナ信号処理ソフトウェア(以下、A-MAS(TM))の次世代PHS基地局向けソリューションの開発を発表しました。現在のPHSで商用運用実績のあるA-MAS(TM)は、通信可能エリア、通信品質、そして運用効率の大幅な改善に貢献しており、次世代PHS向けA-MAS(TM)でも同様の効果が期待されます。

次世代PHSは、OFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)技術やMIMO、アダプティブ・アレイ・アンテナ技術を組み合わせることで、20Mbps以上の通信スピードを実現する次世代無線通信技術として注目されています。
 
アレイコムの14年間に渡るマルチアンテナ信号処理の商用ソフトウェア実装経験を基に開発・提供されるA-MAS(TM)は、基地局開発、製造過程における技術開発リスクを低減し、高性能かつ、経済的な次世代PHS基地局のよりタイムリーな実現に寄与します。

A-MAS(TM)を実装した基地局を導入することにより、通信事業者は基地局間における電波干渉を低減でき、より効率的な設備投資が可能となりビジネス基盤を強化することができます。

アレイコム アメリカ本社副社長、日本支社長の松本洋一は、次のように述べています。「アレイコムは、これまでに培ったMAS(マルチアンテナ信号処理)技術に関するソフトウエア・プラットフォーム資産、及びノウハウを活かし、また、ハードウエア・プラットフォーム提供企業と連携を進めることで、積極的に次世代PHSシステムの発展に寄与したいと考えています。」

アレイコムについて
アレイコムは、世界一の実用実績を誇るマルチアンテナ信号処理技術を核に、ワイヤレスブロードバンド通信の高度化に寄与しています。アレイコムのA-MAS TMソフトウェアは、各種無線通信方式の基地局、端末に実装することにより、通信可能エリアの拡大、周波数利用効率の向上、通信速度の向上を実現し、ネットワークの経済効果に寄与するとともに、エンドユーザの利用体験を向上させます。A-MAS TMは現在WiMAX, HSDPA W-CDMA, PHS, GSM, 及びHC-SDMAネットワークに対応しており、既に30万局を超える商用機器に実装されています。無線機器の開発者はアレイコムが提供するA-MAS TMソフトウェアにより、基地局あるいは端末の高性能化を実現すると同時に、開発リスク、開発費用、開発期間を低減することが出来ます。

お問い合わせ先:    
アレイコム   
高橋 偉一郎   Tel: 03-6404-8911   
Email: iichiro.takahashi@arraycomm.com

アレイコムとA-MASはアレイコムの商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれ各社の商標です。

© アレイコム 2007
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
ArrayComm International LLC(アレイコムインターナショナルエルエルシー)
代表者
松本 洋一(マツモト ヨウイチ)
所在地
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-23-5 ジニアスビル 6F
TEL
03-6404-8900
業種
通信・インターネット
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.arraycomm.com

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.