社団法人情報処理学会

会社概要

社団法人情報処理学会
商号
社団法人情報処理学会(シャダンホウジンジョウホウショリガッカイ)
代表者
木下 泰三(キノシタ タイゾウ)
所在地
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台1-5 化学会館4F
TEL
03-3518-8374
業種
団体・連合会・官公庁・自治体
上場先
未上場
従業員数
-
会社HP
http://www.ipsj.or.jp

社団法人情報処理学会が過去に配信したプレスリリース

一般社団法人情報処理学会(会長:西尾章治郎)とACM(Association for Computing Machinery, 会長:Vicki L. Hanson)は2018年度より、国際間の共同研究で成果をあげた若手研究者を表彰する制度を新設しました。

超スマート社会に向けた事例としては、フィールドロボットとその知能化技術、自動運転とモビリティサービスについて紹介していただく。また、要素技術として、情報セキュリティ対策(DP連動企画として)、高速通信の5Gとそのエッジ活用、AIやIoTを活用したシステムを支えるハードウエア技術とソフトウエアエンジニアリング技術について紹介いただく。

一般社団法人情報処理学会(会長:西尾章治郎)が運用している認定情報技術者(略称:CITP)制度は、2018年2月26日、国際的な高度IT人材資格制度の推進組織であるIFIP IP3より、プロフェッショナル資格制度の基準(IP3P)を満たしているとして認定を受けました。情報処理学会は、国際的に認められたCITP制度の普及を促進すると共に、CITPコミュニティの発展を支援していきます。

画像

IPSJ-ONE2018を開催

  • IT、通信、コンピュータ技術

一般社団法人 情報処理学会は、2018年3月13日(火)~15日(木)に早稲田大学で開催される「情報処理学会第80回全国大会」の最終日に、新進気鋭の研究者によるトークイベント「IPSJ-ONE」を開催します。IPSJ-ONEは、研究者が自身のイチオシの研究成果を5分間で発表するイベントです。IPSJ-ONEは、高い注目度と知名度を誇る最高に熱いイベントです。

一般社団法人情報処理学会は、我が国のコンピュータ技術発達史上の貴重な研究開発成果や社会などに顕著な影響を与えたコンピュータ技術や製品などの保存と活用を図るために、情報処理技術遺産および分散コンピュータ博物館認定制度を設けています。第10回目となる本年度は、4件の情報処理技術遺産と1件の分散コンピュータ博物館を認定し、3月13日に早稲田大学で認定式を行うことになりましたので、お知らせいたします。

第80回全国大会の聴講参加並びに講演論文集、DVD-ROMの事前予約申込受付を致します。 皆様、奮ってお申込み下さい。 聴講参加費は、当日参加よりも事前予約の方がお得になっております。講演論文集、DVD-ROMは、全国大会開催中にも会場販売を行いますが、残部のある限りということになりますので、確実に御入手頂くには期限内のお申込みをお勧め致します。

一般社団法人情報処理学会(会長:西尾章治郎) 情報規格調査会(委員長:伊藤智)は、2017年10月にISO/IEC JTC 1においてISO/IEC JTC 1/SC 42の設置が決議されたことを受け2018年4月1日に「SC 42専門委員会 人工知能」を新設します。これに伴い、本委員会に参加する検討メンバを1月15日より募集致します。

「ITが変える社会・生活・仕事」をメインテーマに、私達をとりまく環境としてITが当たり前に存在し、多くの場面でサポートする未来を見据え、ビッグデータ、IoT、AIがどのように変遷していくかを見ていきます。

当会では、今年度も第80回全国大会を2018年3月13日(火)~ 15(木)早稲田大学 西早稲田キャンパスで開催致します。一般セッション・学生セッションの講演申込登録を大会Webページにて受付中です。

ソフトウェアの品質向上のため、要件定義書や設計書などワークプロダクトのレビューは重要です。2017年2月にISO/IEC 20246:2017 (ワークプロダクトレビュー)がレビュー技術やプロセスを定義する国際標準として発行されました。本セミナーでは、このISO/IEC 20246:2017発行を機会に、レビュー技術や事例、また標準化最新動向を紹介・解説します。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.