米国研究製薬工業協会

会社概要

商号
米国研究製薬工業協会(ベイコクケンキュウセイヤクコウギョウキョウカイ)
代表者
エイミー・ジャクソン(エイミー・ジャクソン)
所在地
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-7-8 ランディック第2虎ノ門ビル 4階
TEL
03-5408-1061
業種
医療・福祉・健康関連
上場先
未上場
従業員数
10名未満
会社HP
http://www.phrma-jp.org/

米国研究製薬工業協会が過去に配信したプレスリリース

米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、2018年5月16日、患者さんを最優先に考えたビジョンレポートを発表しました。現在日本は、超高齢社会を迎え、様々な環境の変化の中、従来の医療制度変革が急務となっております。ビジョンレポートでは、変化する環境の中、今後も革新的な新薬を開発し、日本の患者さんへお届けし続けることを使命とする、研究開発型製薬産業が担うべき役割やなすべき貢献を明文化しています。

米国研究製薬工業協会(PhRMA:Pharmaceutical Research and Manufacturers of America)は、急速な高齢化とそれに伴う医療システムの変革が喫緊の課題である日本において、医療制度や医薬品供給に対する意識調査を、2017年10月に全国の18歳以上の男女3,050名を対象に実施しました。

アムジェン(Amgen)の会長兼CEOであるロバート・A・ブラッドウェイ(Robert A. Bradway)がPhRMA会長に選任したことを発表しました。

東京(日本)、2017年12月20日:米国研究製薬工業協会(PhRMA)と欧州製薬団体連合会(EFPIA)は以下の通り共同声明を発表します。

米国研究製薬工業協会(PhRMA)と欧州製薬団体連合会(EFPIA)は以下の通り共同声明を発表します。

米国研究製薬工業協会(PhRMA)と欧州製薬団体連合会(EFPIA)は、本日開催された、中央社会保険医療協議会(中医協) 薬価専門部会での日本政府の薬価制度改革案に関する製薬業界側の意見陳述内容について、以下の通り共同声明を発表します。

米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、 加盟企業の日本法人社長で構成される在日執行委員会(JBEC: Japan-Based Executive Committee)の委員長である、 日本イーライリリー株式会社代表取締役社長パトリック・ジョンソン(Patrik Jonsson)が 2018年もその職務を継続することを発表しました。

米国に拠点を置く革新的なバイオ医薬品企業のトップが、10月30日から11月1日にわたり日本の政府高官を含むステークホルダーと会合を持ち、イノベーションを促進する経済圏としての日本市場の重要性について改めて強調しました。

米国研究製薬工業協会(PhRMA)と国立がん研究センターは、来たる2017年11月26日(日)、国立がん研究センター 築地キャンパスにおいて、「第5回ヤング・サイエンティスト・シンポジウム」を開催します。

ワシントンD.C.、2017年7月18日:米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、アナリシス・グループ社(The Analysis Group, Inc)に委託した調査結果に基づいてまとめた報告書の中で、世界で臨床開発段階にある医薬品の74%が、これまでに存在しなかった新たなアプローチによって病気と闘う、ファースト・イン・クラス(画期的新薬)の医薬品となる可能性を秘めていると発表しました。

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.