2009年03月23日 09:00

学びing「第2回 クラウドコンピューティング意識調査」を発表。クラウドの不安な要素として「セキュリティ」と答えたユーザは70%以上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学びingがクラウドコンピューティングに関するアンケートを発表。

クラウドコンピューティングの情報サイト「クラウドニュース(http://cloud.manabing.jp/)」を運用する、学びing株式会社は(本社:さいたま市浦和区、代表取締役:斉藤常治)、2月4日に発表した「第一回 クラウドコンピューティング意識調査」に引き続き、クラウドコンピューティング関連のセミナーなどからクラウドコンピューティングに関心のあるユーザ62名の有効回答を得ました。これらの声をもとに、クラウドコンピューティング関連のサービス拡充を進めてまいります。


 この調査結果につきましてはhttp://cloud.manabing.jp/download2/090309ishikityousa.pdfからPDF版をダウンロードできます。

 《【主な調査結果】》
○クラウドコンピューティングに関心を持っているユーザの「会社での立場」は?
 導入の決定権を持つユーザが増加。

クラウドコンピューティングに関心を持っているユーザの会社での立場を聞いたところ「導入を決定するお立場」と回答したユーザの割合33.87%となっており、経営面でもクラウドについて関心を持つユーザが増えていることが覗える。


○御社が利用しているサーバーはどのような形態でしょうか?
3割以上のユーザが現在はレンタルサーバを使用。

クラウドに関心があるユーザに、現在のサーバ運用形態を聞いたところ「レンタルサーバ」が最も多く、次いで「自社内で設置」となっている。 ○クラウドコンピューティングのメリットは?  「導入&廃止等のスピード」と回答したユーザが増加  クラウドコンピューティングのメリットについて質問をしたところ、多くのユーザが「柔軟性」と回答し、次いでコストが選ばれた。また、「導入&廃止等のスピード」を選んだユーザも多く、サーバの追加・廃止をクラウドで解決しようとしているユーザが多くなっていることがわかる。


○「Amazon EC2/S3」の知名度は?  
クラウドに関心があるユーザでもAmazon EC2/S3を知ったのは最近  

Amazonがオライン書店やEC以外のサービス(Amazon EC2やS3など)を提供しているか聞いたところ。60%以上のユーザが「最近まで知らなかった」「全く識らなかった」と回答するなど「Amazon EC2」の知名度が急速に上がっていることがわかる。


○これから普及しそうなクラウドコンピューティングは?   
Amazonへの期待がさらに高まる  

これから日本で普及すると思われるクラウドコンピューティングを聞いたところ、Amazon EC2/S3が「54.84%」と一番人気になっており、日本のユーザが「Amazon EC2/S3」への期待が高まっていることが覗える。

○今後、クラウドコンピューティングやAmazon EC2で欲しいサービスや情報は?
全体的にセミナーに人気が集まるが、より具体的な利用も検討されている。

「クラウドやAmazon EC2で欲しいサービス」を聞いたところセミナーに人気が集まっているが「導入支援」や「サーバからクラウドへの移転支援」など具体的な利用を検討しているユーザが増えていることが覗える。

○クラウドコンピューティングをビジネスでどのように利用しようと思いますか?   
半分近くが「自社サービスのインフラ」として利用を想定。

5割近くのユーザが「自社サービスのインフラ」として回答しており、さらに27%のユーザが「開発案件のインフラとして」と解答しており、クラウドコンピューティングの利用により既存のインフラの代替になるという考えがかいま見える。また、開発・テストでの利用も16%と多くなっている。

○クラウドコンピューティングで不安な要素は何か?   
7割以上のユーザが「セキュリティ」と回答。

クラウドコンピューティングの不安な要素を聞いたところ「セキュリティ」と回答した人間が70.97%と群を抜いており「セキュリティ」に対する不安が根強いことが覗える。  

また「日本語でのサポート」「情報があまりない」「開発者の知識不足」などのユーザのトレーニングや教育関連の不安も多いことが覗える。

学びingでは、このようなクラウドコンピューティングに関する調査・情報提供を「クラウドニュース」(http://cloud.manabing.jp/)で提供しております。

また、クラウドコンピューティングやAmazon EC2に関するセミナー、コンサル、受託開発も行っております。

<本件に関するお問い合わせ先>
学びing 株式会社/広報担当:横田、五十嵐
TEL:048-813-8207 e-mail:manabi@manabing.jp

【学びing 株式会社について】
代表取締役社長:斉藤常治  
所在地:さいたま市浦和区元町2-9-16
設立:平成18年10月2日 
資本金:1億5,982万円(資本準備金含む)
TEL/FAX:048-813-8207 | 048-813-8113
URL:http://www.manabing.jp
・けんてーごっこ http://www.kentei.cc/
・クラウドニュース http://cloud.manabing.jp/
・さいたま市けんてー http://saitama-kentei.com/

事業内容:
・エデュテイメント・アド事業 (eラーニングテクノロジーを使ったネットプロモーション事業)
・クイズコンテンツ関連事業 (デジタルサイネージ、モバイル、書籍等へのコンテンツ提供)
・Amazon EC2/S3に関する導入支援、コンサルティング等
・ライトeラーニングのコンサルティング他

※リンク先のサービスや表現の適法性について、ドリームニュースでは関知しておらず確認しておりません。

  • IT、通信、コンピュータ技術

添付資料

会社概要

学びing株式会社
商号
学びing株式会社(マナビングカブシキガイシャ)
代表者
斉藤 常治(サイトウ ツネハル)
所在地
〒286-0015
千葉県成田市中台1-1-2-9-502 
TEL
080-6562-5311
業種
旅行業
上場先
未上場
会社HP
http://www.manabing.jp/
  • 公式twitter
  • 公式facebook

学びing株式会社の最新プレスリリース

2022年03月15日 17:30
『祝「こまち」開業25周年!秋田ainiホストフェス』講演記念、 3/15から5日間『資格がなくても「旅行業」や「観光業」ができる本』『オンライン体験の概要』無料キャンペーンをアマゾンキンドルで実施
2022年03月10日 13:30
『祝「こまち」開業25周年!秋田ainiホストフェス』一般予約受付中! ~双方向型の秋田オンライン体験を一挙公開!体験参加者10名に抽選でプレゼントも当たります~
2019年03月29日 09:00
「ガイドマッチングサービス」の研究とコンサルティングを行っている、学びing(株)は2019/3/29に日本の観光業に貢献することを目的とした「RailfanGuide」メンバーの募集を開始しました。
2019年03月15日 13:00
学びingは「ガイドマッチングサービス」の情報を集約した特集カテゴリ「ガイドマッチング研究」を新設。書籍要約データと出版後の業界動向を随時掲載予定。各社を比較するため8つのポイントを独自に考案。
2019年03月08日 10:00
2019年3月9日発売の『資格がなくてもインバウンドのツアーガイドになれる本』の出版を記念して、「ラグビーワールドカップ2019」試合会場周辺で体験ツアー作成セミナーを開催します。

この企業のプレスリリースをもっと見る

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2022 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.