2010年10月13日 15:00

ショッピングセンター上信越初!「万代シテイビルボードプレイス」がipoca(イポカ)「SCタッチャン」を導入!10月1日(金)「BPモバイルタッチ」登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社万代開発(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:大嶋德之、以下 ビルボードプレイス)と、株式会社ipoca(本社:東京都港区、代表取締役社長:一之瀬卓、以下ipoca)は、ipocaがリリースするショッピングセンター向け携帯販促プラン「SCタッチャン」を2010年10月1日(金)より、ビルボードプレイスへ導入しましたので、お知らせ致します。

株式会社万代開発(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:大嶋德之、以下 ビルボードプレイス)と、株式会社ipoca(本社:東京都港区、代表取締役社長:一之瀬卓、以下ipoca)は、ipocaがリリースするショッピングセンター向け携帯販促プラン「SCタッチャン」を2010年10月1日(金)より、ビルボードプレイスへ導入しましたので、お知らせ致します。上信越でのショッピングセンターへの「SCタッチャン」導入は、ビルボードプレイスが初めてとなります。

「SCタッチャン」 とは
「SCタッチャン」は、ipocaが3年以上の時間をかけ全国の商店街、商業施設、Jリーグ、自治体、チェーン店などで運用され成果を上げてきた通常の「タッチャン」を、SC向けに特別にパッケージにしたものです。
この度、ビルボードプレイスでは、「SCタッチャン」を導入。名称を『BPモバイルタッチ』として運用をスタートしました。

『BPモバイルタッチ』とは
『BPモバイルタッチ』は、共用部やシネコンT・ジョイなど館内7ヶ所に設置された「ウェルカムタッチ」と、サービスデスクに設置された「サンキュータッチ」から構成されています。(http://www.bandai-bp.com/pc/bp/event201009302

「ウェルカムタッチ」は、来館客が携帯電話でタッチをすると登録画面へと誘導され、登録後、スロットゲームが楽しめるようになっています。スロットゲームでは、毎日一人にビルボードプレイスお買い物券1,000円が当選します。また、ハズレの場合でも、毎回1タッチポイントが貯まり、100タッチポイントでお買い物券1,000円と交換できる仕組みです。
これにより、お客様は毎回来館の度に、タッチをして楽しむことができます。一方、ビルボードプレイスは、潜在顧客の掘り起こしをして、周辺から強力な集客を達成します。

「サンキュータッチ」は、館内での合計2,000円分(当日限り)のレシートをサービスデスクで提示すると、タッチができるようになっており、タッチをすると、お買い物券1万円やT・ジョイ映画鑑賞券などがハズレ無しで当るスロットが携帯電話の画面で回るようになっています。
しかも、タッチャンのタッチ連動メール機能により、「ウェルカムタッチ」にタッチした瞬間、自動的にその場でお客様の携帯電話へ「サンキュータッチ」を告知するメールが配信され、館内での購買へと誘導します。

つまり、ビルボードプレイスは、「ウェルカムタッチ」でお客様の入館のタイミングを捉え、メールと「サンキュータッチ」で購買を促すことができるようになります。
しかも、分析機能が充実しているのも特徴です。7台の「ウェルカムタッチ」のどこでタッチして、その後「サンキュータッチ」にタッチしたことがわかるため、誰が、どこから入館し、どのくらい滞在し、購買していったのか、を性別、住所、職業、BPポイントカード所有の有無などの属性とクロス分析して把握ができるため、今後のいろいろな施策にも役立てることができるようになります。

今後の展開
ビルボードプレイスでは、今後は店舗版「ショップタッチ(仮称)」をテナント80店舗へ導入をしていく予定です。
これにより「ウェルカムタッチ」で入館のタイミングを捉えたお客様を、タッチ連動メールとタッチラリー機能で「ショップタッチ」へと流し込み、「サンキュータッチ」で購買を促すことができるようになります。
つまり、来館を促す役割が「ウェルカムタッチ」であり、回遊性を高める役割が「ショップタッチ」であり、購買額を高める役割が「サンュータッチ」ということになります。
なお、これらを実現するための機能は「SCタッチャン」の標準的なサービスとして備わっており、例えば、「SCタッチャン」を導入している他のショッピングセンターでは、「SCタッチャン」のタッチラリー機能により、平均利用店舗数を、「2.2」から「2.8」に向上させるなど成功事例がたくさんあります。
ただし、ビルボードプレイスの取り組みは、これら「SCタッチャン」の各種機能を非常に有効的に組み合わせたものに仕上がっており、「集客」→「回遊」→「購買額向上」→「分析」という仕掛けは、ショッピングセンターの新しい携帯販促の形として、各方面から注目を集めるものと考えられます。

■サービス名称:「BPモバイルタッチ」(びーぴーもばいるたっち)
■サービス開始:2010年10月1日(金)~ @「万代シテイビルボードプレイス」(新潟県新潟市)
■運営体制:株式会社 万代開発/株式会社 ipoca
■加盟店:ビルボードプレイス (2010年10月1日現在)



※携帯販促システム『タッチャン』
株式会社ipocaの展開する携帯電話のFelicaを活用した携帯販促システム「タッチャン」は 商店街や中小個店を訪れた来店客が、携帯電話を店舗の専用リーダーへタッチするだけで、会員登録が完了し、店舗からメール配信などができる販売促進ツール。

「タッチャン」を入れたらどうなる? ⇒ 「4つの効果」が抜群に得られます。
(1) 「リピート率の向上」効果 ⇒ メール送信すると約20%が再来館(実績を参照)
(2) 「回遊性の向上」効果 ⇒ タッチラリー機能により、1人当りレジ通過数が平均0.6向上(実績を参照)
(3) 「新規来店の増加」効果 ⇒ 新型QR活用、友達紹介機能活用で効率的に新規獲得
(4) 「圧倒的なコストパフォーマンス」効果 ⇒ 1店舗月額7,000円~で抜群の効果を発揮

なぜ、そんなに効果がすごい? ⇒ キーワードは『頻度』。それが他との大きな違いです。
(1)来店客が思わず参加する 「動機付けの仕組み」が違う
ポイントカードのような無駄な割引をすることなく、毎回タッチをさせることが可能なのがタッチャン。圧倒的に高い登録
率。同時に「頻度」を取得。
(2)来店客への 「アプローチの仕組み」が違う
「頻度」を活用した効果的な「不平等メール」で集客。また、来館したとたんタッチラリーのお知らせメールを発信して、
その場で回遊性向上。
(3) 店舗、グループ全体で 「効果測定の仕組み」が違う
「頻度」でRF分析、属性でクロス分析が可能。『不特定多数」だった来店客を『特定多数』にして、アプローチすべき
来店客をどんどん分析→集客する。

お客様がご来店(ご利用)時に専用端末へ携帯電話をタッチすると、その場で簡単に携帯メール会員に登録できる上、タッチした店のクーポンメールやスタンプポイントプログラム等の特典を、携帯電話上で受けられるようになる。加盟店様は、自店の全会員への一斉メール送信はもちろん、「ここ1ヶ月ご来店の無い20代男性へ、今週使える1,000円クーポン券進呈」など、お客様の来店履歴や属性を絞った形で、お客様ごとに最適なメールを自動的に送信することが可能となる。「来店頻度に応じて自動配信できる仕組み」や、「その結果何人のお客様が再来店したのかをグラフィカルに高度分析できる機能」、「独自の階層構造による管理機能」などを搭載しているサービスは他に類を見ない。
「安く」「簡単」「効果的」に店舗への『再来店』を実現するとともに、地域全体で取り組むことで、商店街・地域の『回遊性向上」も達成できるため、現在、日本中のたくさんの商店街や自治体、観光施設などで活用されてきている。

【企業概要】
ipoca(イポカ)』(東京都港区南麻布1-21-8 2F、http://www.tachan.jp/
代表取締役社長の一之瀬は、会計事務所の所長を務める税理士である。数多くの中小企業や個人事業主の経営コンサルタントをしてきた経験を活かし、「エンドユーザーの再来店を、もっと手軽に、もっと安価に実現できないか?」と技術や市場の研究を重ねてきた。その成果として、中小の個店が大資本に負けない顧客サービスを提供するための新しいビジネスモデルを考案し、2007年8月ipocaを設立。東京都と国の助成対象事業となり、2008年2月から、東京都品川区など日本中の商店街や商業施設を中心に、携帯販促システム「 タッチャン(たっちゃん) 」を展開している。尚、この取り組みは、経済産業省後援「IT Japan Award 2008」(主催:日経BP社、審査委員長:安西祐一郎氏(慶應義塾長)で準グランプリ、「第4回商店街グランプリ」(主催:東京都産業労働局、東京都中小企業振興公社)で優秀賞、「第61回かわさき企業家オーディション」(主催:(財)川崎市産業振興財団)ではかわさき起業家大賞(市長賞)、第1回「大田区ビジネスコンテスト」で最優秀賞を受賞した。又、2008年10月からは、Jリーグクラブチーム柏レイソル(千葉県柏市・(株)日立柏レイソル)と提携し、柏市周辺の商店ともに「 柏レイソル タッチャン 」を展開、スポーツ施設を核として市民の回遊性を向上させ、地域活性化に寄与している。2009年には、宮崎県中心市街地商店街「DOまんなかモール」に県と市の予算により導入、地方の中心市街地活性化の切り札として大きく注目されてきている。

万代シテイビルボードプレイス』(新潟県新潟市、http://www.bandai-bp.com
新潟市は、新潟県北東部(下越地方)の都市で、同県の県庁所在地であり、本州日本海側唯一の政令指定都市。人口は約81万1千人、世帯数は約31万2千世帯。近年はサッカーJリーグに加盟する「アルビレックス新潟」のホームタウンとしても知られている。平成8年、新潟のファッション情報発信基地として新潟初出店のテナントを数多く誘致してオープン。以来若い女性を中心に若年層からニューファミリー層に支持されながら、ファッションに感度の高い客層が集まるオシャレな商空間としての地位を確立している。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
◆万代ビルボードプレイス 担当:木下   
Tel:025-240-4600 (月~日10:00-20:00)

◆株式会社ipoca (イポカ) 担当:細貝
Tel:03-5484-6720 (月~金9:00-18:00)  
E-mail:info@ipoca.jp
  • 政治、経済、マネー

会社概要

商号
株式会社ipoca(カブシキガイシャイポカ)
代表者
一之瀬 卓(イチノセ タク)
所在地
〒106-0047
東京都港区南麻布1-21-8 ESPOIR南麻布ビル1F
TEL
03-5484-6720
業種
その他IT関連
上場先
未上場
会社HP
http://www.ipoca.jp/
公式ブログ
http://www.tachan.jp/blog/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2019 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.