2010年12月08日 16:00

高品質なテストデータ生成ソリューション【DBエース データマスキングエディション】新バージョンリリースについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 佐藤勝康)は、システム開発時に使用するテストデータを高品質かつ簡単に作成ができる『DBエース データマスキングエディション』について、Oracle Database 11g Release 2およびMicrosoft SQL Server 2008へ対応した新バージョンを、2011年1月より提供開始いたします。

高品質なテストデータ生成ソリューション『DBエース データマスキングエディション』
Oracle Database 11g Release 2およびMicrosoft SQL Server 2008対応の新バージョンリリースについて


~テストデータ作成作業の、安全性・運用性・コストの課題を同時に解決~


株式会社システムエグゼ(本社:東京都中央区、代表取締役社長 佐藤勝康)は、システム開発時に使用するテストデータを高品質かつ簡単に作成ができる『DBエース データマスキングエディション』について、Oracle Database 11g Release 2およびMicrosoft SQL Server 2008へ対応した新バージョンを、2011年1月より提供開始いたします。
今回販売を開始する『DBエース データマスキングエディション Ver.1.4』では、対応データベースの拡張に加えて、テストデータを検証環境データベースにロードする際の処理時間の改善、インタフェースの改良によるユーザビリティ向上、CUI機能の強化により、大幅な運用性の向上を実現しています。
これにより、システム開発コストの削減、高品質なシステム開発を検討されているお客様において、システム動作検証を強力にサポートする高品質なテストデータ生成を支援します。

また、データベースの構成情報を解析し、テストデータを自動生成する『DBエース データ生成エディション』の新バージョンも同日より提供開始いたします。


システム開発及びシステム検証工程において高い品質を確保するためには、本番環境において使用されるデータと同等の品質を持つテストデータが不可欠です。一方、本番データを検証に利用することは、セキュリティ及びコンプライアンスの観点の問題から、別途テストデータを作成し利用することが一般的となっております。しかしながらテストデータの作成には多くの工数を必要とし、また本番データとの品質の相違により、検証精度面でのシステム品質への影響が課題となっています。
『DBエース データマスキングエディション』は、本番環境のデータベースから抽出した実データを基に、マスキングや擬似データへの変換により、機密情報の秘匿化を行いながら高精度のテストデータ生成を実現します。

■DBエース データマスキングエディションVer.1.4の主な新機能
【サポート対象データベースの拡張】
サポート対象データベースにOracle Database 11g Release 2、Microsoft SQL Server 2008を追加

【 データロードパフォーマンス改善 】
データロード処理の改善により、前バージョンと比較して約50%のパフォーマンス改善を実現

【 ユーザインタフェース改良】
GUI画面表示機能の見直しによりユーザビリティを向上

【 CUI機能の強化 】
CUI実行機能に、複数テーブルの同時処理機能、実行キャンセル機能の追加により、スケジュール
実行等バッチ処理での対応領域を拡大

■導入メリット
【 情報漏洩リスク低減 】
氏名、住所、電話番号などの個人情報に、当製品にあらかじめ登録済の擬似データを利用することで、個人情報漏洩対策として効果を発揮します。また、指定のルールに基づいたデータ変換により、データの制約・整合性を維持したまま実データを問題の無いデータに変換することで、財務情報等の機密データの漏洩リスクも低減します。

【 生産性の向上 】
GUIによる操作で、変換対象カラムの指定、変換方式の指定などの設定と実行が可能であり、テストデータの作成に多くの費用と工数を費やす必要はありません。
本番データベースからのデータアンロード、検証環境データベースへのデータロード機能を搭載し、一連の作業をワンストップで実現できます。

【 システム品質の向上 】
本番データと同等のテストデータを生成・利用することによりデータ制約・項目間の連携が保たれ、システム品質向上を図る事が可能です。

■システム構成・利用イメージ

■機能概要・価格
【 DBエース データマスキングエディション 】
本番環境のデータベースから抽出した実データを基に、マスキングや擬似データへの変換により、機密情報の秘匿化を行いながら高精度のテストデータ生成を実現します。
(提供価格 300,000円~)

【 DBエース データ生成エディション 】
対象データベースの構成情報を解析し、製品に登録済の擬似データやルールに基づいたデータ生成機能を利用しテストデータを自動生成します。
(提供価格 100,000円~)

■出荷開始時期
2011年1月



■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社システムエグゼ
営業本部 営業推進グループ
〒104-0033
東京都中央区新川2-1-5 THE WALL6F
TEL:03-5542-5591 FAX:03-5542-5594
E-mail:mktg@system-exe.co.jp
URL : http://www.system-exe.co.jp


■株式会社システムエグゼについて
http://www.system-exe.co.jp/
システムエグゼは1998年に設立し、情報システムのコンサルティング、設計、開発、保守を行うシステムインテグレータで、特に、損保・生保、生産管理、医療などの分野で実績があります。データベース関連に重点を置いて事業を展開する中、ITガバナンス、コンプライアンスなどの市場ニーズを受けて、2004年に「データベースセキュリティ部門」を新設し、自社開発製品、および関連ソリューションを提供しています。

[製品に関するお問い合わせ先]
株式会社 システムエグゼ 営業本部
TEL:03-5542-5592
FAX:03-5542-5594
Email :p-sales@system-exe.co.jp
[製品紹介サイト]
DBエース データマスキングエディション
http://www.system-exe.co.jp/product/db/dbace2.html
DBエース データ生成エディションhttp://www.system-exe.co.jp/product/db/dbace3.html
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
株式会社システムエグゼ(カブシキガイシャシステムエグゼ)
代表者
佐藤 勝康(サトウ カツヤス)
所在地
〒104-0033
東京都中央区新川2-1-5 THE WALL 6階 
TEL
03-5542-5591
業種
システム開発
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://www.system-exe.co.jp/

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.