2012年04月18日 16:00

バスケットボールコートライン改線の工事専門「COURT LINE PRO《コートラインプロ》」~より見やすく、より安全に~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国際バスケットボール連盟(FIVA)の通達による2010年度の競技ルール改正に伴い、競技ルールだけではなく、現行のコートラインへの改修が必要となりました。(財)日本バスケットボール協会では、体育館の新築・改築・補修等の猶予期間を2013年3月31日までと定めており、コートの管理者は早急な対応が急がれています。

■体育館ライン工事(木床研磨塗装)で40年以上の実績を誇る株式会社霜鳥(所在地:長野県長野市 代表:霜鳥 恵司)の《コートラインプロ》では、長年の経験や実績を活かし、高品質・低価格でお客様のご要望に合わせたライン工事ご提供してます。
バスケットボールに携わる方に、より安全に、より快適に競技をしていただくため、バスケットボール改線工事にレジペント着色工法を提供しています。


■《コートラインプロ》とは?http://www.ko-toline.com/
コートラインプロは、全国で体育施設・体育館・メンテナンス、フローリングサンディング(木床削り)、フローリング研磨塗装(木床研磨塗装)・コートライン工事(スポーツコート引き直し)を専門に手掛ける床業者・塗装施工業者による企業体です。(東京店・神奈川店・千葉店・茨城店・新潟店・長野店・山梨店)
コートラインプロでは、バスケットボールに携わる方に、より安全に、より快適に競技をしていただくため、バスケットボール改線工事にレジペント着色工法を提供しています。

■《コートラインプロ》レジペント着色工法について
不要な既存ラインを特殊な研磨工法で除去し着色をいくつかの種類から選定します。特殊な研磨工法で除去することにより、仕上がり塗装面と既存塗装面とのグリップの差を大幅に軽減し、より安全になります。
また削り部分へ着色、色合わせをいくつかの中から選定することで、より見やすいといった環境を作り出します。
バスケットボール競技に携わる選手、審判、観客への視認性の確保や安全性の確保に貢献することができます。

従来のライン工事の方法では、削り跡部分だけの白木のような状態になってしまい、ライン視認性の複雑化を招いてきました。
また、ペンキによる不要ライン塗リつぶしなどの工法では、木目が消えてしまう事や、いずれ経年劣化による塗膜の摩耗でラインがでてきてしまうなどの問題がありました。

《コートラインプロ》レジペント着色工法は研磨除去部分への着色、色合わせまで行うことや不要ライン除去に特殊研磨工法を用いることで選手、審判、観客の視認性の確保、安全性の向上に貢献できるバスケットボールコートライン工事を提案しています。

■不要な既存ライン研磨除去後の色合わせの重要性について
色合わせを行わないままだと新しいライン、古いラインの2本のラインがあるかのように見えてしまい練習や試合において選手や審判の視認性に大きな影響を与えかねません。
ペンキによる不要ライン塗りつぶしの場合も多少の違和感はどうしても避けられません。
色合わせで床の色に極力近づけることで気持ち良く練習、試合ができる環境が整います。

・体育館 バスケットボール コートライン 引きへの取り組み方:http://www.ko-toline.com/gaiyou6.html
■コートラインプロ概要
・施工価格 :http://www.ko-toline.com/saidnav6.html
・施工エリア:http://www.ko-toline.com/saidnav15.html
・施工実績 :http://www.ko-toline.com/saidnav10.html

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社霜鳥 担当:松岡/霜鳥
〒380-0928 長野県長野市若里1-27-2
TEL:026-227-7063
HP :http://www.ko-toline.com
  • 住宅、建築、不動産

会社概要

商号
株式会社霜鳥(カブシキカイシャシモトリ)
代表者
霜鳥 恵司(シモトリ ケイジ)
所在地
〒380-0928
長野県長野市若里1-27-2 
TEL
026-227-7063
業種
建設
上場先
その他
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2018 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.