2012年05月16日 12:00

アクロニス、「アライアンス、パートナーシップ」、「M&A、新規市場開拓」 担当エグゼクティブポストを新設し、新たに2名が就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

データ・クリエイション、及び仮想・クラウド分野でのビジネス展開をさらに加速

アクロニス社(本社:米国マサチューセッツ州/日本(アクロニス・ジャパン):東京都港区、代表取締役 村上 督、以下: アクロニス)は、エグゼクティブチーム内に、新たに「アライアンス、パートナーシップ」、「M&A、新規市場開拓」を専門に担当するポジションを設立しました。主にアライアンス、パートナーシップなどに従事する「グローバル・ビジネス・デベロップメント」のシニア・バイス・プレジデントには元米国ヒューレット・パッカード社のソフトウェアビジネスユニット、チャネル及びアライアンスのバイス・プレジデントやジェネラル・マネージャを歴任したスティーブ・エルドマン (Steve Erdman)が就任しました。また、主にM&A、新規市場開拓に注力する「コーポレート・デベロップメント」のシニア・バイス・プレジデントには、ハイテク企業のM&Aや法的サービスを提供するジェネラル・カウンセル・ソリューションズ社の創業者であるグレッグ・スカー(Gregg Schor)が就任しました。
アクロニスは、アライアンス、パートナーシップ、並びにM&A、新規市場開専門の担当エグゼクティブを経営チームに加えることにより、データ・クリエイション分野の促進、また仮想・クラウド分野でのビジネス拡大を目指します。

グローバル・ビジネス・デベロップメント担当シニア・バイス・プレジデント スティーブ・エルドマン (Steve Erdman)について:
エルドマンは、IT業界の営業、マーケティング、新規ビジネス開拓などの分野で25年以上の経験を有しています。氏は、在籍した複数のIT企業において、特にチャネル開拓、アライアンス、直販などの分野で活躍し、それらの企業の成長を牽引した実績を持ちます。エンドマンは、Acronis入社前、米国ヒューレット・パッカード社のソフトウェアビジネスユニットにて、チャネル及びアライアンスのバイス・プレジデント及びジェネラル・マネージャとして、アライアンスチャネル戦略の立案と推進を行ってきました。エンドマンは、今後、これまでの経験、知見を活かし、当社の新規ビジネス開拓、ビジネスパートナーやアライアンスの構築、またジョイントベンチャー提携などを通して、さらにアクロニスのビジネス拡大に寄与していきます。

コーポレート・デベロップメント担当シニア・バイス・プレジデント
グレッグ・スカー(Gregg Schor)について:
スカーは、非上場、上場IT企業におけるM&A、新規ビジネス開拓に関する20年以上の経験を有しています。現マイクロソフト、IBM、EMCの一部となっているIT企業にて、法務顧問、オペレーション責任者などを歴任しました。2003年には、M&Aや法的サービスを提供するジェネラル・カウンセル・ソリューションズ社を設立し、主に成長著しいハイテク企業向けに事業を展開してきました。スカーは、今後はこれまでの経験を活かし、M&Aや新規グローバルマーケット参入に向けての事業拡大計画などを担当します。

アクロニス社長兼CEOアレックス・ピンチェフ(Alex Pinchev)は次のように述べています:
「アライアンスやパートナーシップ、またM&Aや新規市場開拓を専門に担当する経験豊かなエグゼクティブ2名が経営チームに加わることにより、経営体制を強化することができました。今後当社は、この盤石な経営基盤を軸に、特定の分野に注力しながらビジネスの拡大を目指していきます。今回の経営体制の拡充は、我々のビジネスが新たなステージに入ったことを意味しています。今後は、特にデータ・クリエイションの促進、また仮想・クラウド分野での一層のビジネスの拡大を目指します。」

【報道関係者のお問い合わせ先】
アクロニス・ジャパン株式会社 マーケティング  担当 北尾、今村
TEL: 03-6430-1442 / Email: Media_jp@acronis.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

商号
アクロニス・ジャパン株式会社(アクロニス・ジャパンカブシキガイシャ)
業種
ソフトウエア
上場先
未上場
従業員数
50名未満

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2021 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.