2012年07月30日 14:00

WIPジャパン発:インドの消費者とソーシャルメディア―その1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

~日産が注目した“市場開拓ツール”~

グローバルビジネス支援サービスを提供するWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦ジェームズ、以下、WIPジャパン)では、世界89か国・411都市という日本最大級の自社ネットワークをフルに活用して、海外進出や海外向けEコマースに必須の多言語マーケティング・サービスを提供。多くのお客様の海外進出を支援しています。

 いまやインドでは、ソーシャルメディアは市場戦略とは切り離せない存在になっています。現在、インドのFacebookユーザーは5120万人余りとなり、ネット利用者の60%以上を占めています。世界ランキングでは、急成長のブラジル(5300万人)に次いで第3位です。ユーザーの年齢構成は若者層が中心で、18 ~24歳が48%を占めています。25~34歳が28%ですので、18~34歳のユーザーで8割近くを占めることになります。特徴的なのは、インドでは男性ユーザーが73%を占め、男女差が極端に偏っていることです。ブラジルでは男性ユーザーが46%ですので、まったく対照的です。

 Facebookがインドで急成長を遂げたのは2010年以降で、それ以前はGoogleのOrkutが独走していました。インドでOrkutが支配的だった理由は、Orkutが同国で最初に導入されたソーシャルメディアだったからと言われています。Orkutは現在では20%前後の利用率にとどまっています。

 後発のFacebookがインドの若者層の支持を獲得したわけですが、この背景にはスマートフォンの普及のほか、携帯電話にFacebookがコンパイルされていることが大きく影響しています。ちなみにインドの携帯電話加入者数は6億6000万人以上と見られていますが、農村部での携帯電話の普及が活発化するにつれ、Facebookの利用者もさらに拡大すると予想されます。

 Facebookをマーケティングツールとして活用する動きもインドでは盛んになっています。日産自動車(日産インド)は、インドで若者に人気の映画スター、ランビール・カプールを主役としたCMフィルムを制作し、コンパクトカー「マーチ(現地ではマイクラ)」の販売プロモーションに乗り出しましたが、“市場開拓ツール”としてFacebookの活用に目をつけたのです。このCM作品には、オーディションで選ばれた20人がダンサーや共演者として出演していますが、この出演者選びはFacebookでの公募という方法を採用したのです。

 出演希望者はFacebookに自己PR用の動画をアップし、ユーザーがそれを投票で決定するしくみです。人気スターと共演ができるとあって大きな話題を呼び、若者たちの間で日産のブランド力が大きくアップしました。インドでは、こうした企業によるソーシャルメディアの活用のほか、消費者側から企業に対する意見・主張を行うためのツールとしてソーシャルメディアが活用され始めています。次回は、インドのカスタマーサービスとソーシャルメディアの関係をレポートします。

 当社では、新興市場を対象にした調査はもちろん、海外進出に必要なマーケティングのサポートや、さまざまな情報をお客様に提供しています。

■WIPジャパン株式会社について:

2000年に設立されたWIPジャパン株式会社は、海外リサーチ・マーケティングコンサルティングや多言語翻訳などのグローバルビジネス支援(Global Business Support:GBS)サービスを提供しています。顧客には、多言語で様々な情報を発信・伝達・入手する必要のある約4千社以上の企業、政府組織、研究機関が含まれます。
http://japan.wipgroup.com
  • IT、通信、コンピュータ技術

会社概要

ワールドインテリジェンスパートナーズジャパン株式会社
商号
ワールドインテリジェンスパートナーズジャパン株式会社(ワールドインテリジェンスパートナーズジャパンカブシキカイシャ)
代表者
上田輝彦・福良雄(ウエダテルヒコ・フクヨシオ)
所在地
〒102-0093
東京都千代田区平河町1-6-8 平河町貝坂ビル2F
TEL
03-3230-8000
業種
その他
上場先
未上場
従業員数
500名未満
会社HP
http://japan.wipgroup.com/
  • 公式facebook

運営会社 プライバシーポリシー情報削除ガイドラインサイトのご利用についてサイトマップお問い合わせ

© 2007-2020 GlobalIndex Co.,Ltd. All Rights Reserved.